藤井寺市

  • 【小山産土神社】(こやまうぶすなじんじゃ)藤井寺市 【小山産土神社】(こやまうぶすなじんじゃ)藤井寺市

    【小山産土神社】(こやまうぶすなじんじゃ) 室町時代に神宮寺として再建され、祭神を牛頭天王としていましたが、現在は産土神社として素戔鳴命と櫛稲田姫を祀っています。 本殿は一間社流造で、主要部分は創建当時の状態をよく留めており、藤井寺市内で最古級の神社建築として貴重です。 産土とは産室のある場所の砂、土の事を意味した。産室は昔は離れた所に作られ、そこで出産をしたのである。いつの間にか、産土を誕生の土

  • 【道明寺】(どうみょうじ)大阪府藤井寺市 【道明寺】(どうみょうじ)大阪府藤井寺市

    【道明寺】(どうみょうじ)は、大阪府藤井寺市にある真言宗御室派の尼寺。 道明寺周辺は、菅原道真の祖先にあたる豪族、土師(はじ)氏の根拠地であった。道明寺は土師氏の氏寺土師寺として建立され、今の道明寺天満宮の前にあった。当時は七堂伽藍や五重塔のある大規模なものであった。 901年(延喜元年)、大宰府に左遷される道真がこの寺にいた叔母の覚寿尼を訪ね「鳴けばこそ別れも憂けれ鶏の音のなからん里の暁もかな」

  • 【道明寺天満宮】(どうみょうじてんまんぐう) 【道明寺天満宮】(どうみょうじてんまんぐう)

    【道明寺天満宮】(どうみょうじてんまんぐう)  祭神は菅原道真公、天穂日命と、菅原道真公のおばに当たる覚寿尼公である。 隣接して道明寺という真言宗の尼寺がある。 この地は、菅原氏・土師氏の祖先に当たる野見宿禰の所領地と伝え、野見宿禰の遠祖である天穂日命を祀る土師神社があった。 仏教伝来後、土師氏の氏寺である土師寺が建立された。伝承では聖徳太子の発願により土師八島がその邸を寄進して寺としたという。

  • 藤井寺市沢田に鎮座する【澤田八幡神社】(さわだはちまんじんじゃ) 藤井寺市沢田に鎮座する【澤田八幡神社】(さわだはちまんじんじゃ)

    藤井寺市沢田に鎮座する【澤田八幡神社】(さわだはちまんじんじゃ)です。参道の途中に踏切があり電車が横切ります。集落の中を通ることを避け、「史跡 仲津山(姫)陵」の堤に沿って走らせることにした為、陵の堤に続く斜面にあった沢田八幡神社を横切ることになったそうです。この神社は、背後の「史跡 仲津山(姫)陵」をお祭りしているようです。由緒書きはありませんが、國府八幡神社由緒に「藤井寺市内には、江戸時代初期

  • 悠亜だってしんどいんだ!!ww 悠亜だってしんどいんだ!!ww

    どうもこんばんは!!悠亜です!! この頃部活厳しいんですよネェ... 夏休みは一週間を除いて毎日あるし... 作文二つあるし(^言^) やってらんないです(^^)← 画像はマリーちゃんでーす!w