東大阪市

  • 帰省という名の一人旅【大阪】 帰省という名の一人旅【大阪】

    大阪が故郷。 東京に来て早や25年が過ぎた。 先週末、 関西テレビ絡みの集まりありきの 久しぶり有休取っての帰省。 帰るたびに表情を変える大阪。 実家は無いので ただの女一人旅ではあったが、 懐かしい場所へも行って来た🎵 母がいる東大阪。 昔はこんなんなかったな。。。 ラグビーの街になって頑張ってる! 大阪最後に住んだ土地は河内長野市。 その隣街の駅。 ここは本当に久しぶり。 そのまま今回の目的

  • 【西高井田如意輪観音石仏】(にしたかいだにょいりんかんのんせきぶつ) 【西高井田如意輪観音石仏】(にしたかいだにょいりんかんのんせきぶつ)

    東大阪市高井田本通にある【西高井田如意輪観音石仏】(にしたかいだにょいりんかんのんせきぶつ)です。地元の言伝えによると、この場所より少し西側で家の建築の際に見つかり、明和二年(1765)に南側を通る、暗越奈良街道の一里塚横に南向きにまつられていたそうです。その後、府道の新設により現在の場所に移されたそうですが、詳しくは市の設置した説明板がありますので、そちらを御覧頂きたいと思います。 地蔵堂前に建

  • 【大津神社】( おおつじんじゃ)東大阪市 【大津神社】( おおつじんじゃ)東大阪市

    【大津神社】( おおつじんじゃ)東大阪市 この神社は東大阪市水走2丁目に鎮座しています。水走は「みずはい」と読みます。 神社の境内には遊具あり公園と一体になっています。 由緒について、境内の案内石碑には次のように書かれています。 「御祭神は、大土神(土之御祖神)。当神社は延喜式神名帳にのせられている古社にして御祭神は大歳神の御子大土神、(土之御祖神)で字宮森に鎮座するとあります。創建の年月は詳らか

  • 【神劔神社】( みつるぎじんじゃ)東大阪市小若江 【神劔神社】( みつるぎじんじゃ)東大阪市小若江

    【神劔神社】( みつるぎじんじゃ)東大阪市小若江  この【神劔神社】( みつるぎじんじゃ)は近鉄長瀬駅から近い東側に鎮座しています。次の弥刀駅の東側にも呼び名が同じ「御釼神社」( みつるぎじんじゃ)があるので混同していまいます。もうとっくに東大阪市内の神社巡りは完了したと思っていましたが、今頃になって新しく見つけてしまいました。この神社は神社庁に記載されてないようです。由緒等は不明です。境内には、

  • 【竹永稲荷】(たけながいなり)東大阪市 【竹永稲荷】(たけながいなり)東大阪市

    【竹永稲荷】(たけながいなり)東大阪市 東 大阪 市 南 鴻池 町の「永稲荷公園」の一角に【竹永稲荷】(たけながいなり)が鎮座しています。境内に入ってすぐ右横には「竹永稲荷」の新しい標石があります。また、境内には、石碑、基壇、古墳のような石組みがあります。由緒書の板がないのでこの神社についての詳細等は不明です。   住所:大阪府東大阪市南鴻池町2 丁目 12 (撮影:2017/6/2) 【竹永稲荷

  • 【出世地蔵菩薩】【花坂不動明王】大阪市生野区 【出世地蔵菩薩】【花坂不動明王】大阪市生野区

    【出世地蔵菩薩】【花坂不動明王】大阪市生野区 少し大きめの地蔵堂かと思いましが、よく見ると中には不動明王も祀られています。また、横に小さな社があります。ここにはかわいい小さなお地蔵が祀られています。由緒などは不明です。 住所:大阪府大阪市生野区小路1丁目6 (撮影:2017/5/29)

  • 【常高大明神】(じょうこうだいみょうじん)東大阪市 【常高大明神】(じょうこうだいみょうじん)東大阪市

    【常高大明神】(じょうこうだいみょうじん)東大阪市 コンクリート壁に囲まれており見つけるのは困難です。赤い鳥居には「常高大明神」の板書がかかっていますが、(じょうこうだいみょうじん)と読むのが正しいのかわかりません。お稲荷さんが祀られています。由緒なども不明です。 場所:大阪府東大阪市足代北1丁目5 (撮影:2017/5/29)

  • 【稲田八幡神社】(いなだはちまんじんじゃ)東大阪市 【稲田八幡神社】(いなだはちまんじんじゃ)東大阪市

    【稲田八幡神社】(いなだはちまんじんじゃ)東大阪市 大阪府東大阪市稲田本町の住宅地に【稲田八幡神社】(いなだはちまんじんじゃ)は鎮座しています。境内の東大阪市の案内板によると、御祭神:「仲哀天皇」、「神宮皇后」、「応神天皇」。祭礼日:宵宮10月21日、本祭り22日。 由緒について;「稲田桃」で知られている稲田の地は、古くは新開池へ合流していた旧蔆江川の両岸に営まれた集落で、「稲田村由来記」によれば

  • 【住吉神社】(すみよしじんじゃ)舟玉社 /  東大阪市鴻池 【住吉神社】(すみよしじんじゃ)舟玉社 / 東大阪市鴻池

    【住吉神社】(すみよしじんじゃ)舟玉社 / 東大阪市鴻池 東大阪市内の神社巡りはすべて完了したと思っていましたが、今頃になってこのお堂のような建物が神社であることがわかりました。今までこの建物の前を何回も通ってましたが、ずっと地蔵堂だと思っていました。もしかすると他にも見落としている神社があるのでは。。。と不安になってきました。おそるべし東大阪市。この神社の案内板はなく由緒は不明です。 住所:大阪

  • 【徳庵神社】(とくあんじんじゃ) 東大阪市 【徳庵神社】(とくあんじんじゃ) 東大阪市

    【徳庵神社】(とくあんじんじゃ)東大阪市 JR徳庵駅で下車、徳庵商店街の北端辺りで東に入ったところに【徳庵神社】(とくあんじんじゃ)は鎮座しています。 由緒については、この神社の境内掲示によると、御祭神は、「天照皇大神」、「豊受姫大神」、「住吉大神」、「大国主大神」。往昔の沿革と創建については古文書はなく不詳なるも御社号を昔から神明社と申し上げて、天照皇大神・豊受姫大神を祀り、当地方開発の地主神と

  • 【天神社】(あまつかむやしろ)東大阪市 【天神社】(あまつかむやしろ)東大阪市

    【天神社】(あまつかむやしろ)東大阪市( 通称名;御厨(みくりや)神社) 由緒について; 御祭神;大名持命(大国主命の別名)、少名彦命  旧御厨村の中央に位置し、大名持命、少彦名命の二神をおまつりしています。創建年代は文献が無く解りませんが、延喜式神名帳にみえる意岐部神社がこの神社であるとも伝えられています。古くは御厨神社と呼ばれ、近世以後に現在の社名が使われるようになりました。また、大正4年には

  • 文明開化の町 【御厨会館】と【 御厨行者堂】東大阪市 文明開化の町 【御厨会館】と【 御厨行者堂】東大阪市

    文明開化の町 【御厨会館】と【 御厨行者堂】東大阪市 暗越奈良街道沿いに発展した御厨(みくりや)は、明治時代になると、この付近の中心的存在になります。 チョンマゲはザンギリ頭になり、和服から洋服になり、暦も月を中心とする太陰暦(旧暦)から太陽歴に変わりました。 また、街道沿いには、乗合自動車や人力車などが走るようになります。 明治7年2月には、この御厨村に屯所が置かれ、番人が配置されました。同10

  • 【朝日大神】(あさひみょうじん)東大阪市荒本 【朝日大神】(あさひみょうじん)東大阪市荒本

    【朝日大神】(あさひみょうじん)東大阪市荒本 この場所を見つけるのは苦労します。「春日若宮神社」から生駒方向へ向かって斜め東へ数分歩いたところですが、住宅地の奥に鎮座していますので近づいても見えにくいです。以前は鳥居もあったようですが今はないです。由緒等、詳しいことは一切不明です。 住所:大阪府東大阪市荒本2丁目12 (撮影:2017/5/15)

  • 【椿神社】(つばきじんじゃ)東大阪 【椿神社】(つばきじんじゃ)東大阪

    【椿神社】(つばきじんじゃ)東大阪 【椿神社】(つばきじんじゃ)は東大阪市三島に鎮座しています。赤い鳥居に狛犬の替わりに狛狐が置かれています。 境内には神社の名の由来と思われる椿の木がありますが、東大阪市の保存樹であるクスノキの大木もあります。 石造物は天保四年(1833)の燈籠と二基ある手水鉢の内、年号の確認出来なかった一基に「加島屋」の名が見られましたが、屋号かと思われます。この場所は「三島新

  • 【仲村神社】(なかむらじんじゃ) 東大阪市 【仲村神社】(なかむらじんじゃ) 東大阪市

    【仲村神社】(なかむらじんじゃ) 東大阪市 祭神について; 己己都牟須比命 、配祀 國常立尊、國狹槌尊、豐斟渟尊、泥土煮尊、沙土根尊、大戸之道尊、大苫邊尊、面足尊、惶根尊、伊弉諾尊、伊弉册尊、天照大神、忍穗耳尊、瓊瓊杵尊、彦火火出見尊、鵜鵜葺不合尊、琴平大神、宇賀御魂大神 由緒について; 河内国若江郡の式内社。 中臣連の遠祖、興臺産霊神(天児屋根命の父神)を祀る。仲村連の祖。  古来、疱瘡を病める

  • 【西堤神社】(にしつつみじんじゃ)東大阪市 【西堤神社】(にしつつみじんじゃ)東大阪市

    【西堤神社】(にしつつみじんじゃ)東大阪市 御祭神:天照皇大神、豊受大神。この神社は、元三十八社大明神と称し、当郷一円の郷社であった。現在は西堤の氏神、産土神、鎮守神として崇敬されています。「天照皇大神」は、明治4年伊勢神宮御分霊を祀る。三貴神の一社。国民の総氏神。「豊受大神(とようけのおおみかみ)」は、生産の神。衣食住の守護神です。また境内にある「水神社」は「鱗殿」とも呼ばれて、鳥居をくぐって直

  • 【上小阪八幡神社】(かみこさかはちまんじんじゃ)東大阪市 【上小阪八幡神社】(かみこさかはちまんじんじゃ)東大阪市

    【上小阪八幡神社】(かみこさかはちまんじんじゃ)東大阪市 この神社の創建及び由緒などは不明ですが、慶長年間(1596~1615)に創建されたものと思われます。 住所:大阪府東大阪市上小阪4-11-18 (撮影:2017/4/22) 【上小阪八幡神社】(かみこさかはちまんじんじゃ)東大阪市

  • 【榎木大明神】( えのきだいみょうじん)東大阪市 【榎木大明神】( えのきだいみょうじん)東大阪市

    【榎木大明神】( えのきだいみょうじん)東大阪市 東大阪市岸田堂に枯木になっていますが巨大なクスノキがあるところに【榎木大明神】( えのきだいみょうじん)があります。隣は「岸田堂自治会館老人いこいの家」です。 この神社の由緒等は不明です。この大明神の鳥居の横に「長楽寺跡」の解説板があり、次のように書かれています。 『推古天皇(593~628)の創建と伝えられ、江戸時代の長楽寺の敷地は、東西約60m

  • 枚岡神社 末社【天神地祇社】(てんしんちぎしゃ) 枚岡神社 末社【天神地祇社】(てんしんちぎしゃ)

    枚岡神社 末社【天神地祇社】(てんしんちぎしゃ) 天津神・国津神がお祀りされています。 この社には、もと境内にあった19末社の椿本社(猿田彦神)、青賢木社(天磐立神)、太力辛雄社(天手力雄命)、勝手社(受鬘神)、地主神(枚岡社地の地主神)、笠社(風神)、住吉社(住吉明神)、飛来天神社(天之御中主命)、岩本社(岩本明神)、佐気奈辺社、一言主社(一言主神)、坂本社(山王権現)、素盞鳴命社(素盞鳴命)、

  • 枚岡神社 摂社【若宮社】(わかみやしゃ) 枚岡神社 摂社【若宮社】(わかみやしゃ)

    枚岡神社 摂社【若宮社】(わかみやしゃ) 「天押雲根命」(あめのおしくもねのみこと)がお祀りされています。 天児屋根命と比売御神の間に生まれた御子神様です。この神様は、天児屋根命の命によって、天の二上に登り、皇御孫尊(すめみまのみこと)の御膳水(みけつみず)を取ってきたと伝えられております。社殿は、明治20年に改築され現在にいたっております。 水にかかわる神様であるためか、左奥に「出雲井」(いずも