奈良市

  • 【秋篠寺】(あきしのでら)奈良市 【秋篠寺】(あきしのでら)奈良市

    【秋篠寺】(あきしのでら)奈良市 奈良時代末期780年頃、光仁天皇の勅願によって建立され、開山は善珠僧正と伝えられています。平城京西北の外れ「秋篠」の地に建てられたためこう呼ばれています。平安時代末期に戦火のため伽藍の大部分を焼失し、鎌倉時代には今の本堂がもとの講堂の跡に再興されましたが、金堂や東西両塔の跡は雑木林になってしまっています。本堂に25体安置されている仏像の中でも特に著名なのが伎芸天(

  • 【西大寺】(さいだいじ)奈良市 ② 【西大寺】(さいだいじ)奈良市 ②

    【西大寺】(さいだいじ)奈良市 奈良市西大寺芝町にある真言律宗の本山。高野寺(たかのでら)ともいう。南都七大寺・十五大寺の一つ。本尊釈迦如来。平城宮の西方に位置し,東大寺に対して西大寺と称せられた。当寺の創建は764年(天平宝字8)9月に起こった恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱の鎮定を祈願して,孝謙上皇が銅造7尺の四天王像の造立を発願したのに始まり,765年(天平神護1)に四天王像は完成し,四王院(堂)

  • 【西大寺】(さいだいじ)奈良市 ① 【西大寺】(さいだいじ)奈良市 ①

    【西大寺】(さいだいじ)奈良市 奈良市西大寺芝町にある真言律宗の本山。高野寺(たかのでら)ともいう。南都七大寺・十五大寺の一つ。本尊釈迦如来。平城宮の西方に位置し,東大寺に対して西大寺と称せられた。当寺の創建は764年(天平宝字8)9月に起こった恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱の鎮定を祈願して,孝謙上皇が銅造7尺の四天王像の造立を発願したのに始まり,765年(天平神護1)に四天王像は完成し,四王院(堂)

  • お出かけ前に… お出かけ前に…

    今日も昼から出かける… 朝からお散歩へ( ̄∀ ̄) 横断歩道も渡ります(^。^) 出かける前には… ハイ🍪おやつです( ̄∀ ̄) お留守番よろしくね〜(*´ω`*) お出かけ… 先日 申請したこれ〜 10年間で何回 使うやろ( ̄∀ ̄) 出先で小腹 満たし( ̄∀ ̄) こんな物 買ってみたり… お出かけは楽しい╰(*´︶`*)╯♡ 今日のラストは花芽(((o(*゚▽゚*)o)))♡ 無事に咲いてくれます

  • 【延命地蔵尊】(えんめいじぞうそん) / 奈良県生駒郡三郷町 【延命地蔵尊】(えんめいじぞうそん) / 奈良県生駒郡三郷町

    【延命地蔵尊】(えんめいじぞうそん) 「信貴山観光ホテル」 (奈良県生駒郡三郷町信貴山西2−40)の入口前の道角に【延命地蔵尊】(えんめいじぞうそん)があります。また、「信貴山観光ホテル」の入口右横に【白菊稲荷神社】(しらぎくいなりじんじゃ)があります。 (撮影:2017/2/7)

  • 【南畑歌舞伎一座・日出座・鶴沢三枝碑と地蔵堂】奈良県生駒郡 【南畑歌舞伎一座・日出座・鶴沢三枝碑と地蔵堂】奈良県生駒郡

    【南畑歌舞伎一座・日出座・鶴沢三枝碑と地蔵堂】奈良県生駒郡 案内板には、『南畑歌舞伎一座明治二十二年(1889)頃、南畑に「日出座」という歌舞伎一座があった。地元の人たちから南畑歌舞伎と呼ばれ親しまれていた日出座・座長の鶴沢三枝の碑が、この裏手にある。三枝は地元の青年に歌舞伎を教え一座を結成し、南畑を中心に法隆寺や田原本、更に大阪でも講演したという。その頃の日本は、清国と交戦して勝利を得たものの不

  • 【素盞嗚神社】(すさのおじんじゃ)奈良県生駒郡 【素盞嗚神社】(すさのおじんじゃ)奈良県生駒郡

    【素盞嗚神社】(すさのおじんじゃ)奈良県生駒郡 奈良県生駒郡三郷町信貴南畑に鎮座する【素盞嗚神社】(すさのおじんじゃ)です。案内板がないので由緒等は不明です。境内は綺麗に掃除されていますので管理されているようです。 場所:「融通念仏宗禅入寺」(奈良県生駒郡三郷町信貴南畑1丁目4)の左横の細い道からこの神社の鳥居が見えています。    (撮影:2017/2/7)         【素盞嗚神社】(すさ

  • 【大山祇神社】(おおやまづみじんじゃ)奈良県生駒郡 【大山祇神社】(おおやまづみじんじゃ)奈良県生駒郡

    【大山祇神社】(おおやまづみじんじゃ)奈良県生駒郡 大阪と奈良の県境の生駒山と信貴山の稜線を走る信貴生駒スカイライン沿いに【大山祇神社】(おおやまづみじんじゃ)が鎮座します。「大山祇大明神」を祀ります。由緒等は不明です。祠の中には、「大山祇大明神」と刻まれた標石があります。 場所:奈良県生駒郡三郷町南畑 アクセス:朝護孫子寺がある三郷町側の信貴生駒スカイライン料金所から歩いて約5分です。スカイライ

  • 桃の節句🍑 桃の節句🍑

    と…言っても普段と変わらぬ我が家( ̄∀ ̄) 昼から奈良市へ パスポートの申請して来ました チョコはお留守 お留守( ̄∀ ̄) そして〜 待ち時間の間に 久々ポケモンGO 起動… ジムだっ‼️ 勝ってしまった( ̄∀ ̄) 帰りに前から探してた欲しい物 ミッケました(*´꒳`*) 今年の五月節句は楽しみです(*´-`) 今日のおまけは 食後のあかんやつです…( ̄∀ ̄) 🍑

  • 【五百立神社】(いほたてじんじゃ)奈良市 【五百立神社】(いほたてじんじゃ)奈良市

    【五百立神社】奈良市 東大寺南大門から大仏殿に向かって北へ130mほど進んで左手(西)の丘(五百立山)の麓に鎮座しています。朱の鳥居の奥に朱の垣に囲まれて小さな祠があります。当社の右手に参道が奥に延びておりその先には、「鉄道職員殉職者供養塔」の石造十三重塔が立っている。もとはその場所に鎮座していたが、昭和七年頃、この塔を建立するため遷座されたらしいです。創祀年代は不詳。式内社・五百立神社に比定され

  • 【子安神社】(こやすじんじゃ)奈良市 【子安神社】(こやすじんじゃ)奈良市

    【子安神社】(こやすじんじゃ)奈良市  大仏殿と指図堂の間に、白壁の土塀に囲まれた子安宮・子安明神と呼ばれる小社があります。東大寺の古図には、この子安宮の位置に神社が描かれていて「富貴社」と注記され、「フキのやしろ」と呼ばれていたとの琴です。平成元年に当社の解体修理が行われた際、社殿内より寛文11年(1671)9月24日と文久2年(1862)の日付の還宮の棟札2枚が発見された。そこから中門堂衆の文

  • 【正倉院】(しょうそういん)奈良市 【正倉院】(しょうそういん)奈良市

    【正倉院】(しょうそういん)は、奈良県奈良市の東大寺大仏殿の北北西に位置する、校倉造(あぜくらづくり)の大規模な高床式倉庫。聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵していた建物で、1997年(平成9年)に国宝に指定され、翌1998年(平成10年)に「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。正倉院の宝物には日本製品の

  • 【五劫院】(ごこういん)奈良市 【五劫院】(ごこういん)奈良市

    【五劫院】(ごこういん)は、奈良県奈良市北御門町にある華厳宗の寺院。東大寺末。山号は思惟山。 重源(ちょうげん)上人が宋から請来したと伝えられる五劫思惟阿弥陀仏坐像(重文)がご本尊です。「劫」とは時間を表す言葉で、大きな岩に、3年に一度天女が舞い降りて袖で岩を払い、その岩が磨り減るまでの時を指します。それが5回繰り返される五劫という、気の遠くなるような長い時間考え続けた姿は、現代風に形容するとアフ

  • 【葛上神社】( くずがみじんじゃ)奈良市中町 【葛上神社】( くずがみじんじゃ)奈良市中町

    【葛上神社】( くずがみじんじゃ)奈良市中町 由緒については、本殿に建速須佐命を主神として奉斎し、相殿に大山咋神、天照大神、三筒男命を祀っています。なお当社の伝記は、散逸し、あるいは火災に罹(かか)り知るよしもありませんが、鎮座以来多くの歳月を経て奈良朝の頃には既に存在していたもようで、大和添下郡鳥見谷一円を代々領有していましたが、小野国麿の時、794年(延暦13年)都が平安京へ移されて、それに伴

  • 【養天満神社 】(ようてんまんじんじゃ)奈良市西ノ京町 【養天満神社 】(ようてんまんじんじゃ)奈良市西ノ京町

    【養天満神社 】(ようてんまんじんじゃ)は、参道に近鉄橿原線が横断しています。尼ヶ辻駅の北約二百メートルの位置を東から西へ横断してすぐに境内となります。 かつては、薬師寺の寺内社でした。現在は、社寺地は線路で分断されています。創建は古く、祭られている神像(菅公)の状態などから、鎌倉時代以前にさかのぼると考えられるそうです。祭神は、菅原道真公。本殿は元禄15年(1702)の改築です。境内社は、熊野神

  • 【西波天神社】(にしはてんじんじゃ)奈良市六条 【西波天神社】(にしはてんじんじゃ)奈良市六条

    【西波天神社】(にしはてんじんじゃ)奈良市六条  この神社は奈良市六条に鎮座しています。遠くから鎮守の杜の大樹が望め、その大樹の下に一の鳥居が建立されています。参道途中には狛犬や二の鳥居が建立されています。御祭神は管原道真公と思われますが、勧請年月・縁起・沿革等については案内がなく不明です。この神社の左側には、小さな地蔵堂と観音堂がある高野山真言宗・東照山「観音寺」があり、十一面観世音菩薩立像が祀

  • 高野山真言宗  東照山【観音寺】奈良市六条 高野山真言宗 東照山【観音寺】奈良市六条

    奈良市六条に小さな地蔵堂と観音堂があります。高野山真言宗  東照山「観音寺」です。古くから柳観音と呼ばれています。本尊は、「十一面観世音菩薩立像(鎌倉時代末作)」。境内北側に西波天神社が鎮座します。 所在地:奈良県奈良市六条1-35-10    アクセス:近鉄橿原線「西ノ京」駅より 徒歩5分 境内北側に西波天神社が鎮座します。👇

  • 【孫太郎稲荷神社】(まごたろういなりじんじゃ) 奈良市西ノ京町 【孫太郎稲荷神社】(まごたろういなりじんじゃ) 奈良市西ノ京町

    【孫太郎稲荷神社】(まごたろういなりじんじゃ) 奈良市西ノ京町  御祭神は、宇迦之御魂神あ(うかのみたまのかみ)。薬師寺の鎮守社休ヶ岡八満宮に隣接する末社孫太郎稲荷神社は、田原藤太秀郷四代の孫藤原頼行が下野国唐沢山(栃木県佐野市)に祀った稲荷社にその濫觴を持つという。頼行後裔の足利孫太郎家綱、あるいは佐野孫太郎義綱が社を再興したことに因んで孫太郎稲荷と称した。 その孫太郎稲荷の分霊がのちに播磨国の

  • 【薬師寺 休ヶ岡八満宮】(やすみがおかはちまんぐう)奈良市西ノ京 【薬師寺 休ヶ岡八満宮】(やすみがおかはちまんぐう)奈良市西ノ京

     南大門を出た南に薬師寺を守護する休ケ岡八幡宮があります。寛平年間(889~898)に大分県宇佐から現在地に勧請[かんじょう]されました。現在の社殿は慶長8年(1603)の建物です。社殿は全体に西面し、本殿・脇殿とも小高い石積みの壇上に建っています。社殿の西、前庭の西側にある座小屋は修復が多いものの、社殿とほぼ同じ時期の建物で、中世に始まった宮座が受け継がれている貴重な歴史文化遺産とされています。

  • 【法輪寺】(ほうりんじ)奈良県生駒郡斑鳩町 【法輪寺】(ほうりんじ)奈良県生駒郡斑鳩町

    【法輪寺】(ほうりんじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある仏教の寺院。三井寺(みいでら)とも呼ばれ、「法林寺」「法琳寺」とも書く。宗派は聖徳宗、本尊は薬師如来坐像。 法隆寺東院の北方に位置する。現存する三重塔は1975年の再建であるため、世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」には含まれていない。法輪寺は寺史に関わる史料が乏しいため、創建事情の詳細は不明であるが、発掘調査の結果等から、7世紀中頃には存在してい