奈良市

  • 【五百立神社】(いほたてじんじゃ)奈良市 【五百立神社】(いほたてじんじゃ)奈良市

    【五百立神社】奈良市 東大寺南大門から大仏殿に向かって北へ130mほど進んで左手(西)の丘(五百立山)の麓に鎮座しています。朱の鳥居の奥に朱の垣に囲まれて小さな祠があります。当社の右手に参道が奥に延びておりその先には、「鉄道職員殉職者供養塔」の石造十三重塔が立っている。もとはその場所に鎮座していたが、昭和七年頃、この塔を建立するため遷座されたらしいです。創祀年代は不詳。式内社・五百立神社に比定され

  • 【子安神社】(こやすじんじゃ)奈良市 【子安神社】(こやすじんじゃ)奈良市

    【子安神社】(こやすじんじゃ)奈良市  大仏殿と指図堂の間に、白壁の土塀に囲まれた子安宮・子安明神と呼ばれる小社があります。東大寺の古図には、この子安宮の位置に神社が描かれていて「富貴社」と注記され、「フキのやしろ」と呼ばれていたとの琴です。平成元年に当社の解体修理が行われた際、社殿内より寛文11年(1671)9月24日と文久2年(1862)の日付の還宮の棟札2枚が発見された。そこから中門堂衆の文

  • 【正倉院】(しょうそういん)奈良市 【正倉院】(しょうそういん)奈良市

    【正倉院】(しょうそういん)は、奈良県奈良市の東大寺大仏殿の北北西に位置する、校倉造(あぜくらづくり)の大規模な高床式倉庫。聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵していた建物で、1997年(平成9年)に国宝に指定され、翌1998年(平成10年)に「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。正倉院の宝物には日本製品の

  • 【五劫院】(ごこういん)奈良市 【五劫院】(ごこういん)奈良市

    【五劫院】(ごこういん)は、奈良県奈良市北御門町にある華厳宗の寺院。東大寺末。山号は思惟山。 重源(ちょうげん)上人が宋から請来したと伝えられる五劫思惟阿弥陀仏坐像(重文)がご本尊です。「劫」とは時間を表す言葉で、大きな岩に、3年に一度天女が舞い降りて袖で岩を払い、その岩が磨り減るまでの時を指します。それが5回繰り返される五劫という、気の遠くなるような長い時間考え続けた姿は、現代風に形容するとアフ

  • 【葛上神社】( くずがみじんじゃ)奈良市中町 【葛上神社】( くずがみじんじゃ)奈良市中町

    【葛上神社】( くずがみじんじゃ)奈良市中町 由緒については、本殿に建速須佐命を主神として奉斎し、相殿に大山咋神、天照大神、三筒男命を祀っています。なお当社の伝記は、散逸し、あるいは火災に罹(かか)り知るよしもありませんが、鎮座以来多くの歳月を経て奈良朝の頃には既に存在していたもようで、大和添下郡鳥見谷一円を代々領有していましたが、小野国麿の時、794年(延暦13年)都が平安京へ移されて、それに伴

  • 【養天満神社 】(ようてんまんじんじゃ)奈良市西ノ京町 【養天満神社 】(ようてんまんじんじゃ)奈良市西ノ京町

    【養天満神社 】(ようてんまんじんじゃ)は、参道に近鉄橿原線が横断しています。尼ヶ辻駅の北約二百メートルの位置を東から西へ横断してすぐに境内となります。 かつては、薬師寺の寺内社でした。現在は、社寺地は線路で分断されています。創建は古く、祭られている神像(菅公)の状態などから、鎌倉時代以前にさかのぼると考えられるそうです。祭神は、菅原道真公。本殿は元禄15年(1702)の改築です。境内社は、熊野神

  • 【西波天神社】(にしはてんじんじゃ)奈良市六条 【西波天神社】(にしはてんじんじゃ)奈良市六条

    【西波天神社】(にしはてんじんじゃ)奈良市六条  この神社は奈良市六条に鎮座しています。遠くから鎮守の杜の大樹が望め、その大樹の下に一の鳥居が建立されています。参道途中には狛犬や二の鳥居が建立されています。御祭神は管原道真公と思われますが、勧請年月・縁起・沿革等については案内がなく不明です。この神社の左側には、小さな地蔵堂と観音堂がある高野山真言宗・東照山「観音寺」があり、十一面観世音菩薩立像が祀

  • 高野山真言宗  東照山【観音寺】奈良市六条 高野山真言宗 東照山【観音寺】奈良市六条

    奈良市六条に小さな地蔵堂と観音堂があります。高野山真言宗  東照山「観音寺」です。古くから柳観音と呼ばれています。本尊は、「十一面観世音菩薩立像(鎌倉時代末作)」。境内北側に西波天神社が鎮座します。 所在地:奈良県奈良市六条1-35-10    アクセス:近鉄橿原線「西ノ京」駅より 徒歩5分 境内北側に西波天神社が鎮座します。👇

  • 【孫太郎稲荷神社】(まごたろういなりじんじゃ) 奈良市西ノ京町 【孫太郎稲荷神社】(まごたろういなりじんじゃ) 奈良市西ノ京町

    【孫太郎稲荷神社】(まごたろういなりじんじゃ) 奈良市西ノ京町  御祭神は、宇迦之御魂神あ(うかのみたまのかみ)。薬師寺の鎮守社休ヶ岡八満宮に隣接する末社孫太郎稲荷神社は、田原藤太秀郷四代の孫藤原頼行が下野国唐沢山(栃木県佐野市)に祀った稲荷社にその濫觴を持つという。頼行後裔の足利孫太郎家綱、あるいは佐野孫太郎義綱が社を再興したことに因んで孫太郎稲荷と称した。 その孫太郎稲荷の分霊がのちに播磨国の

  • 【薬師寺 休ヶ岡八満宮】(やすみがおかはちまんぐう)奈良市西ノ京 【薬師寺 休ヶ岡八満宮】(やすみがおかはちまんぐう)奈良市西ノ京

     南大門を出た南に薬師寺を守護する休ケ岡八幡宮があります。寛平年間(889~898)に大分県宇佐から現在地に勧請[かんじょう]されました。現在の社殿は慶長8年(1603)の建物です。社殿は全体に西面し、本殿・脇殿とも小高い石積みの壇上に建っています。社殿の西、前庭の西側にある座小屋は修復が多いものの、社殿とほぼ同じ時期の建物で、中世に始まった宮座が受け継がれている貴重な歴史文化遺産とされています。

  • 【法輪寺】(ほうりんじ)奈良県生駒郡斑鳩町 【法輪寺】(ほうりんじ)奈良県生駒郡斑鳩町

    【法輪寺】(ほうりんじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある仏教の寺院。三井寺(みいでら)とも呼ばれ、「法林寺」「法琳寺」とも書く。宗派は聖徳宗、本尊は薬師如来坐像。 法隆寺東院の北方に位置する。現存する三重塔は1975年の再建であるため、世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」には含まれていない。法輪寺は寺史に関わる史料が乏しいため、創建事情の詳細は不明であるが、発掘調査の結果等から、7世紀中頃には存在してい

  • 【御霊神社】(ごりょうじんじゃ)奈良市 【御霊神社】(ごりょうじんじゃ)奈良市

    【御霊神社】(ごりょうじんじゃ)は、奈良県奈良市薬師堂町にある神社。旧社格は村社、神饌幣帛料供進社。南都御霊神社・木比御霊[とも呼ばれる。元興寺五重塔跡の南西に鎮座し、井上皇后・他戸親王等八所大神を祀っている。西紀寺町の崇道天皇社とともに南都二大御霊社とされる。 現五條市の宇智郡霊安寺から延暦19年(800年)に勧請され、御霊会が行われていた。かつては元興寺南大門前にあり、その門前は井上町と呼ばれ

  • 【ならまちとパワースポット神社】奈良市 【ならまちとパワースポット神社】奈良市

    ならまち(奈良町)は、奈良県奈良市の中心市街地東南部に位置する、歴史的町並みが残る地域の通称。「奈良町」という行政地名はない。狭い街路に、江戸時代以降の町屋が数多く建ち並ぶ。ほぼ全域が元興寺の旧境内にあたる。周辺を含む49.3ヘクタールが奈良市により奈良町都市景観形成地区に指定されている。 アクセス:近鉄奈良駅から南へ徒歩約10分。JR奈良駅から東へ徒歩約15分。市内循環バス「田中町」か「北京終町

  • 【瑜伽神社】(ゆうがじんしゃ)奈良市 【瑜伽神社】(ゆうがじんしゃ)奈良市

    【瑜伽神社】(ゆうがじんしゃ)は、奈良県奈良市高畑町にある神社。社伝によると飛鳥神奈備が平城奠都とともにこの地に移り、この山を平城の飛鳥山と呼んだという。もとは元興寺禅定院の鬼門除鎮守の社で、後に興福寺大乗院が山麓に建つに及び、その守護神として藤原氏等の崇敬を受けた。一の鳥居の左手に社務所・手水舎・神符所があり、その先に長い石段が山腹を登っている。 少し登ると中腹右手に飛鳥神並社と瑜伽山櫻楓歌碑が

  •  【氷室神社】(ひむろじんじゃ)奈良市 【氷室神社】(ひむろじんじゃ)奈良市

    【氷室神社】((ひむろじんじゃ)は、奈良県奈良市にある神社。式内小社(論社)、旧社格は村社、神饌幣帛料供進社。由緒は「氷室神社縁起」絵巻に記されており、また『続日本紀』や『元要記』にも散見される。和銅3年(710年)、元明天皇の勅命により、吉城川上流の月日磐に氷神を奉祀し、厳寒に結氷させたものを氷室に蓄え、翌年に平城京へ献氷させる制度が創始された。翌和銅4年(711年)6月1日に初めて献氷の勅祭が

  • 【漢國神社】(かんごうじんじゃ)奈良市 【漢國神社】(かんごうじんじゃ)奈良市

    【漢國神社】(かんごうじんじゃ)は、奈良県奈良市にある神社である。式内小社(論社)、旧社格は県社。 園神(そのかみ)として大物主命、韓神(からかみ)として大己貴命・少彦名命を祀る。延喜式神名帳で宮中宮内省に祀られ名神大社に列すると記される園神社・韓神社は当社からの勧請であると社伝では伝える。推古天皇元年(593年)2月3日、勅命により大神君白堤(オオミワノキミ シラツツミ)が園神を祀ったのに始まる

  • 【率川神社】(いさがわじんじゃ)奈良市 【率川神社】(いさがわじんじゃ)奈良市

    【率川神社】(いさがわじんじゃ)は奈良県奈良市本子守町にある神社。大神神社の境外摂社で、正式名称を率川坐大神御子神社といい、また子守明神とも呼ばれる。『延喜式神名帳』に「率川坐大神神御子神社 三座」と記載される式内小社。推古天皇元年(593年)2月3日、大三輪君白堤が勅命により奉斎したとされ、奈良市最古の神社という[2]。仁寿2年(852年)、文徳天皇の代に従五位下を授けられ、神封6戸(左京4戸、

  •  【隼神社】(はやぶさじんじゃ)奈良市  【隼神社】(はやぶさじんじゃ)奈良市

     【隼神社】(はやぶさじんじゃ)は、奈良県奈良市角振新屋町にある神社。角振明神・角振隼明神等とも呼ばれ、椿本神社と呼ばれたこともあります。鎮座する角振新屋町の町名の由来ともなりました。京都市中京区にある隼神社の元社とも伝わります。また、舒明天皇の代に春日ノ邑率川坂上に祀ったと伝わります。天暦5年(951)に神階は従三位に昇っています。当初の祠は治承4年(1180)の兵火で消失し、以来神木を以て神霊

  • 【大国主命神社】(おおくにぬのみことしじんじゃ) 奈良市 【大国主命神社】(おおくにぬのみことしじんじゃ) 奈良市

    【大国主命神社】(おおくにぬのみことしじんじゃ) ならまちの商家の庭に祀られた神社です。創祀・由緒など不詳。昭和14年に旧地の隣に移転し、社殿などを新築したそうです。 広い敷地は、もともとこの地にあった「奈良晒」の大きな商家のものです。商家移転の際に「家運隆盛は大国さまのおかげであった」として、町内一同が引き続いて大国さんをお祭りすることを条件として、その敷地を町有のものとして寄贈されたそうです。

  • 【住吉神社】(すみよしじんじゃ)奈良市 【住吉神社】(すみよしじんじゃ)奈良市

    【住吉神社】すみよしじんじゃ)  主祭神:住吉大神・蔵王権現。元興寺の一院であった仙光院が衰えたのち、勝南院が建立されたが、その勝南院内に古くから鎮座していたという。宝徳2年(1450年)、元興寺と興福寺の争いを起因とする火難に会い、その跡は人家で占められるようになった。そのため、現在地に住吉大神を祀る祠を建て、町名を勝南院町とし、町内の安全や商売繁盛を祈願するようになったという。  所在地:奈良

1 2 3 4