大和郡山市

  • 【外川八幡神社】(とがわはちまんじんじゃ) 【外川八幡神社】(とがわはちまんじんじゃ)

    【外川八幡神社】(とがわはちまんじんじゃ)は、富雄川の右岸堤防沿いの道からすぐの所に鎮座しています。御祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)です。由緒等は不明です。境内は綺麗に清掃されています。  住所:奈良県大和郡山市外川町282  アクセス:近鉄郡山駅より徒歩15分 #じゃらん #じゃらんネット #観光 #観光スポット #神社 #神社仏閣 #絶景 #Sakamoto119 

  • 【植槻八幡神社】(うえつきはちまんじんじゃ)奈良県大和郡山市 【植槻八幡神社】(うえつきはちまんじんじゃ)奈良県大和郡山市

    【植槻八幡神社】(うえつきはちまんじんじゃ)奈良県大和郡山市  外観はお寺のようです。主祭神は、誉田別命 (ほんだわけのみこと)。 由緒については、「旧郡山地区の植槻町集落の東端に鎮座、誉田別命を祀る。旧村社。創祀は明らかでないが、奈良時代の古刹植槻寺の東に位置し、同寺の鎮守であったと見られている。応永十三年(1406)の法華寺田畑本券に、ウエツケニノ宮前の三反が、右京九条三坊五坪内にあるとされ、

  • 【柳澤神社】(やなぎさわじんじゃ)奈良県大和郡山市 【柳澤神社】(やなぎさわじんじゃ)奈良県大和郡山市

    【柳澤神社】(やなぎさわじんじゃ)  立身出世・学問の神、柳澤吉保を祀った神社です。奈良県大和郡山城の本丸跡にあり、五代将軍綱吉の側用人で柳澤家中興の祖・柳澤吉保公を祀っています。吉保公は川越甲府城主となり、御子の吉里公が国替で甲府より転じ、十五万石をもって郡山城に入城しました。以来明治維新まで金魚の養殖をはじめ、さまざまな恩恵を与えてきた功績を称え、明治13年(1880)、藩士によって、神社が創

  • 【郡山八幡神社】(こおりやまはちまんじんじゃ)奈良県大和郡山市 【郡山八幡神社】(こおりやまはちまんじんじゃ)奈良県大和郡山市

    【郡山八幡神社】(こおりやまはちまんじんじゃ)は奈良県大和郡山市にある神社である。聖武天皇の勅命により、東大寺大仏の鋳造が完成した天平勝宝元年(749年)に、 東大寺大仏の守護神として宇佐八幡神を勧請されることとなった。『続日本書紀』によると同年12月18日に、宇佐八幡神を平群郡に迎え、27日に京に入り、京南の梨原宮に新殿を造って神宮としたとある。京入りの前日、和州薬師寺門前の休ヶ丘で一泊された。

  • 【西岳院】・【古田神社】(ふるたじんじゃ)奈良県大和郡山市 【西岳院】・【古田神社】(ふるたじんじゃ)奈良県大和郡山市

    聖徳太子建立の「満額寺」がこの寺の前身です。 寺伝によれぱ、聖徳太子が46願を立て、この地(字古屋敷)に仏閣を建立、福寿山満願寺と称したとされます。本尊は、木造十一面千手観音立像(県指定文化財・平安時代)。 寛政2年(1790)小泉藩主片桐貞章の招きにより黄檗山14代竜玩和尚が、満願寺に隠棲し水難の患いのない西岳の地を選んで堂宇を移転、寺号を西岳院と改めたそうです。 北側は「西岳院」に接して鎮座す

  • 【不動院】(ふどういん)奈良県大和郡山市 【不動院】(ふどういん)奈良県大和郡山市

    【不動院】(ふどういん)奈良県大和郡山市 真言宗 醍醐寺三宝院の末寺。寛文12年(1672)僧光順の創立です。 本尊は木造愛染明王坐像。境内にある地蔵堂は、明治7年富雄川に架かる橋の西詰にあったものを移したとの事です。明治以前は山伏寺で、松尾寺へ上る修験者の取締りをしており、一々ここに挨拶をしなければ登山する事の出来ない定めになっていたそうです。境内に石造の十三重塔があります。また、境内の隅に「稲

  • 新コースで外ラン + 若草山ビフォーアフター 新コースで外ラン + 若草山ビフォーアフター

    ▶︎ゆっくり長く 人、車の少ないコースだとすぐサボってしまいそう。 よって今日は通行量の多い新コース。 高の原→平城京跡→西ノ京→郡山→富雄川沿い→北大和→押熊→高の原 当初、矢田丘陵付近まで行く予定でしたが、カット。 ▶︎平城京跡から若草山 23日は夕方からの雨で2割程しか焼けなかったので、 数日前、焼き直しされました。 23日、、、ビフォー 今日、、、アフター 山肌が黒くなってます。 大極殿