竹富町

  • 西表島の風景(5)マングローブ 西表島の風景(5)マングローブ

     熱帯・亜熱帯の海水に浸る土地に生えるマングローブは、沖縄各地で見られますが、西表島は、数の多さで圧倒的です。  群生しているものより、1本だけ飛び出して生えているようなものが絵になりやすく、思わず 「♪この~木 何の木~」なんて。

  • 黒島の風景(3)沖縄の北海道? 黒島の風景(3)沖縄の北海道?

     島の人口が約200人。牛の数はその15倍といわれる、畜産・牛農の島、黒島。  平坦な大地に、のんびり牛が草を食む光景は、さながら北海道の放牧場のようで、沖縄にあって一種独特の雰囲気を醸し出す、さしずめ、沖縄の北海道です。

  • 小浜島の風景(1)アカヤ湾のマングローブ 小浜島の風景(1)アカヤ湾のマングローブ

     小浜島の西側に広がるアカヤ湾。川があるわけではないのですが、マングローブが原生しています。  潮の加減がちょうどいいタイミングのときを見計らって行くと、海面が鏡となって、マングローブの奇妙な形を映す、絶景ポイントになります。

  • 西表島の風景(4)南風見田の浜 西表島の風景(4)南風見田の浜

     西表島の南側に広がる、とても広いビーチ、南風見田(はえみだ)の浜。  遠浅で、干潮時には、海中の砂が美しい縞模様となったり、砂浜には、奇妙な模様の岩が転がっていたりします。  しかも、ここは、ほとんど人の泳いでいないプライベートビーチなのです。

  • 黒島の風景(2)絶景西の浜 黒島の風景(2)絶景西の浜

     沖縄のビーチの中でもベスト10ランクインは間違いないと思うほど美しい、黒島の西の浜。  しかし、流れがあって泳ぐことが禁止されているため、滅多に人がやって来ません。なんともったいない。   

  • 西表島の風景(3)月が浜 西表島の風景(3)月が浜

     月ヶ浜というのは内地から人が後から付けた名前で、地元では「トゥドゥマリ浜」といいます。宇那利崎(浜の北側)の女の神様が、同性の女を嫌い、天気が悪くなり船を出せないので、女達はこの浜に「とどまる」ところから来ているそうです。   浦内川から運ばれた細かい砂が、とても気持ちのいい浜です。

  • 黒島の風景(1)仲本海岸は天然の水族館 黒島の風景(1)仲本海岸は天然の水族館

     仲本海岸は、シュノーケリングポイントとして有名ですが、干潮時には、辺り一帯が巨大なプールと化し、泳がなくても珊瑚や熱帯魚を見ることができます。  これぞ、まさに天然の水族館。  

  • 小浜島細崎の海中 小浜島細崎の海中

     小浜島の細崎(くばざき)の目の前は、西表島。そして、その間の海は、別名「マンタ街道」と呼ばれる、ダイバー憧れのヨナラ水道です。  しかし、ダイビングなどしなくても、細崎の浜でシュノーケリングが楽しめます。ただ、干潮時に海の中を歩いて行かなければならず、人もほとんど居ないので、地元の人の話を聞くなどしてから行ってください。 

  • 小浜島細崎の朝日 小浜島細崎の朝日

     小浜島の西側に突き出た細長い岬。その名も「細崎(くばざき)」。  本当に細長いので、西側にあるのに、春分~秋分の間は、北側の砂浜から日の出が拝めます。  そのときの雲によって、気象の状況によって、行く度に違った朝日・朝焼けを見ることができます。

  • 西表島の風景(2)浦内川 西表島の風景(2)浦内川

     西表島にある沖縄一長い川、浦内川。  月が浜へと続く河口付近は、マングローブの一大群生地ですが、カヌーで川を遡ると、沿川にはサギがいたり牛もいたりと、のどかな光景が広がります。  上流には、日本の滝百選の一つ、マリュウドの滝もあります。

  • 西表島の風景(1)ピナイサーラの滝 西表島の風景(1)ピナイサーラの滝

     ヒナイ川をカヌーで遡り、さらに歩くこと小一時間。落差54㍍、沖縄最大の滝であるピナイサーラの滝の上に到着します。  ここからの眺めは、絶景そのものですが、高所恐怖症の人はNGです。

  • 波照間島のヤギ 波照間島のヤギ

     沖縄の離島では、ヤギは珍しくありませんが、波照間島は特に多いような気がします。  それも、放し飼いなんだか、野良なんだか分からない奴らが、島中を自由に歩き回っています。

  • バラス島海中 バラス島海中

     珊瑚のかけらだけでできた不思議な島、バラス島。  その周辺の海中は、珊瑚礁が発達していてとても美しく、場所によっては波打ち際から数メートルで珊瑚だらけ、という感じです。 ※ 当初地域タグに「バラス島」がなかったので、一番近くにある西表島で整理していたのですが、何と、muragonがタグを作ってくれました。ありがとうございます。

  • バラス島の風景 バラス島の風景

     西表島と鳩間島の間の海に突然現れる、珊瑚のかけらだけでできた不思議な島、というより砂州。  台風が来るたびに、大きさや形が変わるそうです。  もちろん、船でしか行けませんが、周辺の海は何ともいえず美しい。 ※ 当初地域タグに「バラス島」がなかったので、一番近くにある西表島で整理していたのですが、何と、muragonがタグを作ってくれました。ありがとうございます。

  • 鳩間島の風景(2)集落 鳩間島の風景(2)集落

     人口50人足らず、外周約4㎞の小さな島、鳩間島。  のどかで、昔の沖縄の島は何処もこんな感じだったんだろうな、と思わせる雰囲気を残しています。昼間は、多少日帰り観光客が来ますが、夜は、本当に静かです。 ※ 当初地域タグに「鳩間島」がなかったので、一番近くにある西表島で整理していたのですが、何と、muragonがタグを作ってくれました。ありがとうございます。 ※ 「地域タグ」に「鳩間島」がないため

  • 鳩間島の風景(1)港周辺 鳩間島の風景(1)港周辺

     船が鳩間島に到着する前から、既に海の色が違い、観光客は歓声を上げます。  鳩間港の周辺の海は、岸壁などの構造物が多く、それが却って海の美しさを引き立てているかのようです。 ※ 当初地域タグに「鳩間島」がなかったので、一番近くにある西表島で整理していたのですが、何と、muragonがタグを作ってくれました。ありがとうございます。 ※ 「地域タグ」に「鳩間島」がないため、暫定的に「西表島」で整理しま

  • 波照間島ニシ浜海中 波照間島ニシ浜海中

     波照間島のニシ浜は、見た目とても美しいビーチですが、珊瑚礁の広がるシュノーケリングポイントでもあります。

  • 波照間島の風景(2)波照間港と周辺の海 波照間島の風景(2)波照間港と周辺の海

     波照間港の防波堤から眺める海。奥に横たわるのは、西表島です。  この場所は、ガイド本で紹介されることはほとんどありませんが、波照間フリークの間で口伝で広まりました。この海の色と模様を見ただけで、すぐに「あの場所だ」と分かるそうです。  波照間島は、ニシ浜が有名ですが、港に着いた途端、足下の海からして美しく、いきなりテンションが上がります。

  • 黒島沖の海中 黒島沖の海中

     黒島から船に乗って行く、シュノーケリングのツアーに参加。ダイビングでなくとも、ここまで見られる海中ショー。  アカバナは、光が当たる順光線では綺麗な赤色なのに、逆光だとあまり赤くはないことを、このとき初めて知りました。

  • 波照間島の風景(1)ニシ浜 波照間島の風景(1)ニシ浜

     人が住む島としては日本最南端の島、波照間島。  その北側にある北浜(沖縄方言で「ニシ浜」といいます。)は、沖縄の数あるビーチの中でも、トップクラスの美しさと人気を誇ります。   波照間航路は、悪天候の影響を受けやすく、欠航がとても多いのですが、穏やかな日は、ここは天国かと思わせるようなニシ浜が横たわります。   

1 2