小浜島

  • 小浜島の風景(4)最西端の海 小浜島の風景(4)最西端の海

       小浜島の西端は、細崎(くばさき)という細長い岬で、目の前に西表島が迫ります。  細崎漁港があるほかは、取り立てて何もない地味な海ですが、極端な遠浅のため、干潮時は、海が鏡となり雲を映します。  海に並べられた石は、魚垣(ながき)と呼ばれるもので、満潮時に浅瀬にやってきた魚が、干潮時沖に戻れなくするための、昔の業業施設の名残です。

  • 小浜島の風景(3)海へ続く道 小浜島の風景(3)海へ続く道

     小浜島は、中央部が小高くなっていて、そこに中心集落があるので、どの方向に行くにも、コーラルブルーの海に続いているかのようです。 こちらも併せてご覧ください。

  • 小浜島の風景(2)細崎の星空 小浜島の風景(2)細崎の星空

     空気の澄んだ沖縄離島では、平地でも驚くほど星が綺麗に見えます。  小浜島の細崎(くばざき)は、周囲に何もない小さな集落なので、晴れた夜は満点の星空に囲まれます。ボーッと白く見えるのは、天の川です。

  • 小浜島の風景(1)アカヤ湾のマングローブ 小浜島の風景(1)アカヤ湾のマングローブ

     小浜島の西側に広がるアカヤ湾。川があるわけではないのですが、マングローブが原生しています。  潮の加減がちょうどいいタイミングのときを見計らって行くと、海面が鏡となって、マングローブの奇妙な形を映す、絶景ポイントになります。

  • 小浜島細崎の海中 小浜島細崎の海中

     小浜島の細崎(くばざき)の目の前は、西表島。そして、その間の海は、別名「マンタ街道」と呼ばれる、ダイバー憧れのヨナラ水道です。  しかし、ダイビングなどしなくても、細崎の浜でシュノーケリングが楽しめます。ただ、干潮時に海の中を歩いて行かなければならず、人もほとんど居ないので、地元の人の話を聞くなどしてから行ってください。 

  • 小浜島細崎の朝日 小浜島細崎の朝日

     小浜島の西側に突き出た細長い岬。その名も「細崎(くばざき)」。  本当に細長いので、西側にあるのに、春分~秋分の間は、北側の砂浜から日の出が拝めます。  そのときの雲によって、気象の状況によって、行く度に違った朝日・朝焼けを見ることができます。