台東区

  • 魔法使いの嫁 原画展を観てきました。 魔法使いの嫁 原画展を観てきました。

    色んなところから面白いと噂を聞く魔法使いの嫁の原画展を原作を未読の状態で見に行きました。 一緒に行った友人が原作を既読なので、色々聞きながら見ました。 展示は原画とその横に完成原稿の状態が並んで展示するという形式で、全展示撮影OKでした。 私はマンガを書かないのでよくわかりませんが、イメージではコマ割りをしてから下書きを始めるものと思っていたので、この原画は少し意外でした。 最後に展示していたエリ

  • 東京国立博物館の常設展を観に行きました。 東京国立博物館の常設展を観に行きました。

    下記の二つをみてもパスポートのチケットに余りと時間があったので国立博物館の常設展も観に行ってきました。 3月に特別展の春日大社展の再に観に行きましたが、常設展も結構展示が変わっていました。 前回もあった十二神将像。 戦隊ものを彷彿とさせる展示が好きです。 そして毎回メインの刀剣類 1階にはロバートさんという方から寄贈された刀剣類 今回は銘を記録し忘れてました…。 倶利伽羅の模様が刻まれた刀剣。 刀

  • フレンズを観に上野動物園に行きました。 フレンズを観に上野動物園に行きました。

    いま動物がフレンズとして話題になっているので、科学博物館を出た後、ついでに上野動物園へ行きました。 と、その前に科学博物館と上野動物園の間の広場でお祭りをやっていたので、そこで日本酒ソフトなる物が売っていたので購入。 何となく甘酒っぽい味がしておいしかったです。 上野動物園は小学校低学年の頃にパンダを観に行ったきりでしかも混雑がひど過ぎて殆ど見る事が出来なかったおぼえがあります。 という訳でまずは

  • 特別展 大英自然史博物館展に行ってきました。 特別展 大英自然史博物館展に行ってきました。

    国立科学博物館の特別展 大英自然史博物館展に行ってきました。 上野駅構内のチケットカウンターで上野の博物館や美術館の常設展ほぼ総てと特別展一つを見る事が出来るパスポートが3000円で販売されていたので購入。 取りあえず最大の目的である科学博物館へ、整理券を配布して入場制限を掛ける場合があると書いてありましたので、早めに行ったのですが、運よく並ばずに入れました。 会場は撮影OKだったので色々撮影。

  • 春の寄り道 ② 春の寄り道 ②

            入り口に回ればこんなに大きな枝垂れ桜があるんですよ~~\(^o^)/ いやいや、ちょうど見頃でした~~!! ヤエベニシダレ、満開でした~~!! 青い空に映える、この薄桃色のなんて見事な事!! 東南アジア系の観光客の方が歓声を上げながら何枚も写真を撮っていらっしゃいました。 こういうタイミングで旅行できて良かったですよね! こんなに美しい日本を見てもらって、ワタクシもとても誇らしい気

  • 技術書典にいってきました。 技術書典にいってきました。

    技術書の同人誌即売会がやっていると聞いたのでちょこっと言ってみました。 軽い気持ちで会場の秋葉原UDXに行ってみると雨の中、屋根のないエリアにかなりの行列が…。 雨の中を並ぶのはちょっとあれなので、早めの昼食をのんびりと取ってから様子を見てみると行列が屋根のあるエリアに収まっていたので並ぶことに。 40分位まって入場。 私の知識では良し悪しの判断はつきかねるので、仕事でつかえそうな技術で何となくよ

  • 花の命は短い・・ 花の命は短い・・

    今年も行ってきました上野のお花見♡ 毎年恒例なのでこの時期になるとじっとしてられない(っていうかいつもじっとしてられないけどww 今年は5年ぶりに100人規模で集まるイベント的なお花見にも参加してきました。 FBではいつも合っているのですが、実際に合うのはみんな久しぶり。 ごあいさつ回りだけど3時間ww 実は・・・・ 病気になってから後にできた知人友人は、今の私しか知らないので逆にあまり気にならな

  • 花の競演 花の競演

                                                     上野寛永寺ではすでに神輿の準備がされておりました。 ■花魁(おいらん)道中と聞くと京都の島原を浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、【花魁】という呼び名は18世紀後半に江戸吉原で使われた最高位の遊女の称号です。 大阪や京都では現在でも最高位は【太夫】と呼ばれています。(それぞれ呼び方にも地域の誇りが

  • 上野公園の桜 上野公園の桜

    満開ではありませんが、名所ですね。

  • 4970 宝蔵門(台東区浅草2-3-1・浅草寺) 4970 宝蔵門(台東区浅草2-3-1・浅草寺)

    宝蔵門は、大谷米 ( よね ) 太郎の寄進で、昭和三十九年に浅草寺宝物の収蔵庫を兼ねた山門として建てられた。 鉄筋コンクリート造で重層を基準に設計されている。 高さ二十一・七メートル、間口二十一・一メートル、奥行は八・二メートルある。 下層の正面左右には、錦戸新観 ( にしきど しんかん )、村岡久作 ( むらおか きゅうさく ) の制作による、木造仁王像を安置している。 浅草寺山門の創建は、「浅

  • 4856 鬱金(うこん)桜(台東区谷中1丁目・谷中霊園) 4856 鬱金(うこん)桜(台東区谷中1丁目・谷中霊園)

    この「鬱金(うこん)桜」は別名「浅黄(あさき)桜」とも呼ばれており、花の開花はソメイヨシノより二週間程度遅く、四月中旬ごろに淡黄緑色の八重の花が楽しめます。 旧天王寺境内であった谷中霊園内には、江戸時代から浅黄桜が多く植えられていたらしく、二代目歌川広重が描いた「江戸名勝図会 天王寺」のなかで「谷中天王寺・・・中略・・・境内に桜木多し、なかんずく浅黄桜の名木あり」と評され、江戸庶民に愛されていまし

  • 4736 虫塚(台東区上野桜木1-14-11・寛永寺境内) 4736 虫塚(台東区上野桜木1-14-11・寛永寺境内)

    虫塚は、伊勢(現・三重県)長島藩主である増山雪斎により、写生にに使った虫類の霊をなぐさめるため、文政四年(1821)に建てられたものである。 増山雪斎は、宝暦四年(1754)の生まれ。本名を正賢といい、雪斎はその号であるが、玉園・蕉亭・石顛道人・巣丘隠人など多くの別名がある。 江戸の文人太田南畝や大坂の豪商木村兼葭堂など、広く文人墨客と交流を持ち、その庇護者としても活躍した。 自ら文雅風流を愛し、

  • SAOのコラボカフェ等、秋葉原をふらふらしてみました。 SAOのコラボカフェ等、秋葉原をふらふらしてみました。

    秋葉原の駅ビルで期間限定のSAOショップがオープンしているという事で劇場版ソードアート・オンラインを見た後、ついでに足を延ばしてみました。 駅ビルのあちこちに作品の絵が。 グッズはまだ発売前の物が多い中で、作中で出てきた指輪があり値段も高校生が背伸びすれば買えるお値段でしたが、私が買ってもしょうがないのでスルー 唯一欲しいと思ったスクエア型の缶バッチも、原作絵の物が無かったので同じくスルー。 そこ

  • 4659 吉原神社(台東区千束3-20-2・吉原神社) 4659 吉原神社(台東区千束3-20-2・吉原神社)

    吉原神社でお祀りしているのは、弁財天です。 吉原神社のご祭神は、稲荷神である倉稲魂命(うかのみたまのみこと)と弁天様である市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)で、開運、商売繁昌、技芸上達などのご神徳です。 元和 3 (1617)年、徳川幕府の命によって、江戸市中各地に散在していた遊女屋は日本橋葦町あたりに廓として統合されました。これが「江戸元吉原」です。 その後、明暦 3 (1655)年の大火のあ

  • 4658 柳川春三菩提寺(台東区西浅草1-2-16・願龍寺) 4658 柳川春三菩提寺(台東区西浅草1-2-16・願龍寺)

    柳河春三は、天保三年(1832)二月二十五日名古屋に生まれ、神童の誉れ高く天才ぶりを発揮、さまざまな逸話を残している。 二十五歳で江戸にでた彼は、医を業とし、蘭学はもとより英・仏・和・漢など十一ヶ国語に精通し、著訳書も医学・薬学・理学を初め、書画・詩歌・戯作に至るまで多方面にわたり、四十余の別号を巧みに使った。 幕末維新における希世の知識人で、非凡の才能を駆使して外国文明の導入と普及とに努め、多大

  • 4657 長瀧山 本法寺(台東区壽2-9-7・本法寺) 4657 長瀧山 本法寺(台東区壽2-9-7・本法寺)

    一 長瀧山 本法寺(日蓮宗)について 天正十九年(西暦1591)太田道灌の居城のあった江戸城紅葉山に初代日先上人が開山したのが発祥の地である。 その後北条氏が滅亡し徳川家康が新たに江戸城を築城するさいに紅葉山から外濠にあたる八丁堀に移った。 さらに明暦二年(西暦1657)江戸の振袖火事の大火で焼失し幕府が用達町人高原平兵衛に賜与した浅草の拝領町屋敷のあった現在の地に移った。 住居表示で現在は寿町二

  • 4656 飛不動(台東区竜泉3-11-11・正宝院) 4656 飛不動(台東区竜泉3-11-11・正宝院)

    正宝院は、享禄三年(1530)の創建といわれる修験寺院で、はじめ聖護院末・園城寺末から現在天台宗の単立寺院となっている。 当寺の本尊は木造不動明王坐像で、「飛不動」の通称で知られている。 名の由来は、昔、当寺の住職が大和国(奈良県)大峰山に本像を持って修行に行ったところ、一夜にして当地へ飛び帰り、人々にご利益を授けたことによると伝えられている。 「飛不動」は本尊の通称だけでなく正宝院の通称ともなり

  • 良いことありそうな予感 良いことありそうな予感

    今日は仕事で外出中、珍しい鳩さんに会いました😄✨ 白い鳩さん珍しいと思いつつ、背中の模様が❤になっていました! 何か良いことがありそうな気がして、後ろから一緒に歩きながらパシャリ📷 今週乗り切れそうです💨 丹波と一緒に会いたかったな、鳩さん😄

  • 横浜美術館 横浜美術館

    これぞ『ユニバーサルデザイン』の真髄ではなかろうか 誰もが観やすく感動する企画展だった。 篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISIN 横浜美術館ならではの広い空間とインパクトのある大型写真がマッチングし 篠山紀信の言葉を借りると 『空間力vs写真力のバトル』 『鑑賞でなく体感!』 まさに温泉に入っているかの如く体を空間に浸しリラックスする。 コンセプトは篠山紀信自ら選んだ写真120

  • 国立博物館 特別展 春日大社 千年の至宝を観てきました 国立博物館 特別展 春日大社 千年の至宝を観てきました

    虐殺器官を観た後、気になっていた上野国立博物館の特別展 春日大社を観てきました。 特別展は殆どが撮影禁止でしたが、唯一撮影可だった灯篭。 その他にも春日大社に奉納された弓、刀剣、甲冑なども観ることができ、一番見たかった国宝の毛抜形太刀も間近で見る事が出来たので、大満足でした。 その後、今まで入った事のない常設展の方も観てみましたが、こちらもすごく良く、昨今の流行りの為か、刀剣類の展示が沢山あるうえ

1 2 3 4 5 ... 6