• ディレクトリのファイル最大限数確認

    ■ファイルのタイプ確認 df -T 例)該当ディレクトリのタイプがextだった場合 Filesystem Type 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置 /dev/sdb5 ext3 69718492 17525816 48522660 27% /var ■システムヘッダファイルを確認 less /usr/include/linux/ext3_fs.h /* * Maximal co

  • ドメイン名からメールサーバー調査

    ■概要 ドメイン内でメールサーバーとして稼働しているホスト調査は、 そのドメインに設定されたMX(Mail Exchanger)レコードを調べる ■コマンド dig -t mx [ドメイン] ■結果の見方 「ADDITIONAL SECTION」 メールサーバーのホスト名・IP表示 それより上は複数のメールサーバーとそのIP表示 ■その他の検索タイプ a :Aレコード(正引きの)の確認 ホスト名か

  • コマンド

    ●メール送信コマンド:mail mail 送信したいMailAddress エンターを押すとSubject: と表示されるので題名記載 その後本文で、本文最後に<ctrl+dキー>打てば完了! HOGEHOGEHOGE <ctrl+dキー> mail 送信したいMailAddress TEST DAYO! HOGEHOGEHOGE 

  • MySQL SQLモードの検証方法

    ■概要 MySQL5.6ではsql_modeがSTRICT_TRANS_TABLESになるため・・・ 原因:sql_mode STRICT_TRANS_TABLES ■その前にSQLモードなんぞや ■検証方法 ・NOT NULL カラムに NULL を挿入 ・数値カラムに大きすぎる数値を挿入したりするなど、 「正しくない」値をカラムに挿入 ■結果 ・NOT NULL カラムに NULL を挿入 E

  • 短縮URL

    ■短縮URL 20 文字前後 ■サービス ●Bit.ly https://bitly.com/ ●TinyURL http://tinyurl.com/ ●Google URL Shortener http://goo.gl/ ■メリット ・上記サービスの場合生成したURLの後ろに「+」を追加するだけで アクセス解析が可能になる。 クリック数 いつクリックされたか どこからクリックされたか 使用さ

  • Skypeの広告非表示

    Skypeの広告を非表示にする Version 7.18編 ■Skypeユーザー別の設定ファイルを編集 C:\Users\[Windowsのログインユーザー名]\AppData\Roaming\Skype\[Skypeのログインユーザー名]\config.xml を開いて、次の記述を探しコメントアウトして保存する <advertplaceholder>1</advertplaceholder> ↓

  • リモートPCのコピー等ができない

    ■リモートとローカルの「rdpclip.exe」実行 対処方法: ①まずタスクマネージャを起動します。(ショートカット:Ctrl+Shift+Esc) ②プロセスタブを確認し「rdpclip.exe」があるか確認します。 ③あった場合、一度「rdpclip.exe」のプロセスを終了します。(ハングしている可能性があるため) ④アプリケーションタブの「新しいタスク」を開き「rdpclip.exe」を

  • windowsでSkypeのデータ移行

    1.Ctrl+Rに入力 2.下記のパスにアクセス C:\Users\【ユーザ名】\AppData\Roaming\Skype\【Skypeのアカウント】 3.main.dbをコピー 4.新PCにの同じ箇所に上書きすればOK! ■参考URL

  • Windows対応使えるアプリ

    ■ConEmu タブ対応の超多機能Windows用コンソールエミュレーター

  • swap領域残容量低下に伴う開放

    ■メモリキャッシュ解放しメモリ空確保 sync echo "3" > /proc/sys/vm/drop_caches echo "0" > /proc/sys/vm/drop_caches ※この時点でswap領域がメモリに含まれた場合、メモリ空き残量が大丈夫かを確認する必要がある →この時点でメモリが足りない場合は、 一番メモリを使用しているものを確認し、必要な場合はkill等の対応が必要な場

  • Git サーバー SSH 公開鍵の作成

    $ cd ~/.ssh ssh-keygen -t rsa 下記のようにパスワード3回入力 Generating public/private rsa key pair. Enter file in which to save the key (/Users/XXX/.ssh/id_rsa): 【パスワード】 Enter passphrase (empty for no passphrase):

  • 知っておくべきコマンド編

    随時更新 ■ハードディスクの空き容量確認 df -h ■CentOSのバージョン確認 cat /etc/redhat-release ■言語をデフォルトのまま出力 export LANG=c ■cronの状況確認 service crond status ■サブドメイン等の設定したときのIPのみ確認 dig +short ドメイン ■容量が大きい順のファイル一覧(昇降順) ls -lrhS ■gz

  • ユーザ毎のcron確認

    ■ユーザ毎のCRON確認方法 ・最高権限になる [root@ ~]# sudo su - ・cronの確認 [root@ ~]# crontab -l ・存在していたcronが下記に存在 less /var/spool/cron/【ユーザ毎】 最高権限だったので less /var/spool/cron/root

  • AレコードとCコード

    ■Aレコード(アドレス) Aレコードはドメイン名と対応するIPアドレスを  ドメイン名:IPアドレス = 1:n で定義する。 同じIPと別ドメイン名を並べて定義すれば IPアドレス:ドメイン名 = 1:n できる。 ■CNAMEレコード(キャノニカルネーム) CNAMEレコードはすでにAレコードで定義されてるドメイン名と別名を定義する。 なのでここは ドメイン名:参照ドメイン名 を書くことで 

  • load averageの負荷確認

    load averageとは ロードアベレージはシステム全体の負荷状況を表す指標。 「1CPUにおける単位時間あたりの実行待ちとディスクI/O待ちのプロセスの数」 load averageの負荷確認コマンド ■top システム全体の負荷 プロセス, CPU, メモリ, スワップの統計情報 ■watch update システムの稼働時間を見るコマンド 現在の時間と、ログインユーザの数 [root@

  • Vimエディタの設定

    Vimを下記よりDL download : vim online 文字コードを気にしたくない場合の設定 ※存在しない場合は新規作成すればよい vi ~/.vimrc ---- vi追記 ---- set encoding=utf-8 set fileencodings=iso-2022-jp,sjis,utf-8 ■保存したら、設定反映 source ~/.vimrc

  • Apache confの反映

    ■confのバックアップ cd /etc/httpd/conf cp -p http.conf http.conf_back20161005 ~~~Apache修正後~~~ ■設定ミスの確認 /etc/init.d/httpd configtest 「Syntax OK」と出たらOK ■apacheの状況確認 /etc/init.d/httpd status ■サイトに影響ないようリロード /et

  • Linuxでユーザ追加

    ■スーパーroot権限に変更 sudo su - ■ユーザ追加 ユーザアカウント hogehoge を作成 [root@](VM-GUEST)# useradd hogehoge ■追加したユーザの確認 [root@ ~](VM-GUEST)# id -a hogehoge uid=504(hogehoge) gid=504(hogehoge) 所属グループ=504(hogehoge) ■defa

  • Apacheダウンしたときの確認

    Apacheの確認 [root@~](VM-GUEST)# /etc/init.d/httpd status →下記の場合sutdownした可能性が高い httpd は停止していますがサブシテムがロックされています ・再起動 [root@~](VM-GUEST)# /etc/init.d/httpd restart

  • PHPでHTMLブラウザに受け渡す場合に改行が空白になる

    ■事象 PHPでSmarty変数に受け渡す場合に改行が空白になる ■原因 PHPスクリプト中で改行「"\n"」を入れてもブラウザでの表示結果には反映されない。 ブラウザはHTML文書を解釈して表示するアプリケーションのためブラウザ上で改行する場合は、HTMLの改行タグ「<BR>」を入れないといけない。 ■対応 ※Smartyでの書き方 ・正規表現で置換 ({"/\n/"|preg_replace:

1 2