• PHPでHTMLブラウザに受け渡す場合に改行が空白になる

    ■事象 PHPでSmarty変数に受け渡す場合に改行が空白になる ■原因 PHPスクリプト中で改行「"\n"」を入れてもブラウザでの表示結果には反映されない。 ブラウザはHTML文書を解釈して表示するアプリケーションのためブラウザ上で改行する場合は、HTMLの改行タグ「<BR>」を入れないといけない。 ■対応 ※Smartyでの書き方 ・正規表現で置換 ({"/\n/"|preg_replace:

  • logrotateとSIGHUPによるApacheの異常終了

    logrotateとは ログ肥大化を防ぐために不要な過去のログを圧縮しディスクのサイズを確保する 再起動後Apacheダウン不具合 あるサーバーで、ログローテーション後に再起動がかかるはずが、正常に再起動せず Apacheがダウンしたままだった 原因の一因はバグ?! 正常に起動しない一因として、ログローテーション後に「reload」で再起動設定。 reloadはSIGHUPというをシグナルを発行す

  • routing追加対応

    ■概要 XXXサーバーからAPI側のgatewayサーバーへ接続可能にする対応 ※今回の構成上、gatewayサーバーは中継サーバーを経由しているため 中継サーバーにも設定が必要 ■routing追加IP #gateway用 XXX.XX.XXX.0/20 #中継サーバー用 YYY.YY.YYY.0/24 ■検証 ・gateway(XXX.XX.XXX.XX)のping疎通 routing追加対応

  • URLのパラメータに"+"文字がある場合空白になる

    ■事象 URLのパラメータに"+"文字がある場合空白になってエラーになっていた 作業的にはログインIDとPASSを暗号化したURL等を確認していた 可逆暗号化のための準備 <暗号化方法> base64でエンコード→mcrypt_genericで暗号化→base64でエンコード  <復号化方法>  base64でデコード→mdecrypt_genericで復号化→base64でデコード ■空だよの下

  • postfix の設定やmaillogの確認

    postfixの転送先設定ファイル /etc/postfix/main.cf relayhost 転送先の上位メールサーバを指定できる設定値。 fallback_relay デフォルト配送先に配送できないときの配送先 設定値による挙動 relayhost:無し、fallback_relay:無し  どこにも転送を行なわず、そのサーバからの配信のみ relayhost:無し、fallback_rel

  • binlogファイルの見方

    ■binlogファイルの確認 cd /var/lib/mysql mysqlbinlog 【binlogファイル】 |less ■binlog出力ファイルの設定箇所 [root@~]# less /etc/my.cnf [mysqld] datadir=/var/lib/mysql socket=/var/lib/mysql/mysql.sock ■バイナリログの見方 実行されたステートメント 実

  • i-node調査

    i-node(Index Node) とは 簡単に言えば、ファイルの実体。 メタ情報(パーミッション情報など)と、データ(ファイルの中身)から成り、「i-node 番号」で識別される。 i-node番号には上限があり、この上限を超えるi-nodeは作成する事ができないため、i-nodeを使い切ると実際にディスクに空き容量があっても新規にファイルを作成できなくなる。 80%超えた場合は、削除対応をお

  • ApacheのupdateによるSSLの設定変更

    現象 apacheをupdateした場合にhttpが起動していなかった 原因 Apacheをupdateした場合、SSl.confが自動でインストールされて、 ポート重複エラーでapacheが停止。 そのため、SSL通信を複数のバーチャルホストで行う場合に必要な設定をする、 または、不要であればssl.confを読み込まないようにしてapacheの再起動が必要。 状況確認 [root](VM-GU

  • Cygwin64 Terminal

    WindowsでLinux(UNIX)のコマンドが使用したい場合にインストール! POSIXのシステムコールをシミュレートするDLLを核にして GNUツールをはじめとするUNIXライクなコマンドをコンパイルできるようにし、そのうえで数々のUNIXライクコマンドをコンパイル/パッケージングしたWindows上で動くUNIXライク環境である。 gccもviもemacsも動く! 勘違いしてはいけないのは

  • 暗号化と複合化

    復号化出来かつ安易に解読されない手法 ハッシュの作り方もMD5やSHAだけでなく、phpではpassword_hashというハッシュ化させてパスワードを返す関数がある。 本来、不可逆的なものだが、レインボーテーブルを使用したレインボー攻撃という方法によって、推測されうる平文とハッシュ値をテーブル化するため、解読自体には時間がかかるようですが、短時間で解読されてしまうようだ。 メモ 可逆的暗号化の方

  • PHPでのHTML フォーム (GET と POST)

    PHPでのデーター送信方法 HTTP通信というプロトコルでWebサーバーとクライアント(Webブラウザなど)がデータを送受信するときに使う。 GET form要素(タグ)のmethod属性がGET。 URLの末尾に「?」をつけ、「パラメーター名="値"」という形式でデータを送る。 URL自体は誰からでも閲覧可能。 データ量が制限されており、Internet ExplorerではURLに使用できる文

  • MySQLのコマンド

    コマンド一覧 接続されているスレッドの一覧 mysql> SHOW PROCESSLIST; 現在オープンされているテーブルの一覧 mysql> SHOW OPEN TABLES;  ストアドプロシージャの一覧 mysql> SHOW PROCEDURE STATUS;  ユーザー権限一覧 mysql> SHOW GRANTS;  クエリで発生した警告一覧 mysql> SHOW WARNINGS

  • VMware vSphere Clientでのスナップショットの取り方

    VMware vSphere(仮想化環境)とは VMwareESX/ESXiによる仮想環境と、管理機能を提供するVVMware vCenter Server等が存在する。 つまり、VMware ESXは仮想化そのものを行う製品である。 個々の物理マシンにインストールされ、仮想マシンの実行環境そのものを提供する。 VMware vSphere Clientとは VMware ESX/ESXiやvCe

  • 対象を指定してyum update

    対象packageのyum update 既にインストールされているバージョンの確認 yum list installed | grep 【対象package】 update候補を確認 yum check-update | grep 【対象package】 アップデート yum update 【対象package】 アップデートされたか確認 yum list installed | grep 【対

  • SVNのbranchesとtagsの作成

    概要 branchsとは 各機能の開発の作業場。 開発の別のラインに変更を隔離できる。 新機能が充分に安定したら、開発ブランチをメインブランチ(トランク)に マージ する。 ディレクトリ構成は下記の通り。 /branches/任意のブランチ名/対象のファイル tagsとは いつでも確実にビルドや環境を再作成するためのtag付け。 コミットも完了して区切りがついたときなどのいわば、決まったタイミング

  • バージョンやアーキテクチャの確認

    バージョンの確認 アップデート時のログも簡単に確認 ※「/etc/yum.conf」にyum関連のログ出力があるので要確認 /var/log/yum.log カーネル (下記いずれか) [root@ ~]$ uname -a Linux 【サーバー名】 2.6.18-411.el5 #1 SMP Mon Jul 11 17:13:52 CDT 2016 x86_64 x86_64 x86_64 G

  • Bashとは

    その前にシェルとは  ユーザーから見てカーネルを包んでいる貝殻(shell)のように見えることからそう名付けられた シェルスクリプトとは、シェルによって解釈実行されるスクリプト・プログラムである スクリプトの最初の行により、シェルの特定をする(実行パーミッション) Perl の場合 #!/usr/bin/env/perl Bushの場合  #!/bin/bush Sh(#!/bin/sh)とBAS

  • 改行コード

    改行コードとは  改行してカーソルを行頭に復帰する動作を指示するコードのこと 改行コードを意識する必要性  サーバとクライアントで OS が違うことはつまり改行コードも違う場合があり、一旦unix用の改行コードに変換する必要がある。 Windows で記述されたスクリプトでは改行が CR+LF だが、UNIXサーバでは LF のみで改行コードとみなされ、余分な CR によってエラーとなる場合がある

  • Notice: Undefined variable:エラー

    phpで頻繁に生じやすいエラー ※Noticeが発生するだけで処理速度が大幅に低下するので注意 下記の場合、$item_list が未定義のためエラーが生じる Notice: Undefined variable: item_list in YYY.php on line 6 ■エラー内容  定義していない変数を使用した時に発生するエラー ■発生現象例 foreach ($pass as $key

  • RewriteRuleの条件を設定

    .htaccess にてリダイレクトの設定 ■内容 【www.XXX.info】ドメインか、【XXX.info】ドメインでアクセスした場合、 全て【http://XXX.info】に遷移する ※画像なども含めて表示 ■修正箇所 RewriteEngine on RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.XXX\.info)(:80)? [OR,NC] RewriteCond

1 2