• swap領域残容量低下に伴う開放

    ■メモリキャッシュ解放しメモリ空確保 sync echo "3" > /proc/sys/vm/drop_caches echo "0" > /proc/sys/vm/drop_caches ※この時点でswap領域がメモリに含まれた場合、メモリ空き残量が大丈夫かを確認する必要がある →この時点でメモリが足りない場合は、 一番メモリを使用しているものを確認し、必要な場合はkill等の対応が必要な場