• 零2-2

    ※関連記事※ 零2-1 私はたまにリベラルと勘違いされる時がある。内緒だけど、ロジックの経緯はリベラルを模倣する時があったりする。結論は、円環の右側だけど、理論補強には、リベラルの用いる理論は転用可能だと考えている。その手法が間違いでも、私で終わる話なので私は全然構わないけど、リベと間違われるのは嫌かな。 でも先述の「再帰性」は、保守層にとっても使えるアイテムだと思う。 実は政権交代を迎えて、現実

  • 零2-1

    ついでに思想を思考してみる。 思想は何の為にあるのか。多分あまり触れることのないテーマだと思う。 2元的対立構造の時代も、その後のポストモダンの時代も、思想ベースで物事を思考することに慣れてしまっているから、初めから2極化ありきで、答えもそのどちらかに求められてきたように思う。 そもそもその「初めの一歩」を決めるのは、「感情」とか「好み」。自己判断が出来なければ、「社会関連性」だったりするわけで、

  • 思考を思考することは面白い。 暇な時で、頭に余裕がある時はよく「思考を思考」してみたりする。もともと「哲学」とかの基礎知識は殆どない。そのため余計に、思考に奔放さを与えているのかも知れない。 思考を支えるモノは、情報だと思う。情報は、私の中に初めから無いのだから、「記憶」ということになる。「記憶」も私の中に初めからないのだから、その前段階で「五感」を使った認知行動が必要になる。 日常における「認知