• 連日のいじめ報道

    福島を要因とするイジメ事件も心をものすごく傷めました。 小学生だから、残酷なことを平気でしてしまうのかもと思ったり。 (想像力の欠如・・・だからといって許されないですが) 小学生だから、いじめられた子のこころの傷の深さを思ったり。 それでも生きていこうという、強い意志にとても勇気づけられ すぐにヘタレる自分を猛省したりしていました。 そしたら、今回、こんな事件が。 もう、どうしてこんな事件が起こる

  • いじめっ子と顔を合わさなければならない・・・

    意図して会うわけではありません。 学校行事で、交流事業みたいなもので 塾でいじめてきてた子が通う小学校とその他複数校と なぜか交流事業があり 強制的に、顔をあわさなければならないのです。 他にも、同調圧力に負けて、一緒にいじめてた子たちとも。 もうすぐ。 一応、その日はお休みしようかと本人言っていたのですが 卒業アルバムに載せる写真撮りもあったり いろいろで 複雑な気持ちで参加をすることにしたそう

  • こんなに勉強する子だっけ?? :へたれ母

    うちの子、季節の変わり目にやられて 風邪っぴきになっしまいました。 なので、かあちゃん、心配な半面 内心 家で、温かくして、温かいもの食べて ゆっくりすればいいから 塾お休みして 一日一緒にいられると思っていました。うふふ。 ・・・ところが。その考え、あまかった・・・ 「今日はゆっくりしようね」 と声をかけたのですが、無視されました・・・ ばたばたと、塾の準備をして出かけようとしています。 そ、そ

  • 理不尽な想いは、どうやったら忘れられる?

    うちの子がいじめに遭った後、通う塾の場所が変わりました。 (参照:教育問題:「いじめから逃げた」途中経過① ) そのため、都心に行くようになりました。 (いじめの詳しい経過は、カテゴリータグ「いじめ問題」にあります) 初めは心配で、塾までついて行っていたのですが 夜逃げっぽいのでやめました。 (参照:教育問題:「いじめから逃げた」途中経過②) 今は、乗り継いで、一人で行ってもらっています。 なので

  • 読書雑記:子どもの「10歳の壁」とは何か?-渡辺弥生

    本読みたい意欲はあって、少しは読んでいるのに 書きとめておくのを忘れていたので 少しずつ、感想や思ったことを記録していこうと思います。 で、まずこの本。 ソーシャル・スキル・トレーニングの専門家。 近年の脳科学を基にした早期教育への懐疑など すごくわかりやすかったです。 中学受験をしている子どもの年齢が ちょうどこのくらい。 この本の通りに子どもが成長しているわけではないのだけれど いつまでも、「

  • 中受雑記:またはじまる「おじさん電車」

    娘がそう呼んでいます。 満員電車のことなんですが。 たばこやお酒の匂いのする人もいるらしく なんか、ちょっといやみたいですが 自分がその塾がいいので仕方がないと思っています。 塾の行きは空いているのですが かえりは満員御礼。 小学生が、おじさんに囲まれてしまいます。 ※無料イラスト 世の中変な人ばかりではないと思いつつ やっぱり、心配な母。 私が一緒に電車に乗ったって、結局おなじ。 おばさんが一人

  • 読書したい雑記:自分と世界ー「いじめ」を通して気がついたこと

    自分で立てた目標に向かって頑張って走ってる。 ただ走っている。 本当に自分自身で自分と戦っているんだなーって感じるよ。  「夜走りたい」と言い出して。 そんな時間があるなら勉強しろよと思ったけれど 本人がやりたい事だからと思って。 一緒に 後ろから自転車を漕いでいる。 かあちゃんなれない運動ですごくへとへとだよ。 でもひたすら走っているわが子の後ろ姿を見ていると 本当に1人で戦っているんだなって思

  • 教育問題:「いじめから逃げた」先にあったもの

    悩んでいたかあちゃん。 このまま、夏休み明けも、遠くのここに通った方がいいのか。 平日、自宅に戻ると、なんだかんだで22:30過ぎ。 すると、学校の宿題とかは、まあゆるいので、まだいいのですが 身体がつらいのには変わらない。 いいのかな?いいのかな? 子どもが「NN受けたい」というので申し込みました。 資格が取れたら、そっちに移ったほうがいいのかな? 結局とることができましたが、この時にはまだわか

  • 教育問題:「いじめから逃げた」途中経過②

    ※気づいていらっしゃる方もいると思いますが  少し時間をおいてから書いています。なので、夏休み前のこと、です。 娘がうれしそうに塾に通う姿をみて、ほっとしました。 ・・・のもつかの間。 これはたやすいことではなかったことに気がつきました。  逃げた先は都内某所。 そこに逃げたのは、一番子どもが安心して勉強できそうな環境だったから。 子どもの支えになりそうな人がいたから。 今は、何も聞かず、ただ子ど

  • 教育問題:「いじめ」もう一つの乗り越え方

    最近ほっとしたせいか、良く話してくれるようになりました。 この題名のことは、その話の中で親が感じたことです。 皆様、小学生の間で絶大な人気(?)の 「アイカツ!」ってご存知ですか? 本人、TVで見てもいないのに、それに支えられていたようです。 うち、基本、TVはニュース以外は決めたものを録画してみています。 (だいたいポケモンのみですが・・・) DSなどのタブレット端末もありません。 (※親はもっ

  • 教育問題:「いじめから逃げた」途中経過①

    別の場所で、勉強を継続しています。 前に、支えてくれた友だちにはお手紙を出しました。 きっと、急に行かなくなって、心配していると思ったので。 今まで通塾に20分ほどでした。 今は、1時間強かかっています。 なんだか時間がもったいないと思いつつ 高い月謝払って、まったく身にならないより、すごくいいです。 今まで、本当に行きたくなさそうだったのに 今はルンルン出かけています。本当に良かった。 安心感が

  • 教育問題:中学受験・いろんな意味での心の支えー習い事

    じつは、まだ。 一つだけ続けているものがあります。 それは・・・・・・小1冬からはじめた「そろばん」 ※無料イラストより 他の習い事は、ぼちぼちやめて そろばんも小6の6月の検定試験を最後にと言っていました。 すんごく無理して続けていました。 無理した部分は、またいつか。 塾の先生からも 「そろばんは甘くないから、6月でやめるように」 言われていました。子どももそのつもりでいました。 ただ、すごー

  • 教育問題:「中学受験は親の受験」-いじめを経験して考えた意味

    全く気がつかず 相手の親子の地雷(プライド)を踏んでばかりだったのもいけないなとは思います。 (※プライドを知らないうちに傷つけてたようです。   知っていても、私は太鼓持ちではないので   プライド高い人の気持ちを満足させる付き合い方をする気はありません。   (仕事上の関係ならやったかも^^;)   普通私的な関係なら、「合わないから」と   そっと離れていくものだと思ってました。) でも、「

  • 教育問題:「逃げるが勝ち!」-いじめに立ち向かい過ぎず

    よくよく考えると 相手にする必要のないことが分かってきました。 確かに、こういうことはよくあることだし そのたびごとに、逃げ出していては良くないと思います。 うちの子だって、きっとやったりやられたり。 それを繰り返しながら 少しずつ「承認」の練習をしていくのかなって思います。 「練習」の範疇に収まればよかったのですが 今回はもう、それをこえている気がしています。 大人(親)が出てきた時点でアウト!

  • 教育問題:いじめ問題をこえていきたいー友人の存在

    今回、しみじみ感じました。周囲にいる温かな人たち。 わけのわからない時に話を聞いてくれた学校の先生。スクールカウンセラー。 大騒ぎしたのにもかかわらず、きちんと話してくれた塾の先生。 そして、いつも相談に乗ってくれる近所のおばちゃん。 知り合いの専門家??の、心に突き刺さるくらい的を射るアドバイスも きっと、信頼関係の上での様な気がします。 (いや、誰にでも言うのかな?そう思いたくはないぞ!) (

  • 教育問題:未だ、いじめ継続中の親心と子心

    娘が、一瞬消えました。 ・・・というのも、塾に出たあと、塾に行っておらず。 電話がありました。 娘「頭痛くて、座ってて、30分以上たっちゃった」 母「今日は行かなきゃだめよ」 娘「・・・・・・」 母「わかった?」 娘「・・・はい」 ここ数カ月の休みがちがまだ続いています。 この日は、絶対に行くと約束してたのに・・・ そんな思いで、つい強く言ってしまいました・・・ その電話があった場所から塾までは徒

  • 教育問題:親子でいじめにあった時、の感想

    学校で話せたことで 家での行動や様子が変わりました。 校長先生やスクールカウンセラーさんの力ってすごいです。 数日後 すこしだけ、今の自分の気持ちを話してくれました。 勉強を、相手にふりまわされないように こつこつマイペースに頑張ってきたそうです。 「やられたから、やりかえしても仕方がない。相手にしない」と。 (とはいえ、子どもの精神力。そううまくはいかないです・・・  机に向かっても身が入ってい

  • 教育問題:親子でいじめにあった時の対応

    塾の出来事ですが 通っている学校の担任にも話しました。 最初、担任に話したのは かあちゃんが、もうどうしたらいいのか一人で分からなくて悩んでいたときに ふと、学校での生活は荒れていないか気になったからです。 後から、友人の小学校の先生に、話したことを話したら 「学校外のことは情報がないので、話してくれるとありがたい。  学校で様子がおかしいのは、学校外(家庭も含め)のことが結構あるから」 と言って

  • 教育問題:親子でいじめにあった時の相談

    なんだか、わけがわからなくなってしまいました。 どうして、こんなことをするのか、されるのか。 考えても考えても、わかりません。 ただ、知り合いの専門家??に話したら 「子どもが何も言わないのは  お母さんのことを守りたいからだよ。  大好きなお母さんが苦しむ姿を見たくないからだよ」 と言われ、涙があふれてしまいました。 私は、子どもを守れなかった親として ものすごく、自分を責めていました。 やられ

  • 教育問題:「LGBT(公開授業研)」から「いじめ」を考えた

    どことは書きませんが。 参加された方はきっとわかる内容になってます。 でも、こっそり「あ、あれね」と思っていてください。 アウティングはなしで(笑) 私が参加した分科会は「人権教育」 今年度は性的マイノリティ(LGBT)のことを扱っていました。 言い方はよくないですが、今はやりの話題です。 分科会に参加した感想は 性的マイノリティ(LGBT)の問題と言いつつも 広く「いじめ」の問題につながることを

1 2