• 『ひたすらに痛みの感情』

    これは軟禁だ ここから出られないようになっている しかしあの母親は無自覚であり、子供は愚か自らの存在さえ見つけられていない。 これは放棄だ。 私の意志は伝わらない。 なぜなら彼女には⌈私⌋も⌈あなた⌋も存在しない。 これは凌辱だ。 産み落とした子は、また自らと同じように⌈勝手に⌋⌈強く⌋生きていくのだと錯覚している。時代も変わり、人も社会も変わったというのに、何十年も前の自分の記憶が、未だ新しい世