• 未来旅行 お風呂の隙に

    陽菜ちゃんの美味しそうな写メールに安心した私はいつのまにかソファーで寝てしまっていた。 そして時間は11時過ぎである・・・・ 「コンコン!」ってドアを叩く音に、私は何も用心することなく誰が訪ねて来たかも確認しないでドアを開けてしまった。 実はこの時ホテルに泊まっていた意識もなく、物音に反射的に反応してドアを開けてしまったようだ。 よっぽど疲れていたに違いない。 すると美緒子さんがいきなり飛び込んで