• 私のせいで貴女は

    そういう周期なんかな。 痛みが少しでも和らいだかもしれない。 本来なら良いことのはずなんだけど。 貴女の存在が、私の中で薄れたみたいで嫌だ。 この二律背反がまた、苦しみの種なんだろうな。 どうしたらいいんだろうな。 困る。 最近困ってばっかね。 ばかね。 貴女の親族はこの間、二ヶ月経つのを早いと言った。 私にはとても長かった。一年ぐらいの感覚。 悲しみ、泣いて、無気力で、イライラして。 それが急に

  • 貴女の椅子

    今、私の部屋での定位置は貴女が座っていた椅子。 少しガタガタしてる。 座布団が三枚、ドーナツ座布団の上に重ねられて、 座ると重心が定めにくい、貴女がいつも座っていた椅子。 家にある二脚の椅子とテーブルは、ここに引っ越して来た時に買ったもの。 二人で行った島忠。 座り心地を確かめて、手触り確かめて。 二人で選んだ椅子とテーブル。 テーブルを挟んで二人はいつも一緒。 この椅子に座って、このテーブルで食

  • 煙草

    貴女は煙草が嫌い。 小児喘息で、今も、いや最期まで喘息持ち。 「小さい頃にちゃんと治してもらえんかったからや!」って怒ってたね。 そんな喘息持ちに辛いのが煙草の煙、ニオイ。 周りが想像するより辛い。 単に非喫煙者の煙草は嫌!以上に身体が拒否を起こす。 咳が止まらなくなる。呼吸が辛くなる。 そんな貴女だったのに、私は喫煙者だった。 それなのに私を選んでくれたこと、もっと感謝しなくちゃイケなかった。

  • 恨まれているかもしれない

    今まであまり考えてなかったけれど、 今日、いま、ふと考えた。 私は彼女のお父さん、お母さん、親戚たちから恨まれていないだろうか。 みんなからしてみれば、 私は唯一、彼女を助けることができた人間。 彼女を守ることができた人間。 いち早く気付き、対応することができた人間。 みんなからしてみれば、彼女が居ることができなくなってしまった原因は私。 お父さんもお母さんも、最初は、私もそうだったけれど、 パニ

  • 受け取り人のいない荷物が再び

    また来たよ、荷物。 郵便受けに入ってた。アマゾンから。 見た途端になんとなくわかった。 今日発売の、尾崎裕哉のCD。 部屋について貴女の写真の前で荷物を開けた。 そしたらやっぱり尾崎裕哉「LET FREEDOM RING」。 特典CD付きのアマゾンで予約してたんやね。 なんで聴かずに行ってしもたん。 なんで、なんで。なんで、ばっか。 それ以外の言葉が出てこないよ。 さっそく聴いたよ。涙が止まらんか

  • いま一番言いたい言葉

    愛している もっと言うときたかった。 大好きやで もっと言うときたかった。 けど今一番言うておきたかったんは ごめんなさい もっともっと謝っときたかった。 それが今一番の後悔。 貴女に謝罪を、懺悔をしたかった。 そして、できることなら赦してほしかった。 酷いことをしてきたもうた。そう思う。 えらい悲しませてしもた。そう思う。 泣かしてしもた。怒らせてもうた。泣かせてもうた。 ほんまごめん。ごめんや

  • どうして私はここに

    この文章は、以下の文章を書き終わってから書いてます。 この記事は全て単なる嘆きです。 悲しみ、辛さを吐き出してるだけです。 悲しみを共有する相手がおらず、辛さを吐き出す相手がおらず、 ここでしか吐き出せない。だから、そのままアップします。 書いて、決してじゃ吐き出した事にならない。 公開して、はじめて吐き出した気がする。 気持ち悪い文章だけが続きます。 不快を覚えた方、申し訳ありません。 ****

  • 人間関係と悪妄想

    昨日、仕事のことでゴタゴタがあって以降、心がざわつき続ける。 喜怒哀楽どんな感情であれ高ぶると、心の中が波立つ。 そうすると、心の底に沈殿していた感覚や想いが撹拌される。 その時に興った感情とは全く関係のない感情が盛んになる。 怒の感情がうずまいていたはずなのに、 そのせいで悲しみまで心の中、広範囲に拡がり散らばり、 色んな感情が混ざり合って、心の舵が取れなくなってしまう。 あるスタッフへの怒りが

  • ごめんなさい

    我が家のルールは 悪いことをしたら その日のうちに ちゃんと謝る。 これはすごく難しいです。 私が子供の時は 全く言えませんでした_(:3 」∠)_ 長女も二年前までは 全く言えませんでした。 でも 今日は6時間の無視タイムを経て 自分からちゃんと謝れました(。´Д⊂) 寝る時間になってから ずっと 謝ろうという気は伝わってくるものの 一向に謝れない長女 1回などは 「ごっごっっほぼぇっっ」 緊張

  • 毎朝の務め

    朝起きる。今日も何もない一日。 どれだけ早く起きても、貴女を救えない一日。 あの日、あと30分だけでも早く起きていたら。 最近は布団がベッドからずり落ちて、寒くて途中目が覚める。 あの日も寒くて早く目が覚めていたら。 あの日、目が覚めてベッドから出るまで、 眼鏡を探すのにてこずっていなかったら。 私がもっと目が良くて眼鏡なんてかけていなかったら。 前の日、どれだけ疲れていても 貴女の話を聞いていた

  • 一日が長い

    ねぇ、貴女。 なんでなんやろな。 今日は古本まつりに行こうと思ってた。 少しは気分転換した方がいいやろし、 その方が時間がすぐ過ぎるやろうし、 やっぱ太陽の下を歩きたいなと思ってたから。 けど、今日になったらそんなことする気にならへんよ。 趣味の古本収集、やる気も起きひんし、興味がおこらん。 ねぇ、貴女。 貴女がいる時には、一人で出かけてみるのも楽しかった。 ケンカを減らす方法やとも思ったし、 気

  • どうしよう。

    希死念虜が止まらない。 死にたい。死にたい。死にたい。死にたい。死にたい. 消えたい。消えたい。消えたい。消えたい。消えたい。 何を考えていようと、何をしていようと、 その後ろでずっとつぶやき続ける。 知ってる。 そういう時期なだけ。 お酒が足りない。お酒の許容量が少ない。 気持ち悪くなる。けどまだ心が残ってる。 悲しみに支配される。 お酒が足りない。 昨日の夜から急に、また涙が流れ出す。 悲しさ

  • どこか知らない世界では

    色んな人の色んなブログや記事やらを読み耽る。 楽になる訳じゃないけど、 同じように悲しみに暮れている人がいるという事実が ほんの少しは慰めになる。 共感という安心。 私も誰かのためになっているのかしら。 そんなブログ群の中に、パラレルワールド や、それに類することについて書いているのがあった。 判断の数だけ、可能性の数だけ並行世界は存在する。 そんなのや、シュレディンガーの猫的な 観測するまでは、

  • 仕事のスピード

    昨日から、貴女の不在が身体中を満たす。 つま先から頭のてっぺん、指の先まで。 全身痺れるような感覚。 身体の隅々まで巡っている血液の流れが 急にその速度を速めたかのように、 感じるはずのない血流の重さをずっしりと感じてしまう。 不在、不在、不在。 居ない、居ない、居ない。 家に居ない。 外にも居ない。 どこにも居ない。 繋がれない。想うだけ。想われない。 心の中には居るのだろうか。 ねぇ、貴女。

  • どうしようもない

    どうしようもない悲しみがわき上がる。 泣いてはおさまり、おさまっては泣く。 男泣き。声を出しておいおいと泣く。 貴女の名前を呼びながら、子どものように泣く。 久しぶりに来た大波。 コンビニ弁当を暖め、食べながら。大泣き。 少しの間泣いて、おさまり、また少しして嗚咽が出る。 近所にも聞こえそうな大きな声で。 大の男が、気持ちの悪い嗚咽を、大きな声で。 貴女よ、貴女よ。 こんなにも嗚咽を漏らす、涙を流

  • いい加減にお酒は控えたい

    他の人に関しては、お酒を飲む事が逃げだとは思わないけど、 自分の場合は完全に逃げだと思ってる。 感情に振り回されるのが嫌で、お酒を飲む。 楽しくなっちゃうことはないけど、感覚が麻痺する。 何も考えなくていいように、時間が勝手に過ぎて行くように お酒を飲む。 一日何回もブログを更新してみる。 書いている内容は一緒。「今、私は辛い」 みんな辛い。ただ、人の辛さは私の辛さに関係ない。 私の辛さも他の人に

  • ひとまず安心

    酒が回る、回る。 家に帰ると、酒を飲み始める。 決して強くはないけれど。 時間を忘れるために。今日が過ぎ去るように。 それでいま、ようやく明日になった。 心は鈍り、感情が消えていく。 頭はバカになり、悲しいことも楽しいことも考えない。 十年前の、一人きりの生活に。感覚を無理矢理シフト。 それでも怖いから。 テレビはまず音を消して、静けさになれたらようやく映像を消す。 静寂が怖いから。 そしたらよう

  • 「ごめんなさい」と「ありがとう!」

    年が明けても、お祝い気分じゃない私。 お年賀は、大人のご挨拶状?社交辞令だから、仕方ないけど。 メールやLINEでお祝いが届くが、「今年もよろしく。」としか、返さなかった。 ヒデちゃんとのことを知ってる人は、「2017、今年もよろしくね!」って。。。 ちょっとした心遣いが嬉しい。。 ヒデちゃん消えちゃっても、周りの人には関係ないんだよね〜放っておいても年は開けるしね。 私の心の問題を、人のせいにし

  • ごめんなさい。

    ダイエット21日目とまとめですが、諸事情により今日は休ませて頂きます。 大変申し訳ございませんm(_ _)m ご理解のほどお願いします。 明日まとめてやるので、本当にごめんなさいm(_ _)m