• 第一志望が不合格だった場合

    大学受験で第一志望に不合格だった場合、後期でY大学の受験を勧めていました。 しかし、息子は乗り気ではなかったですね。 なぜか家内も乗り気でない。 とすると、合格した私立に行くしかないですね。 そして私立含めて全落ちだった場合は、浪人するというのが、当たり前の既定路線。 予備校も決めていました。 そして、2年目は、もうひとつ難易度を下げた大学を含めて受験させる。 それでも全落ちなら二浪。 二浪時には

  • 塾の利用方法を変えていたら

    息子が中学受験・大学受験を経験するなかで、数多くの「たられば」があったように思います。 中学受験での塾の利用がその一つです。 息子が通った塾は現在でもかなりガンガン勉強させる大手塾のようですが、他の塾に通っていたらどうだっただろうかとは考えたことがありません。 まあ、そんなに変わらなかっただろうと予想がつきます。 変わった可能性があるとすると、通塾年数ですね。 息子の場合は、1年足らずの通塾で、第