• 3回目のデート その4

    ゆっくり流れるゴンドラに、二人合わせて素早く乗りこんで向かい合って座った。 一週間前も2人で観覧車に乗ったばかりなのに・・・ 「こんな観覧車2週連続して乗るカップルなんて、どこにも居ませんよね〜」 な〜んて話しながら向かいあっていた。 景色はとても視界が良く遠くまで見透せた。TDLはもちろん房総半島、新宿都庁も見渡せた。 案の定、先ほどの水を得た魚のようなイキイキとした美緒子さんの姿はなく、私を直

  • 美緒子さんと初デート その7

    観覧車の1番てっぺんで、美緒子さんにキスしてしまった。 しばらく会話がない時間が続いたが、二人は寄り添い座っていた。 いつの間にか、肩が触れ合い右側に座った私はそっと右手を彼女の太腿方向に添えた・・・自然に彼女の左手も添えられ、いつの間にかしっかり握りしめあっていた。 ずっと無言が続いたが、まったく気まずさは無かった。 まるで二人とも、この状態を当然のようにように・・待ってたかったのように思えた。

  • 美緒子さんと初デート その6

    もうすぐに目の前に観覧車がそびえ立っていた。 なぜその時、乗ろうなんて思い立ったか? もちろん計算された戦略などなにもなかった。 高速からずっと観ていて景色が良さそうだと感じたのもきっかけだが,少し暖まったカラダを、また外に連れ出すのもどうなのかな?・・って迷いながら・・・でも観覧車へと向かった! 「最近観覧車乗りました?私はまったくいつ乗ったのか思い出せません。美緒子さんはどうですか?」 「私も