• さあ、土づくりだ

    秋の忙しさからホッと一息 今年の冬の冷え込みはどうだろう?・・・と 薪ストーブの準備のことも考えながら 山仕事を始めました。 まずは山芝刈りです。 木々の紅葉と同じように、 山芝も紅葉です。 周囲の景色、 秋から冬の装いに変わろうとしています。 空気も爽やか。 おいしいです。 昔の芝刈りは、 稲刈りの前だったそうです。 確か、 「芝の葉が落葉しないうちに刈り取るんた。」 と言っていたなあ。 芝の栄

  • ブドウジュースと三升漬け

    寒い日が続いてます"(-""-)" 先日お隣さんからたくさん自家製ブドウをいただき食べきれずw そしてお友達から青なんばんをたくさんいただきました。 なので ブドウはきれいに洗って 煮て こして、お砂糖とレモン汁をいれて10分ほど煮詰め ぶどうジュースにしました。熱いうちに熱湯消毒したビンに入れて保存 炭酸やお水で割っていただきます。 青なんばんは小さく刻んで 三升漬けに 3週間ほどで食べれます。

  • 帯広 池田ワイン城

    CIAO♡ いつも読んでくれて感謝です o(⁎˃ᴗ˂⁎)o 前回は美瑛の青い池でした( ˆᴗˆ ) 本日は帯広の池田ワイン城です。 40種類位のワインに 池田町でしか 買えないワインも そんな池田ワイン城を 紹介します(*´・ω・)(・ω・`*)ネー♡ 池田ワイン城の正式名は 「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」 池田町だけの品種 【清舞】【山幸】 秋には収穫されて 十勝ワインが作らる♡      十

  • お彼岸ですね。

    みなさん こんにちは お彼岸ですね。 ご注文iいただいたブドウはお手元に届いたでしょうか。 常温で一週間以上日持ちしますから、 ゆっくり召し上がってください。 お届け先から嬉しい便りが 「美味しい・・・ 「立派な・・・ 「癒され・・・ 「このお値段でいいいのですか・・ などなど。熟期が遅い瀬戸ジャイアンツのセットが 気になっていたのですが、うれしいお便りに安堵しています。 ありがとうございました。

  • 荷造りが楽しい。お彼岸の中日までにと、ブドウの発送

    ブドウのご注文、ありがとうございます。 三品種以上ということで、実際には四品種組み込めました。 中身はこれ!! ・安芸クイーン ・オーロラブラック ・ニュー ピオーネ ・瀬戸ジャイアンツ←←私は、丸ごと口に入れてもぐもぐ、            残った皮をぽいっと。 今年は、 ◎大粒で、種無し。 ◎4つの種類をミックス・・・熟期が一ヶ月近く幅のある品種      だけど、日持ちの良さでミックスが実

  • 秘蔵❢❢ ”南蛮キセル”

    ブドウのご注文いただいたみなさん、 ありがとうございます。 発送は予定通り18日と19日に行います。 さて、今回は 自生の”南蛮キセル” 最近ではほとんど見かけなくなりました。 田舎の一軒家では大切に見守っています。 草刈りしてやりますが、 そのタイミングがあるようです。 除草剤なんてとんでもない。 ダメですよ。 小さな山野草ですが、愛らしい姿に見入ってしまします。 ここでお願いがあります。 「山

  • 田舎の風物詩。 さあ、ブドウは間もなく収穫

    気になる台風18号 今年のブドウは大粒、しかも残暑が続いたため 着色が遅れていますが、 ようやく、来週にはお届けできそうです。 ご注文頂いたみなさん、おまたせしています。 あと一週間です。 おッと・と・と、 今日は田舎の風物詩、 稲の架け干しです。 最近、忙しくっって 魔法の筆さんも描いてくれているでしょう。 これはモチ米です。 昔ながらの風物詩、 懐かしいでしよう。 それから、 チョッと、これ!

  • 真夏の、あの灼熱処理、その効果は

    みなさ~ん 残暑や長雨が落ち着いて、 ホッとしましたね。 思い出してもスゴイ暑さの毎日でしたね。 そんななか、田舎の一軒家では真夏の太陽のエネルギーを 有効に利用しようと、 灼熱処理をご紹介しましたね。 植え床をビニールで覆って、70℃以上の高温の環境ずくりです。 土壌の活性化と同時に線虫退治です。 これはその後に植えたキュウリです。 ネットがあってわかりにくいですが立ち姿は三角形、 勢いがあるで

  • アレッ・・・✿かな?

    なんだか、あのあたり 黄色い✿が咲いている? 近づいてみると、 パプリカじゃないですか。 鮮やかな、 でっかい黄色のパプリカでした。 さっそく撮影して、 魔法の筆さんに、ピ・ピ・ピと どんなパプリカになるかな。 さて、田舎の一軒家では 岡山ブドウの収穫期を迎えました。 1年を通じて最も晴天日の多い岡山のブドウは、 大粒、種無し、糖度が高いです。岡山中央卸売市場の市況を見ると、「岡山だな」と 岡山ら

  • こんなにジャンボ・・オクラ

    ふと畑を見ると大きな葉が 縦40センチ、横40センチくらいの大きさです。 その幹には10センチくらいの大きな薄い黄色の花。 これがおなじみのオクラの花です。 いつも食べているオクラは何処にあるのか? ありますね。 先端の、その中心部にチョコンと付いています。 実感と調和していないな~ と思いつつも、 街では見かけないのではと、 魔法の筆さんにと さて、田舎の一軒家では岡山ブドウのご注文を お待ちし

  • 季節の果物を激安で

    こんにちは! 9月に入って急に涼しくなりました。 さて果物大好きですが、今年は果物が高くて困っていたのですが・・ 先日天神(福岡で1番の繁華街)で1箱580円(大きなの5房入り)の ぶどうを買いました.。写真は1房分で重かったです(笑) 福岡産種なしベリーAでつるも緑で新鮮で美味しかった~🎵 近所のスーパーでは1房で580円くらいします。 バス代往復800円かかっても買いに行く価値ありです。 ま

  • 唯子さん☆今日はママと映画を観に行きました♪

    唯子さん 今日はママとお出かけです♪ 映画館に連れて行ってもらっています どんな映画を観るのでしょうか? ・ ・ ・ 唯子さんのクローゼットです 夏休みが始まる頃は ちょうど良かったサイズのお洋服が 夏休み明けには 小さくなっているものが 数枚・・・・ 唯子さん 見た目にも 少し大きくなっているような気がします どちらかというと 横に大きくなったような・・・・・ 横に大きくなると 次は縦に伸びるは

  • 収穫は間近に

    小雪の降るなかでの芝刈りがら やっとその実りの時期になりました。 フムフム・・・ 少~し熟期が遅いシャインマスカットも 粒が大きく、柔らかくなっていますね。 ピオーネはやっぱり、ブドウらしい色合いです。 真っ赤になってくれない安芸クイーン。 でも、独特の渋みと甘みは順調そのもの。 コロ~として、 次世代のブドウとも言われる オーロラブラックだ。 薄皮で皮ごと食べたい 瀬戸ジャイアンツも甘みが高く

  • あと半月先に

    朝の気温は22℃。 お昼は30℃を越えているのかな? 夕方には飛行機雲が東から西へ スーと流れています。 朝夕の寒暖差はブドウの甘さに大事です。 つい先日は台風対策に支柱を、 カラス対策の網張り、 いつの間に、孫つるが・・・ ◎カラスから守る網 ◎日差しが入るように枝の整理と、 孫つるを除去して果実に無駄なく栄養を。 ◎防風ネットは大丈夫? 孫つる除去と合わせて、下草刈りも。 春先の敷芝、枝の誘引

  • 昔のブドウは強かったな~

    昨年の春に芽接ぎしたブドウ、 今年もグングン伸びていました。 ところが・・・ どうしたものか いつの間にか枯れてしまいました。 来年には数房でもできるかな~と 願いは届きませんでした。 大粒種のブドウは弱いです。 糖度が高いと、どうしても無理が来るのでしょうね。 これから、というときに突然、 新植だと、 植えてから4年目にやっと結実させるのに・・・ そう思うと、ブドウさんも頑張ってくれているんだな

  • ドキ・ドキしながら

    雨上がりの朝、 気になるブドウの様子。 各地で施設栽培のブドウが出荷の最盛期ですが、 わが家はあと一ヶ月後のことです。 そんな今の姿をと、 袋を外してみました。 ドキ・ドキです。 早く着色すると味がのってきません。 どれもいい感じでした。 ◎安芸クイーン  パリッと弾け、甘さと独特の渋みを 楽しめる赤色のブドウで、食べごろは8月末~9月上旬でしょう。 ◎瀬戸ジャイアンツ  皮ごと食べてもいいと定評

  • ちょっと早いけど・・・

    7月からアイコンをブドウに。 まだ、早いですか? アイコンは岡山で最も生産量が多い ピオーネです。 黒色のブドウも緑色のブドウも 今はよく似ています。 ジャーン オーロラブラック ◎大粒の黒色ブドウです。歯ごたえがり、甘さ、日持ちの良さが好評。 黒色ブドウは岡山ではピオーネとこのオーロラブラックが人気です。 平成の初めまでは”巨峰”がよく知られていましたね。 瀬戸ジャイアンツ ◎緑色の大笠種。さっ

  • 大きな葉をたくさん育てて

    レモネードさん、園芸大好きさん こんにちは 枝や葉はどうするの? とお尋ねがありました。 まずですね、 枝先は、花が咲く頃までには全部摘心して、 先端まで十数枚大きな葉になると、 房に栄養が集まってきます。 また、枝はしっかり誘引して、 脇から出てくる芽や巻きツルも 全部取ってやりましょう。 スッキリしました。 先端の葉も大きくなってきますよ。 あらあら、二番果も、 取ってやりましょう。 とっても

  • しっかり手がかかります

     家庭で園芸を楽しまれるみなさん、 色々いじることって気持ちがいいですね。 今日はブドウの粒間引きのご紹介です。 「レモネードさん、見てくれてる?」 放置しておくと、 房はとんでもなく大きく、また長く とんでもないことになるので、 ギュットと引き締めましょう。 ということで、花が咲く前から花穂を切りつめますね。 それだけではダメ。 粒が多すぎ。 「じゃあ、いくつにするの?」 と聞かれて、 さあ、困

  • 弾ける・・ブドウの花・✿・花・✿

    バチッと 弾けたような✿ これがブドウの✿です。 咲く順番は、 先に咲くのは木の幹に近いところ、 だから食べるときに一番甘いのはここ ということになりますね。 このブドウは、中粒種ですからほぼ同時に咲きました。 また、香りの楽しめる品種もあるんですよ。 その一つが”安芸クイーン”。 大粒で薄赤色、パリッと弾ける、甘さと独特の渋みも 楽しめるブドウです。 甘くて優しい香りが漂います。 この香りがブロ

1 2 3