• 一角獣の像とこの世の果て

    僕は本を閉じ、外を眺める。 色彩を持たない、この世界の空の果てがどこなのか想像しながら。 僕の半分は君で、君の半分は僕で出来ていて。 そんな事も知らずに生きているから、また大切な事を失って。 失ってから気付くのは何故?いつも、どうしてそうなのだろう。 影に映りし残像が、誰かと重なるその日まで。

  • 二重国籍に関する問題と云う物は

    その自ら属する共同体に対する考えや意識の問題。 ちょっと、変わっているのだよね? 今度の民進党の新しい代表は、 この先。 ある女性が野党第一党の代表になった事で 騒ぎが起きるかもしれない? 良く解らないのだけれど これから先。 訪れる女性の時代と云う物は、 今迄。 男性社会で成り立っていた。 古い時代に変で面白い事を起こしてくれるかもしれない? 大変。大変。 興味深いよね? これから先。 訪れるで