• バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート

    【概略】 失恋を繰り返していたマーサは、伝説の殺し屋・フランシスと恋に落ちる。マーサは彼と行動を共にする中、次第に殺し屋としての素質に目覚めていく。 アクション .0★★★☆☆ 手に入れたのは、理想のカレと暗殺能力!? ラブアクション。ダメ男ばかりと付き合い、失恋を繰り返すちょっと変わった女の子マーサと、“理想の男"フランシス。アナ・ケンドリックとサム・ロックウェルがそれぞれを演じ、彼が人殺しが許

  • 霊幻道士 こちらキョンシー退治局

    【概略】 露店がひしめき合う香港。市民の生活を陰ながら支える普通の街の清掃局。しかし、それは仮の姿で、そこは街に現れるキョンシーに絡んだ事件を密かに処理し、退治する政府管理下の秘密組織・キョンシー退治局だった。 アクション .0★★★☆☆ キョンシー!!なぜ今頃!(笑)でも嬉しい! キョンシーアクションや法術アクションが少ないのは残念です。ラブコメ要素が中心ではあるのですが、近年リリースされたホラ

  • おじいちゃんはデブゴン

    【概略】 拳法の達人・ディンは認知症の初期症状に悩まされていた。しかし、彼が唯一心を許す隣家の少女・チュンファに危険が迫った時、ディンの必殺拳が炸裂する。 アクション .0★★★☆☆ おじいちゃんを怒らせないで! デブゴンなんてタイトルがついてますけれどね、いや、知らない人には「プッ(笑)」かもしれませんが、サモ・ハンことサモ・ハン・キンポーのカンフ-・アクション映画なんですよ。その昔「燃えよデブ

  • ウエストワールド

    【概略】 バカンスを楽しもうとレジャーランド「デロス」を訪れたマーティンたち。だが、ロボットたちが突如人間に反乱を開始し…。 SF .5★★★☆☆ 「ジュラシック・パーク」をロボットにおきかえたかのような…と思ったら、原作が同じマイケル・クライトンで監督もやっていたらしい1973年の作品です。 人間や動物にそっくりのロボットを用い、古代ローマ、中世ヨーロッパ、そしてアメリカ開拓西部の3つの世界を再

  • ダンケルク

    【概略】 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミーら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソンは息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリアが、数的に不利なが

  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

    【概略】 “スタンド”と呼ばれる特殊な能力を持つ高校2年生、東方仗助。彼が暮らす杜王町は、緑豊かで平和な町。ところが最近、謎の変死事件が続発していた。それは凶悪なスタンド使いアンジェロの仕業で、ある事件をきっかけに仗助に対して激しい憎しみを抱くようになる。そんな中、仗助の前に承太郎と名乗る男が現われ、仗助は実の父親を巡る秘密と、奇妙な事件の背後に蠢く凶悪なスタンド使いたちの存在を知ることに。やがて

  • 関ヶ原

    【概略】 幼くして豊臣秀吉に才能を認められ、取りたてられた石田三成は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていた。そんな三成の下には、猛将として名高い島左近や伊賀の忍びの初芽らが仕えるようになるが、秀吉の体調が思わしくないなか、天下取りの野望を抱く徳川家康は、言葉巧みに武将たちを自陣に引き込んでいった。そして1598年8月、秀吉が逝去。1600年9月15日

  • エアポート2017

    【概略】 夫と喧嘩してひとり旅に出たドナは、飛行機でL.A.に戻る途中だった。だが着陸間近、CAが不審なテープを発見。そこには、高度500フィート以下になると機体が爆発するというテロ予告が吹き込まれていた。 パニック .0★★☆☆☆ あれ、エアポート2016って無くなかった? 飛んだ?飛行機なだけに。 新婚の妻ドナは夫が新婚旅行中に仕事で3日も放っておかれる事に激怒、単身帰宅しようと飛行機に乗る。

  • アサシン クリード

    【概略】 死刑囚カラム・リンチは、遺伝子操作をする装置によって祖先の記憶を追体験する。カラムの祖先はルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団の一員で、人類支配の力を持つ禁断の秘宝のありかを知る、歴史上最後の人物でもあった。現在と過去を行き来する中で、カラムは人類の未来を左右する戦いに身を投じていく…。 アクション .0★★★☆☆ 遺伝子の記憶にダイブせよ! アクションゲーム「

  • キングコング:髑髏島の巨神

    【概略】 神話の中にだけ存在するとされた髑髏島に潜入した調査隊一行。だが、そこには巨大なキングコングが潜んでいた。 アクション .5★★☆☆☆ うーん、個人的にはやはり以前の「キング・コング」に軍配があがる~~あれと比べちゃいけないとはわかっているんだけどさ~~。単なる怪獣映画だから仕方ないのかもだけど、ゴリラらしくない直立体勢をとるコングとか、表情もさほど豊かではないし、男前度もないんですわ…。

  • 修羅雪姫

    【概略】 現在とは時間も空間も異なる、どこかの未来。冷酷な暗殺集団の中で育った刺客の雪は、自分の母親が一族の長に殺されていたことを知り、独り反旗を翻し、裏切り者として追われる羽目になる…。 アクション .5★★☆☆☆ アクション監修が我らがドニー・イェン、そして音楽が川井憲次氏、という事で、「ふじき78の死屍累々映画日記・第二章」のふじき78さんに教えてもらった作品。存在は知っていましたが、今まで

  • モーガン プロトタイプ L-9

    【概略】 人工生命体のL-9・モーガンが研究者を襲う事故が発生する。調査のためにリー・ウェザーズが派遣されるが、モーガンが心理評価中に混乱し始め…。 SFアクション .0★★★☆☆ 究極生命体「彼女(それ)」は完璧なはずだった―。 人間が生命体を作るも、その生命体が人間を超えて…といったある意味普遍のSF。 兵器目的で造られた少女、彼女を中心に話は進むんですが、序盤は説明的な展開ばかりで…。短尺な

  • X-MEN:アポカリプス

    【概略】 数千年の眠りから目を覚まし、人類の堕落に怒りを募らせて世界を滅ぼし始めたミュータント・アポカリプスを止めるため、X-MENが集結する。 SFアクション .0★★★☆☆ プロフェッサーの毛根死滅の原因が本作で明らかになりますが…前作で「おれ、将来ハゲるのかよ…」と思った(はず)のプロフェッサーの大事な頭髪が、アポカリプスによる拉致からの体のっとり途中の生命の代償としてというのは驚き。歳を取

  • アンダーワールド ブラッド・ウォーズ

    【概略】 勢力を強めたライカン族の猛攻により劣勢に喘ぐヴァンパイア族に呼び戻されたセリーン。彼女は行方不明の娘・イヴのため、戦いに身を投じる決意をする。 SFアクション .0★★★☆☆ 前作で「製薬会社とか人間とかなんだかバイオハザードっぽい…。」と記していた自分ですが、やはりその感は続いていて。ダークな世界観が魅力なシリーズですので、なんだかもう興味が削がれてしまってて。これも締め時を見失ってい

  • キング・アーサー

    【概略】 王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かう。 アクション .5★★★☆☆ 映画館鑑賞。 スラムのガキから王になれ! 腹に響く重低音の音楽がとかく心地いい作品でした(劇場の音響だから余計に良かった、ほんと腹に響く!)。スタイリッシュだと思います。「コードネームU.N.C.L.E.」ほどではないが、「シャーロック・シリーズ」よりも個人

  • サバイバル・ソルジャー

    【概略】 気の弱い会社員クリスは、いつも同僚に虐められていた。ある時、クリスの勤める職場の社員全員が大自然の只中へ送り込まれる。変わり者の元海軍兵士ストームの指揮下で、体力と精神力のトレーニングを受けることになったのだ。ところが、教官のストームが野生のトラに襲撃され行方不明に。ボーイスカウト経験者の気弱なフィルがリーダーとなるが、残されたメンバーはまとまるどころか大混乱に。果たしてフィルは全員をま

  • 真田十勇士

    【概略】 関ヶ原の戦いから14年。名将として世間から尊敬を集めていた真田幸村。しかし、実は気弱な腰抜け男の幸村はある時、猿飛佐助と運命的に出会い…。 アクション .0★★★☆☆ がっかりです。スペクタクル大作とか書いてる割には正直微妙な作品です。時代劇を求めて鑑賞するとがっかり加減が半端ないと思います。最近の映画とかドラマにありがちではあるんですが、合戦が描けてないし、エンタメと言う事にするにはな

  • サドンデス

    【概略】 謎の組織が主催する女たちの“サバイバル・ゲーム”。光も届かない独房に収容されているのは、ボクサー、武術師範、ケンカ屋など50人の女たち。彼女たちは閉ざされた闘技場へ連れて行かれ、ゲームに大金を賭けるセレブたちが見守る中、1対1のバトルを強いられる。勝利者だけが生き残り、闘いを拒否すれば、最愛の者の命が奪われ…。 アクション .0★★☆☆☆ ドキッ★女だらけのサバイバル・ゲーム! てっきり

  • ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー

    【概略】 巨大組織の陰謀に嵌められ、暗殺予定者リストに入れられた元CIA捜査官・ローガン。生き残るために捜査を始めた彼は、組織に娘を誘拐され…。 アクション .0★★★☆☆ アーロン・エッカートさん主演。アーロンさんアクションも出来るんだと驚き。まあキレはそんなにないですが。 多少地味ではありますが、そこそこ面白かったです。「96時間」や「ボーン・シリーズ」などをイメージした作品類かな。 舞台はベ

  • ザ・タウン

    【概略】 銀行強盗を稼業にしているダグ。彼はある時襲撃した銀行で、止むを得ず支店長のクレアを人質に取って逃走を図るが…。 アクション .0★★★☆☆ ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕は良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わったクレア

1 2 3 4 5 ... 34