• 邪神拳

    【概略】 大学教授のシャンは何者かに目の前で教え子を殺され、警察に容疑者として追われる。犯人の手掛かりがカンボジアの黒風族にあることを突き止めた彼は、邪神復活を目指す敵との闘いに身を投じていく。 アクション .0★★★☆☆ 香港映画のいい加減ぶりは知ってたつもりだけど、これはなかなかに異次元レベルの作品であった。悪魔と素手で闘う大学教授の姿を描いたアクション映画なんだけど…物語は、 わけがわからな

  • グレートウォール

    【概略】 世界中を旅するウィリアムは、万里の長城で伝説の怪物・饕餮に遭遇する。饕餮から世界を守ろうとする戦士たちの精神に心を動かされたウィリアムは、共に戦うことを決意する。 アクション .0★★★★☆ そうかーなるほど、饕餮(とうてつ)かぁ~。ま、へんに新たなクリーチャー作るよりは中国古来の妖怪もってきたほうがいいわな。ただ万里の長城が舞台で、そこがとてつもなく長~~~いってところは無視…。まあ饕

  • ダンケルク

    【概略】 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミーら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソンは息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリアが、数的に不利なが

  • イップ・マン 継承

    【概略】 1959年。好景気に沸く香港は、その一方で無法地帯になりつつあった。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、静かな達人、イップ・マンは立ち上がる。 アクション .0★★★★★ 宇宙最強のドニー・イェン主演による「イップ・マン」シリーズの第3弾。待っていたよぉおおお!!!最高のカンフー映画!川井憲次さんの楽曲がまた盛り上げる。 しかし正直なところ、家にあるという事

  • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

    【概略】 “スタンド”と呼ばれる特殊な能力を持つ高校2年生、東方仗助。彼が暮らす杜王町は、緑豊かで平和な町。ところが最近、謎の変死事件が続発していた。それは凶悪なスタンド使いアンジェロの仕業で、ある事件をきっかけに仗助に対して激しい憎しみを抱くようになる。そんな中、仗助の前に承太郎と名乗る男が現われ、仗助は実の父親を巡る秘密と、奇妙な事件の背後に蠢く凶悪なスタンド使いたちの存在を知ることに。やがて

  • 関ヶ原

    【概略】 幼くして豊臣秀吉に才能を認められ、取りたてられた石田三成は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていた。そんな三成の下には、猛将として名高い島左近や伊賀の忍びの初芽らが仕えるようになるが、秀吉の体調が思わしくないなか、天下取りの野望を抱く徳川家康は、言葉巧みに武将たちを自陣に引き込んでいった。そして1598年8月、秀吉が逝去。1600年9月15日

  • エアポート2017

    【概略】 夫と喧嘩してひとり旅に出たドナは、飛行機でL.A.に戻る途中だった。だが着陸間近、CAが不審なテープを発見。そこには、高度500フィート以下になると機体が爆発するというテロ予告が吹き込まれていた。 パニック .0★★☆☆☆ あれ、エアポート2016って無くなかった? 飛んだ?飛行機なだけに。 新婚の妻ドナは夫が新婚旅行中に仕事で3日も放っておかれる事に激怒、単身帰宅しようと飛行機に乗る。

  • アサシン クリード

    【概略】 死刑囚カラム・リンチは、遺伝子操作をする装置によって祖先の記憶を追体験する。カラムの祖先はルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団の一員で、人類支配の力を持つ禁断の秘宝のありかを知る、歴史上最後の人物でもあった。現在と過去を行き来する中で、カラムは人類の未来を左右する戦いに身を投じていく…。 アクション .0★★★☆☆ 遺伝子の記憶にダイブせよ! アクションゲーム「

  • 銀魂(3回目)

    はい、甥っ子と3回目観てきました。 3回観ても飽きないって凄いね。もうセル盤買うしかない? 同じ所で腹筋割れそうになるわ。 じゃれあいパンチから本気どつきとか もうね…。 隣で甥っ子がもう頻繁に口押さえて笑ってるものだから 伯母さんもつられて笑っちゃったよ。 1回目の感想はこちら 2回目の感想はこちら ベタなんだけど近藤さんが「あら~~~~」と落ちていくのも笑っちゃう、勘弁してくれ。シリアスシーン

  • キングコング:髑髏島の巨神

    【概略】 神話の中にだけ存在するとされた髑髏島に潜入した調査隊一行。だが、そこには巨大なキングコングが潜んでいた。 アクション .5★★☆☆☆ うーん、個人的にはやはり以前の「キング・コング」に軍配があがる~~あれと比べちゃいけないとはわかっているんだけどさ~~。単なる怪獣映画だから仕方ないのかもだけど、ゴリラらしくない直立体勢をとるコングとか、表情もさほど豊かではないし、男前度もないんですわ…。

  • 銀魂(2回目)

    はい、というわけで友達と2回目観てきました。 初回の感想→  今回は友達を連れて行くという事で、 土方さんの活躍が少ないとか(ミツバ編で観れるからかなあ…一応殺陣はありますが) 総悟のドSっぷりが足りないとか ゴリラのゴリラっぷりが物足りないとか(ケツ毛、蜜立ち、要所の笑いはあるものの) 色々あったとは思うんですが、 お姫さまな高杉(堂本剛)の倒れた時の脚がきれいだったとか(倒れる姿は花魁のよう)

  • ドクター・ストレンジ

    【概略】 突然の交通事故により神の手を失った天才外科医、ドクター・ストレンジが、過酷な修業により魔術師を経て闇の魔術に立ち向かい、壮絶な戦いに巻き込まれていく。 アクション .5★★★☆☆ 突然の事故で神の手を失った天才外科医ドクター・ストレンジ。彼を甦らせたのは…魔術。厳しい修行により魔術を習得した彼は、世界を滅亡から救うため“闇の魔術"との戦いに巻き込まれていく。 主演はベネディクト・カンバー

  • 銀魂

    【概略】 江戸時代末期。宇宙からやって来た「天人(あまんと)」の襲撃を受け、幕府は開国を決意した。天人の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっている。そんな時代に、侍魂を堅持する元攘夷志士・坂田銀時と、剣術道場の息子・志村新八、宇宙最強を誇る夜兎族(やとぞく)の少女・神楽は、「万事屋(よろずや)」を営んでいた。彼らの周囲では数々の事件や騒動が発生する…。 SF時代劇 .0★★

  • 修羅雪姫

    【概略】 現在とは時間も空間も異なる、どこかの未来。冷酷な暗殺集団の中で育った刺客の雪は、自分の母親が一族の長に殺されていたことを知り、独り反旗を翻し、裏切り者として追われる羽目になる…。 アクション .5★★☆☆☆ アクション監修が我らがドニー・イェン、そして音楽が川井憲次氏、という事で、「ふじき78の死屍累々映画日記・第二章」のふじき78さんに教えてもらった作品。存在は知っていましたが、今まで

  • トリプルX:再起動

    【概略】 「パンドラの箱」と呼ばれる制御不能の軍事兵器を奪回するため、エクストリームスポーツ界のカリスマ、ザンダー・ケイジが再び政府に召集される。 アクション .0★★★★☆ このシリーズは1作目は面白く見てるけど2作目は見てない(しかし1作目の記憶はもう冒頭の飛び降りるシーンくらいだ)。主演のヴィン・ディーゼルがあんまり好きじゃないんでね…^;ただ、ワイスピよりこっちのほうが好きではある(実は)

  • モーガン プロトタイプ L-9

    【概略】 人工生命体のL-9・モーガンが研究者を襲う事故が発生する。調査のためにリー・ウェザーズが派遣されるが、モーガンが心理評価中に混乱し始め…。 SFアクション .0★★★☆☆ 究極生命体「彼女(それ)」は完璧なはずだった―。 人間が生命体を作るも、その生命体が人間を超えて…といったある意味普遍のSF。 兵器目的で造られた少女、彼女を中心に話は進むんですが、序盤は説明的な展開ばかりで…。短尺な

  • X-MEN:アポカリプス

    【概略】 数千年の眠りから目を覚まし、人類の堕落に怒りを募らせて世界を滅ぼし始めたミュータント・アポカリプスを止めるため、X-MENが集結する。 SFアクション .0★★★☆☆ プロフェッサーの毛根死滅の原因が本作で明らかになりますが…前作で「おれ、将来ハゲるのかよ…」と思った(はず)のプロフェッサーの大事な頭髪が、アポカリプスによる拉致からの体のっとり途中の生命の代償としてというのは驚き。歳を取

  • アンダーワールド ブラッド・ウォーズ

    【概略】 勢力を強めたライカン族の猛攻により劣勢に喘ぐヴァンパイア族に呼び戻されたセリーン。彼女は行方不明の娘・イヴのため、戦いに身を投じる決意をする。 SFアクション .0★★★☆☆ 前作で「製薬会社とか人間とかなんだかバイオハザードっぽい…。」と記していた自分ですが、やはりその感は続いていて。ダークな世界観が魅力なシリーズですので、なんだかもう興味が削がれてしまってて。これも締め時を見失ってい

  • キング・アーサー

    【概略】 王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かう。 アクション .5★★★☆☆ 映画館鑑賞。 スラムのガキから王になれ! 腹に響く重低音の音楽がとかく心地いい作品でした(劇場の音響だから余計に良かった、ほんと腹に響く!)。スタイリッシュだと思います。「コードネームU.N.C.L.E.」ほどではないが、「シャーロック・シリーズ」よりも個人

  • サバイバル・ソルジャー

    【概略】 気の弱い会社員クリスは、いつも同僚に虐められていた。ある時、クリスの勤める職場の社員全員が大自然の只中へ送り込まれる。変わり者の元海軍兵士ストームの指揮下で、体力と精神力のトレーニングを受けることになったのだ。ところが、教官のストームが野生のトラに襲撃され行方不明に。ボーイスカウト経験者の気弱なフィルがリーダーとなるが、残されたメンバーはまとまるどころか大混乱に。果たしてフィルは全員をま

1 2 3 4 5 ... 38