• 選ばれてあらぬ故

     恍惚と不安と二つ我になし。ってね。悲しいですね。いつか、卑屈にならずにこの一節をいうことができるのでしょうか。  この一節をさらに有名にしたのは太宰の「晩年」でしたか。紙の本でまだ手に入れていないので手に入れたら読みたいです。巻頭の一部だけちらっと知っているのですが、「今読むべきではないな」と思ってから一年以上経っています。  ドグラ・マグラも読みっぱなしです。夏休み中に全部読もう…。    話