• 野党の懸念が現実に!

    2013年、アベノミクスの一環で労働契約法が改正され、期間従業員が通算して 5年を超えて勤務した場合、対象となる期間従業員が希望して申し出れば、企業側は 「無期」での雇用契約を結ばなければならなくなった。 この5年を超えてという部分がミソで、契約から5年を終了する日に契約を更新 しなければ、5年以内ということになって、5年は超えない。 政府自民党の主張は、これで期間従業員の雇い止めが無くなり、正社

  • これも法制化するか?

    小池都知事のユリノミクス発言に、政府与党が怒りを露にしているらしい、 そりゃそーだ! アベノミクスに対応するならコイケノミクスだろう? んなこたぁどーでもいい! アベノミクス5年もやって、景気が回復した? 企業の内部留保と実質賃金はこんななのに? そりゃ国民が実感無いはずだわ! 「税金を下げた分で内部留保とはなめちゃいかん」。 麻生太郎副総理兼財務相は9月28日、東京都内の会合で、法人税の減税後も

  • アベノミクスの成否が次の選挙の争点になるか?

    争点になるのは 野党が有能か?無能か? それだけだと思うんだ。 そして、今。 世界的な政情不安。 この先。 野党にこの国を任せ 国を回せるのかな? と不安に思う人ばかりだと思う。 次の選挙は、 与党が有利なのかもしれない? 自分には、良く解らないのだけれど

  • 英「エコノミスト」誌を読む - 安倍首相 第三の矢(The third arrow)

    The Economist  JUNE 28TH - JULY 4TH 2014   The third arrow アベノミクス(安倍内閣の経済政策)、 今のところ予想以上にうまくいっている感じはします。 先週の The Economistの表紙は安倍晋三総理でした。 第三の矢(成長戦略)に関する特集でしたが、 最近、さすがに英語の文章を読むスピードが速くなってきました。 ですので、Econom