• 4/22*Argentina*世界三大瀑布制覇

    ちょーど18時間で、プエルトイグアス到着。 到着したバスターミナルから、 イグアスの滝行きのバスも出ておったが、 とりあえず鳥の糞に自分の汗を流すべく、 宿を目指す。 2人で2DK的な部屋に案内され、 セミダブルベッド2つに、シングルベッド1つ。 簡単なキッチン付き。 なのに調理器具なし。 いろいろツッコミどころはあるが、 これで2人で2500円くらいやからよいだろう。 急いでシャワー浴びて洗濯し

  • 4/21*Argentina*汗だくでブエノス→イグアス、バス移動

    朝ごはんは、母親が日本人のイケメンドイツ人と おじいちゃんが日本人のイケメンブラジル人と カタコトの日本語でおしゃべり。 イケメンブラジル人は、 窪塚洋介にそっっっくりやったけど、 若干仕草がおネエ入ってて、 窪塚洋介×歌舞伎町を、ブエノスでみれるなんて 感動であった。 そして再びあーちゃんとカミニートへ。 雨やったけど、カラフルな街並みは やっぱり素敵。 ジジも発見。 もうこの時すでに11時。

  • 4/20*Argentina*よーこそ、あーちゃん、ブエノスへ!

    タイトル通り。 普通だれも本気で南米に1人でこの時期に こねーわな! 学生でもあるまいしやで。 むしろなかなかの役職についていそうな、 あーちゃんが、はるばる本気で、 まさかの正気で、南米に来てしまった。 おそろのモアイTシャツと共に歓迎の儀式。 私たちの出会いはボツワナの オカバンゴデルタ。 ほとんどの人は知らんだろうが、 世界遺産で、藤原竜也の実況と一緒に オカバンゴデルタの風景をみてしまった

  • 4/19*Argentina*カミニートが今熱い

    街ブラ2日目。 ちょっと前は、後ろを見ながら手ぶらで 歩かないとやばいくらい治安が悪かった らしいブエノスアイレスだが、 1人で街ブラ余裕でできていますなう。 夜でも中心地は人だらけ。 スリに注意さえしてれば、まぁ大丈夫だろう。 カメラ普通にかけて歩いちゃってます。 盗まれたら日本帰ろっと。 もはや理由をつけて日本に帰りたい。 でも帰りたくない。 この悶々とした日々を送ってるうちに 帰国日は近づく

  • 4/18*Argentina*ぐーたらからの脱出。街ブラ。

    昨日は宿着いてから永遠、 石原さとみのアンナチュラルみて、 怠惰な一日を送ったわけで。 かなり出遅れた感すごいけど、 アンナチュラルが面白い。 5話もみてもーた。 そして良く寝た。オールナイトチリしたから、 おかげでブエノスアイレスで爆睡。 昨日宿まで歩いてる時に出会った ブュッフェのお店。 昼休憩のOLだらけ。 ここにバックパック背負って、参戦。 引かれる〜。 いろんな料理が大量にあって、 パッ

  • 4/8*Argentina*一瞬でオワタ、パタゴニア

    もうサンティアゴに戻らなければ。 あとがつっかえて、つっかえて しゃーない。 ほんまにペリトモレノ氷河しか 行けへんかったけど、まぁこれが パタゴニアの70%の観光占めてるって 芸人言うてたし、それ信じて帰ろう。 でもやっぱり、どー考えても、 ペルーにいすぎたとしか考えられない。 もっと行きたいとこあったし、 ペルーは2ヶ月はいるな。 物価安いし、ほんまに居心地最高やたー。 宿のWi-Fiが死んで

  • 4/7*Argentina*ついに、ペリトモレノ氷河上陸!

    このために、わざわざ往復45000円の フライトチケットを買い、 このために、ツアー代約35000円を 支払い、、、 全ては、このペリトモレノ氷河を歩くために。 7:30 宿にバスがピックアップ。 ミニトレッキングやなくて、BIG ICE!! 30人近く乗ってて、バスは満員。 アジア人私のみ。 ほんま日本人運がない。 だいたいツアー行くとアジア人1人。 1時間くらいでペリトモレノ氷河到着。 公園の

  • 4/6*Argentina*エルカラファテ、物価高すぎワロタ

    「hostel amel」 日本人宿らしい。 一緒に氷河行く人探そうと思って泊まったけど、 日本人3人とも行き終わってた。 翔さんはチャリダー。 アラスカからずっとチャリで南下してるらしい。 もはや化け物。 感覚が違う。 日本人じゃないレベルじゃなくて、 人間じゃなかった。 そんな翔さんも、ブラジルビザに悪戦苦闘。 ブラジル恐るべし。 そんなことゆーてる私、 まだビザ取得できてない。 やばい、あと

  • 『メッシ評伝 情熱を秘めて』を読んで!

       サッカーずいてます!調子に乗って 今度は サッカー選手伝の3冊目、先日 スペイン・リーグで 優勝を決めた<FCバルセロナ>で 活躍した天才 リオネル・メッシの 人物像に迫った『メッシ評伝 情熱を秘めて』という本を 読んでみました。  FCバルセロナ所属であり、アルゼンチン代表である、リオネル・メッシは インタビューが 好きでないらしく この本の著者も インタビュー出来たのは 15分のみで あ