• 気づかなかった、冬のプール通いに落とし穴

    水泳を続けたいという下の子のためにプールを探し 通い始めたのは ちょうどサマータイムに入った春だった。 超幹線道路A〇を南に車で20分ほど行ったところにあるプール。 A〇は最高速度70マイル。 乗るためには合流道路付き(しかもなんか短い) 感覚的には毎週無料の東名に乗ってプールに通う感じ。 クラスが17時半開始のころはまだよかった。 進級したら17時半開始のクラスがなくて 18時開始のクラスに移動

  • プライマリーでの評価方法

    他の学校は分からないけど うちの子が通うプライマリーは昨年度から 成績が3段階評価になりました。 Working towards national age related expectations(学年の内容より遅れている) Working in-line with national age related expectations(学年の内容に付いて行っている) Working above na

  • ペアレント イブニングにいく

    今年も上の子の parents evening (個人面談)の時期がやってまいりました。 上の子が通うセカンダリーでは 16時~18時半の間で行われ まず、子どもが教科担任に面談の予約を取ります。 一人5分間です。あっという間のはずですが、英語だと長いです。 今年、親は英語と数学くらいで良くて あとは子どもに決めさせたら 理科→5分→数学→5分→英語→5分→仏語→5分→体育 と、イイ感じに予約を取

  • GCSE に向けて評価方法が変わる

    イギリスyear 11 終了時に受ける試験・GCSE。 以前はA* - G, Uだった評価方法が9-1&Uに変わった。 また、今までGCSEに向けて year 10, 11の2年間で勉強していたことを year 7 - 11 の5年間かけて勉強するという。 ということで KS3(year 7 - 9) の評価方法も GCSEと一本化する方向に変わったらしいだよ。 Year 7 - 9 ↓grade

  • セカンダリーから手紙が来て

    一時的に2つの学校の進学予定者リストに載ってしまった上の子。 行きたい方は、大半が現地人。 お役所に割り当てられた方は、全校生徒の約3割が外国籍。 4月下旬、進学予定のsecondaryから 日本でいう「家庭環境調査票」を提出してほしいと手紙が来ました。 両方の学校から受取ってしまったので、両方手紙を見たんですけど ここに書かれている英語のレベルが明らかに違ったんですよ。 全校生徒の約3割が外国籍

  • セカンダリーが決まるまで

    下の子のアピールで、もうさんざん懲りたため 上の子のsecondary探しで考えたのは まず「定員に空きがあること」だった。 学校見学の依頼メールも 「先月イギリスに来たY6の日本人が、今年9月から通う学校を探しています。  定員に空きがあったら、学校見学をさせてください」とし その後、校長が構内を案内してくれた際も 定員に空きがあるのかを直接、校長に再確認し、 制服はうちの街のあの店で購入できる

  • completesave に要注意 オンラインでやられちまった話

    月末、銀行のステイトメントで出金状況を確認していたら、 completesave.co.uk というところから£15引き落とされていて。 とりあえず会社名でググると・・・ ♪さぎ・サギ・詐欺~ そ・れ・は~詐欺~♪ (ノД`)・゜・。 もう真っ青ですわよ奥さま。 アカウントにログインしようとするも、メールアドレスが存在しないと出てムリ。 一応、退会したいとメールしてみたものの、返信は来るわけもなく

  • 給食費のナゾ

    イギリスといえば飯マズで有名だけども hot dinner(学校で食べる昼食)は一応あるし その日のメニューを見て、イヤなら弁当を持っていけば良い。 ここのプライマリー(小学校)では、 毎朝、出席を取るとき 返事とともに、弁当かhot dinnerか担任に伝えている。 他のところは知らんけどが ここらへんの学校ではYear 2までは補助が出て全員無料という。 でも、メニュー見てイヤなら、弁当を持っ

  • 英検を受けてみた

    TOEICはイギリス国内でいろいろあって受験できないため 英語検定を実力検査を兼ねて受けることにしました。 とりあえず、上の子には3・4級を受けさせて。 ついでに、下の子には4級をやってみろと推し。 せっかくロンドンまで行って、ただ待つだけなのもヒマなんで、 オトンもオカンも準2級なんぞやってみる。(←そんなレベルなんです(;゚Д゚)) まっ、一時帰国の時、対策本は購入したんですけどねー。 これは

  • 借りている家の話

    うちが住んでいるところは、田舎の小さいながらも town と呼ばれるところで、town centre にはマーケットがあります。 うちは、家をそのマーケットから徒歩圏内で探していました。 town の周りにはいくつも village があり、庭付き一戸建ても借りれたけど。 でも、そういうところは、 車2台目必須。 庭の芝刈り必至。 絶対めんどいよー。 そして、ダンナは、ネットで物件情報を見ては、そ