• SE-PRO ポート加工

    金曜日に予定より早くヘッドが入荷したので早々2りんかんへ取りに行きました〜 早速開封してチェック! ウルトラSEでは見るから銅の色をしたシートリングでしたがSE-PROはベリリウムっぽい色ですね〜 ウルトラSEのシートリングがすぐにヘタっていたので流石にキタコも材質を見直したみたいですね〜 ガイドもベリリウムなんかな? もしものシートリング打ち替えになった場合を考えガイドからバルブステムの突き出し

  • 問屋が夜逃げ

    先ずは気になるタイトルのことですが バイク屋さんにSE-PROヘッド単体を注文して1週間が過ぎても音沙汰なし 電話でキタコに問い合わせた時点で在庫はあるのでパッキングの都合等で3〜4日で届くはずとのこと... バイク屋さんから問屋に問い合わせてもらうようにお願いしてから3〜4日して連絡が来ました。 なんと問屋に連絡がつかないとのこと... どうやらツブれて夜逃げしたみたいです... そう、タイトル

  • 復活に向けて色々と下準備

    さてデイトナのフライホイールを検証してみますよ〜 今までの純正軽量加工品の画像 デイトナのがレーザーマーキングでカッコええ〜 まぁ、カバー付けたら見えませんけどね〜 で、上からは見た目にはよくわからなかったんですが 純正を基準にして横から見てみると... 穴のテーパー角が緩やかで奥側が狭いデイトナの方がやっぱり外側に出っ張っていますね〜 ウッドラフキーからナットの合わせ面までは1ミリ程差がありまし

  • 腰上だけよ〜ん

    例のタンクの塗装の修正が終わりエンジン降ろしましたよ〜 今までエアコンの室外機の上で作業していましたが今回ホームセンターで板を購入し万力やボルトで固定したので作業効率がアップしました。 これでいろんな物が転がって室外機の裏に落ちて作業中断→捜索することはなくなりますね〜 車体からエンジンを下ろす時にニュートラルスイッチのカラーが見つからなかったんですが... はい、見事に粉々でございます。 こうな

  • 外車っぽくエンジンを見てみたぱ~と3

    前回の続きです。 今日もこの記事をよんでいただき有り難うございます。 前回、ボクサーエンジン(水平対向)とV型180°の違いを説明するところまででした。 V型180°エンジンは実はフェラーリのエンジンにも使われたことあるエンジンなんです。 ここでやはりどう違うのかが気になってきます。 違いはズバリ、クランクシャフトの形、もうちょっといえばピストンの動くタイミングがちがうのです。 写真のピストンの位

  • 外車っぽくエンジンを見てみたぱ~と2

    前回の続きです。 BMWのボクサーツインエンジンです。水平対向エンジンなんて言われており、BMWのバイク以外ではスバルやポルシェなどがこのエンジンを採用しています。 みてのとおりシリンダー、エンジンの爆発する燃焼室が横に向いています。 これが大きな特徴になっています。バイクにまたがると自分の膝よりもエンジンが出ていることに驚きます。 ではこのエンジンなにがいいんでしょう? それは圧倒的な低重心、こ

  • それは、つまり基幹産業なんだ

    一国の沢山の雇用を生み出すエンジン部分。 戦後に発展した国。特徴があると思うんだ。 有名な自動車会社があるという特徴。 日本もドイツも持っているのだからね?