• 「オカメインコの本」ペット新聞社

    「オカメインコの本(改訂版)」と「オカメインコの本2」を中古で入手しました。 こんなにいい本があったなんて!! どちらも2005年発行のもの。中古でしか購入できないようですね。 飼い主も人それぞれ色々だし、オカメも個々に色々、という多様性を一つに詰め込んだ内容に満足です。 飼い主たちが経験したオカメの最期や一生を綴ったり、繁殖に絡む悩みなど現実的な問題を扱っていてとても参考になります。 同様に「ア

  • オカメペアの巣箱を設置、etc.

    オカメのPopoちゃんとPeaちゃんのための巣箱をようやく設置しました。 Popoちゃん嘔吐事件から3週間が経ち、そろそろいいかな、と。 時間がかかったのは、この出入り口の部品作りが面倒だったのも一因です。 アキクサ用の巣箱と同様に、ケージとは別室に巣箱を置いています。 今日も交尾していた2羽が興味津々に。。。 「何だコレ?」「とりあえず、かじってみよう」 「穴は何?」「危ないわよ!」(?) アキ

  • 日光浴、さし餌再開

    今日は日光浴日和でした。 室内でもフルスペクトルライトを使ったり、ビタミンD3を含むペレットを与えてはいますが、できるだけ日光浴はさせたいものです。 昨年秋生まれのPakoちゃんとPInoちゃんは生まれて初めての日光浴だったかな? アキクサ雛のPuhちゃんのさし餌はおととい一旦中止しました。ところが昨日はなんだか動きが少なくなってしまいました。Ponママの吐き戻しゴハンだけでは栄養不足なのかなあ。

  • まだ瞼が開かないけど。。。

    アキクサ雛のPuhちゃん、まだ瞼が開かないけど。。。最後の5個目の卵の仔だし、という状況は昨年のPooちゃんに似ています。 シングルマザーのPonちゃんは夜間は巣箱に入っていますが、日中の大半は巣箱を留守にしているようです。お腹が空いたら巣箱に入って中の餌入れまで来ているみたい。現在は巣箱の中にだけ餌入れを置いているので。 そして、自分のゴハンのついでにPuhちゃんにゴハンを与えているようです。一

  • 発情過多?

    オカメのPopoちゃんがまた卵を産み始めました。 これはもう、発情過多だと言っていいかも。 体に負担がかかり病気になりやすくなると言われていますね。 今の所は元気そうですが。 オスのPeaちゃんとはペアの関係とはまだ言い難い感じなので、発情の大きな要因の一つは保温設定だと思います。常春の23℃です。 大人のPopoちゃんだけならもう少し低くしてもいいはずですが、0歳児のPeaちゃんのためにこの設定

  • これはデカイ!【閲覧注意】

    【閲覧注意】冒頭から見苦しいものが。。。 こ、これはデカイ! 放鳥の時Pupuちゃんに誘われて、巣箱からようやく出てきたPonちゃんの溜めフンです。 ボトリ、ボトリと3回も。 オカメのPopoちゃんも抱卵中は溜めフンしますがこれほどの量を出したことはありません。 Ponちゃんは巣箱の中ではウンチしない清潔主義なんですね。 今日はPonちゃんが6個目の卵を産むかもしれない日でしたが、産みませんでした

  • 小松菜大好き?

    オカメのPeaちゃん、小松菜をガツガツ食いちぎって口の辺りが緑色に。 食べずに散らかしてもいますが、食べてる量の方が多いようです。

  • 日向ぼっこ

    午前中に日向ぼっこさせました。 みんな日陰の部分に身を寄せてました。日陰でも紫外線は十分とのこと。 約30分後、PopoやPooちゃんが暑くて口を開けてハアハアしてたので終了。 エアコンがかかっている室内に移動した後、眠たくなったようでみんな静かになってました。

  • 日光浴、ロールスクリーン、

    今日は暑すぎず、日光浴させました。 その後、オカメのPopoちゃん、Peaちゃんにフライトスーツを着用させました。 Peaちゃんはさほど気にしないでくれますが、Popoちゃんは以前に着せた時に猛烈に嫌がってしまい、心臓が破裂するんじゃないかという興奮状態になったので諦めていたのですが、、、、今日はなだめ続けてみたら結構我慢できることがわかりました。スーツをつけたままでも、カキカキ要求までするほど落

  • Peaちゃん公園デビュー!?

    今日はPeaちゃんを病院へ。 土曜日は混んでいます。受付をした後、診察まで時間があるときは外出が許されています。そこで、ほど近い千波湖公園で初めての屋外散歩。 フライトスーツをPeaちゃんに着せゴム紐でつないで、ついに公園デビュー!? わあ〜、なんだここは!!! せかいって、ひろ〜い!! いろんないろ〜 病院に戻って。。。 あらためて糞便検査してもらいましたが、トリコモナス原虫は確認されず。 駆除

  • Peaちゃんの動画、フライトスーツ試着

    久しぶりに動画を撮りました。 まずは食欲旺盛になったPeaちゃん。 Hand feeding the cockatiel, Pea. オカメインコのピーちゃんのさし餌 Peaちゃんは割と柔順なので、フライトスーツを着せてみました。案外簡単に着せられました。 やはり違和感があるようですが、そのうち慣れてくれるかも。 ずいぶん前にPopoちゃんにも試したことがあるのですが、猛烈に抵抗したり悲鳴あげたり

  • 復活のPea?

    Peaちゃんの食欲が復活してきたようです。 今夜の強制給餌の準備をして、Peaちゃんをケージから出してみたら、久しぶりの「ジー、ジー(ゴハンちょーだい)」の催促鳴き!! 練っておいたパウダーフードをスプーンで差し出してみると、ガツガツ食べてくれた!! 今夜は強制給餌はやめにしました。 さえなかった表情もよくなってきたみたい。(飼い主にはわかる) まだ、本調子ではないと思うのでもうしばらく保温して安

  • Peaちゃん、少し食べてるけど

    Peaちゃんには保温ケースは小さすぎるようなので、朝に最初の個室ケージに移しました。 また自分で餌入れから少しだけ食べてた。 でも、食べてる量が足りな過ぎるので、やはり強制給餌です。 夕方、再び病院へ。 注射を打って、抗生剤の飲み薬をもらい今夜から投与し続けることになりました。 強制給餌用にハリソン社のパウダーフードも。 わずかながら快方に向かっているような気がしますが。。。 もう少し頑張って食べ

  • Peaちゃん、初めて注射

    今朝もPeaちゃんに4ccほど強制給餌したのですが、すぐにその半分くらいの量を嘔吐してしまいました。 夕方、帰宅して体重を計ると78g。今日も自分では何も食べていない様子。 すぐに病院に行って診てもらうことにしました。 病院の待合室で。頭を撫で続けて落ち着かせ。。。 診察台で先生待ち。 抗生剤の類の注射を胸に打ってもらいました。Peaちゃんは痛そうな一瞬の悲鳴をあげました。 うちの仔の中で、初めて

  • イヤでも生きてもらいます

    昨夜の記事を書いた後、同日にアキクサインコちゃんが亡くなったという記事をブログ村で読みました。日に日に体重が落ちて。。。という。 気が気でなくなり、夜遅くPeaちゃんへの強制給餌に踏み切りました。 間違ったら殺してしまうかもしれない。けれど何もしなかったら後悔するかもしれないと葛藤の末。 フードポンプは前から用意してあったものの、ついに実際に使う日が来ました。 初めてだったので、Peaちゃんの口に

  • Peaちゃん嘔吐

    昨夜、薬剤入りのさし餌を食べた後のPeaちゃんの体重は91gでした。 今朝、ケージのあちこちにパウダーフードが撒き散らされた痕に気づきました。Peaちゃんが薬剤に拒否反応を起こして嘔吐したものと思われます。 さし餌を与えても、口をつけようとしないし。。。体重84g。 最初の個室ケージでよく食べていたヒエの穂を入れておきました。 病院に電話して対処方法を尋ねると、「繰り返し吐いてしまうようであれば来

  • トリコモナス感染!

    夕方、動物病院に行って新人オカメのPeaちゃんの糞便の検査をしてもらいました。 ついでにアキクサ雛のPohちゃんとPooちゃんも。この仔たちもまだ一度も便検査はしていないし、Pohちゃんは診察券がないので作ってもらおうということで。 (診察室で先生待ち) 新入りの仔を迎えたら念のため、一応。。。くらいに思っていましたが、甘かったかな。 Peaちゃんの便にトリコモナスが見つかったとのこと。 「トリコ

  • 私も雛にゴハン

    朝の放鳥、および雛たちの朝ご飯タイム! 「はいパパ、Pooちゃんにゴハン!」と、前に雛を差し出すと。。。 「次はPohちゃん」 夜は父親Pupuの立会いの元で、雛たちにさし餌をしました。今夜は私が。 親鳥は雛を守ろうとするかもしれないと思ってましたが、私が巣箱から雛たちを出し入れしてもPipiママもPupuパパもそんなそぶりを見せません。雛たちも同じように私は世話してくれると当たり前のように信用し

  • Pupuパパも子育て

    今朝の放鳥ではPipiママはケージの外に出たので、その隙に雛の写真を撮り、まだ未確認だった3個目の卵の検卵をしました。 雛のPohちゃん、他の卵に寄りかかりながら体をクネクネさせてた。 3個目の卵はまるで光を透さず、今回は全てが有精卵のようです。 2羽目の孵化は明日かな。 Pupuパパも雛のPohちゃんにゴハン、子育て協力してました。 両親に面倒見てもらってスクスク育ちそう。 Pupuパパはもちろ

  • 爪切り

    病院やお店で爪切りをしてもらう人もいますが、私は自分でやっています。 基本的にどの仔も嫌がります。なので短時間で済むように、切る爪、切る爪の順番、どのように切るか、をおよそ決めてから保定してます。 抵抗する力が強くて、一番面倒なのはPopo。 迎えた当初の頃はそんなに強くなかったし簡単だったのに。。。やんちゃになりました。それでも、血が出るほどに強く噛んだりしないし、加減してくれているみたい。 観

1 2 3