• 薬局の処方箋で、お小遣いかせぎ^^

    2010年夏。ベトナム・カンボジアに行きました。ワニ園の入り口です。すごい装飾です。^^ (のんたんとあみちゃん 14歳) 処方箋でポイントをゲット 病院にいくと、お薬の処方箋をもらうことがありますよね。 以前は、病院で会計を済ませたあと、 そのまま、病院の近所にある調剤薬局に直行し、 お薬をもらっていました。 ま、それが普通ですよね。 でも、あるとき、 「調剤薬局でも、クレジットカード払いができ

  • 定期検査・手術から11ヶ月+ホテルの最上階「ラウンジ21」でランチ

    2010年夏のベトナム・カンボジア旅行。ホーチミンの遊園地入り口で。 (のんたんとあみちゃん 14歳) 手術から11ヶ月になります。 昨日、2ヶ月に一回の定期検査に行ってきました。 いいお天気だったので、ちょっとおもいたって、 「ズラなし」ででかけてみました。 4月にも、一度、ズラなしで銀座を歩いたことがありますが、 そのときから、さらに2ヶ月が経過しています。 髪は、相変わらずのベリーショートで

  • ガンになって - こうしてヅラを買いました⑧

    2010年夏のベトナム・カンボジア旅行。ホーチミンの遊園地の前で。 (のんたんとあみちゃん 14歳) 抗がん剤の治療が終了して、半年になろうとしています。 髪が伸びて、ベリーショートくらいになったため、 今では、もう、ヅラの必要性をあまり感じないようになってきました。 そのため、このところ、 「ヅラをつけるのを忘れて出勤してしまう。」 という失敗を、3回もやらかしてしまいました。 幸い、いつも、家

  • ガンになって - こうしてヅラを買いました⑦

    盲学校で作業訓練:ビーズにヒモを通す練習をしています。③ 上手にできて、にっこり。(全盲難聴・のんたん 17歳) ひとつめのヅラを購入したのは、2016年の初秋でした。 当時は、抗がん剤治療の真っ最中だったので、家で過ごすことが多く、 ヅラを使って外出するのは、月に1回くらいだったでしょうか。 このていどだと、ヅラもたいして汚れることがなく、 家でシャンプーすれば十分なので、 お店でメンテナンスを

  • ガンになって - こうしてヅラを買いました⑥

    盲学校で作業訓練:ビーズにヒモを通す練習をしています。② (全盲難聴・のんたん 17歳) 今日は、「ウィッグスタンド」のお話しです。 「ウィッグスタンド」は、ウィッグを家で保管しておくために使うものです。 通常は、ヒトの頭の形をしていて、 それにウィッグをかぶせた状態で保管しておくことができます。 ウィッグの型崩れを防ぐことができ、便利ですが、 価格は、数千円もします。 私がヅラを買ったお店では、

  • ガンになって - こうしてヅラを買いました⑤

    盲学校で作業訓練:ビーズにヒモを通す練習をしています。① (全盲難聴・のんたん 17歳) 銀座のお店で8万円也のウィッグを購入して、 さらに一ヵ月後のお話です。 新聞の中に、近所のイトーヨーカドーのチラシがはいっていました。 店舗改装記念セールをやるとのこと。 チラシの中に、1階にあるウィッグの専門店のお知らせが。 そこには、 「改装記念! 全品2割引セール」 とありました。 G研で同じ病室だった

  • ガンになって - こうしてヅラを買いました④

    ウクレレの個人レッスンを受けているところです。(全盲難聴・のんたん 16歳) カタログの山から「銀座に店舗を構えるヅラ屋さん」をピックアップし、 その中から最終的に選んだのが、「*ーズマリー」というお店でした。 理由は、そのお店が、「日比谷シャンテ」の中にあったから。(笑) 日比谷シャンテなら、何度も行ったことがあり、 お食事や買い物をしたこともあります。 もっとも、ウィッグの専門店があったとは、

  • ガンになって - こうしてヅラを買いました③

    小学一年から12年間使い続けた水筒。毎朝、中にお茶を入れるのは、夫の仕事でした。(笑) (全盲難聴・のんたん 18歳) 病院内の「*デランス32万円」はやめ、 他の店でもっと安いのをさがそうと決めました。 でも、どこのお店にしようか? 方針を変えて院内を見渡すと、 さすが、ガン専門病院のG研です。 どっちを見ても、ウィッグのカタログだらけ。(笑) ありったけをもらってきました。 退院してから、その

  • ガンになって - こうしてヅラを買いました②

    給食の時間です。どこになにがあるかを、先生に説明してもらっています。 (全盲難聴・のんたん 17歳) 「そのヅラ買うの、やめなさい。」 同室のAさん、Kさんからいきなりのダメだしをされ、 驚きのあまり、返す言葉もなく…。 するとAさん、こう続けたのです。 「あのね。ヅラなんてね。  売ってる店、いくらでもあるの。  別に、無理に病院の中で買うことないのよ。  私なんてね、家の近所のショッピングセン

  • ガンになって - こうしてヅラを買いました①

    「なにが書いてあるかな?」(全盲難聴・のんたん 17歳。) いつのまにかこのブログ、 大好きな息子ともっと大好きなごはんの話ばっかり(汗)。 でも今回は、めずらしく(笑)、ガン治療中のころのお話です。 2016年7月に手術を行い、8月から抗がん剤を開始しました。 「いずれ髪が抜ける」→「ヅラが必要になる」という展開に。 でも、自分の周りに、ウィッグを買ったことのある人がいません。 ヅラって、どこで

  • ガンになって、ウィッグ - ヅラをクリーニングにだしました。

    写真は、2013年11月のものです。ポール・マッカートニーのコンサート会場の前で。 (全盲難聴・のんたん 18歳。) 当時、ポール・マッカートニーが来日して、日本中が大騒ぎ。そのときコンサート会場となったのが、長男が通っていた盲学校のすぐ近所にある、東京ドームでした。だから、だったのかどうかわかりませんが、ポールさんが、なんと、「盲学校の子どもたちに。」と、学校あてにチケットをプレゼントしてくれた

  • ガンになって、定期検査 - 細胞診の結果

    盲学校の授業で。「正解!」と言われ、うれしくて拍手。(全盲難聴・のんたん 17歳。) 抗がん剤の治療が終わり、経過観察にはいった現在は、 2ヶ月に一回、定期検査(血液検査+スメア検査)を行っています。 血液検査の結果はすぐにわかるのですが、 スメア検査の結果は、後日、ということになります。 「結果がわかるまで、2週間ほどかかります。  問題なければ、結果を郵送します。  なにかあれば、直接ご連絡し

  • ガンになって、熱海へ家族旅行 - ヅラを忘れた!

    熱海から東京に戻る車内で。 お休み中のようすは、いつも、自分でボイスレコーダーに録音しています。 後で、こうやって聞き直すのが楽しいみたいです。(全盲難聴・のんたん 21歳。) 長男がS園から帰宅していて、 毎日が怒濤のように過ぎていきます。 糖質制限、そんなのやってられません。 とにかく、長男がお腹いっぱいになるよう、 ごはんを作るのでせいいっぱい(笑)。 そんななか、熱海に家族で行くことに。

  • (これは問題かも?)ガンになって、食卓便④ - 「鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮」

    盲学校の授業中です。耳で聞いたことを、点字で打つ練習をしています。 (全盲難聴・のんたん 17歳。) 鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮 久しぶりに、食宅便の低糖質弁当を試してみました。 これは、ひと月前に購入してあったものです。 ほかの食宅便があまりおいしくなかったので、 続けて食べる気がなくなってしまい、 冷凍庫に保管したままになっていました。 一ヶ月くらいなら、冷凍して保管しておいても

  • ガンになって、職場復帰⑨ – 上司との面談

    中国に家族旅行(全盲難聴・のんたんと双子のあみちゃん 16歳。) 私の勤務している会社では、 半年に一度、上司と面談しなければならないことになっています。 先日、その面談が実施されました。 本来は、これからの半年間における自分の目標や課題について話し合う場なのですが、 今の職場に移動してから10年です。 上司も、もうよくわかってくださっているので、 仕事について話し合うような問題はほとんどなく、

  • ガンになって、職場復帰⑧ – 最初のお給料は、とほほのゼロ円。

    家族みんなで、浅草ビューホテルのビュッフェに行きました。(のんたんの双子の妹・あみちゃん 6歳) 3月21日に職場復帰して、はや一ヶ月が過ぎました。 復職するときはいろいろともめましたが(笑)、 おかげさまで、復帰してからは、特にどうということもなく、 楽しく仕事をしています。 やっぱり、楽しみなのは、お給料ですね。^^ 支給日は4月26日です。 休職中はずっと無給でしたから、 お給料をもらえるの

  • ガンになって、ニチレイ低糖質シリーズ③ ‐ 「白身魚のグリル・トマトソースとおかず5種」

    家族みんなで、浅草ビューホテルのビュッフェに行きました。(全盲難聴・のんたん 6歳) 白身魚のグリル・トマトソースとおかず5種 ニチレイフーズの低糖質シリーズを試しています。 今日ご紹介するのは、 気くばり御前「豚肉のソテー・マスタードソースとおかず5種」 です。 主菜: 白身魚のグリル・トマトソース 副菜: じゃがいものソテー にんじんとたけのこのカレー炒め ほうれん草とピーマンのソテー ひよこ

  • ガンになって、ニチレイ低糖質シリーズ② ‐ 「豚肉のソテー・マスタードソースとおかず5種」

    中国・客家円楼にて。子供たちが中学生になってからは、家族で海外旅行に行くようになりました。 写真は、「客家」の人々がまとまって暮らす、円楼という建物です。外敵に備えるため、砦のような役割を担っていて、ここで、村の全員がまとまって暮らします。年代物のマンションのようですが、中では今も、客家の人々が生活しています。(全盲難聴・のんたんと双子のあみちゃん 16歳。) ニチレイフーズの低糖質シリーズを試し

  • ガンになって、ニチレイ低糖質シリーズ① ‐ 「銀鮭の照り焼き弁当」を試してみた。

    長男は、「写真」というものを知りません。 ことばで説明して、わかってもらうこともできません。 なので、「写真を撮るよ」と言われても、カメラに向かって笑顔を見せることはありません。 家族で写真を撮るときはいつも、こんなふうに手で支えて、長男の顔をカメラに向けていました。 (全盲難聴・のんたん 7歳。) 食卓便の低糖質弁当シリーズを試してみて、 冷凍のお弁当には懲りてしまった感があり、 しばらく遠ざか

  • 定期検査・手術から9ヶ月+上野Vinulsでスペイン料理

    授業中です。たくさんのパネルを、さわって確認しています。 このときの先生も、全盲の方でした。 (全盲難聴・のんたん 17歳) 定期検査・手術から9ヶ月。そして、上野Vinulsでスペイン料理 タイトルを書いて、自分でもびっくりします。 もう9ヶ月なんですね。 抗がん剤治療も終了し、今は経過観察中です。 昨日、2ヶ月に一回の定期検査に行ってきました。 3時45分の予約でしたが、 1時半には、病院に到

1 2 3