キノボリトカゲのムラゴンブログ

  • 奄美大島のキノボリトカゲ。

    キノボリトカゲは名前の通り、樹上に生息するトカゲ類であり、日本で約30年ほど前に流行した「エリマキトカゲ」の親戚筋でもあります。 奄美大島では原生林、海岸線をとわずに観察され、多数生息している場所では日中に鳴く習性があります。 樹上を這い回る生態には面白いものがあります。 樹上のキノボリトカゲ。(2002年頃)この写真は写真展での入賞がありました!! 作品名は「樹上でのお見合い、奄美のカメレオン」