• 「三丁目の夕日」と「メタモルフォーゼン」

    夕焼けPV ~三丁目の夕日メインテーマ~  作曲者の佐藤直紀氏は1970年か71年ぐらいの生まれだったと思うが、まるで昭和30年代を生きたみたいに曲を作ってくれた。こういう天才もいるんだなと思う。  このテーマが流れるたびにタイムスリップしたみたいに目頭が熱くなる。泣きさえする。これはどういったものなのか。  佐藤氏はVHH型である。R.StraussもVHH型である。(Metrum鑑定法による)

  • 14 Beautiful Female Classical Pianists

    14 Beautiful Female Classical Pianists  この中で、エレーヌ・グリモー、ヴァレンティナ・リシッツア、ユジャ・ワンは知っていました。  でも他にも気になるピアニストがいました。  今は録音の技術が発達してるんですね。古い録音も良いものは良いんですけど。

  • Sviatoslav Richter Plays Medtner Piano Sonata

    Sviatoslav Richter plays Medtner Piano Sonata Reminiscenza, op 38, No.1  ニコライ・メトネル(Nikolai Medtner)作品は最初イリーナ・メジューエワ(Irina Mejoueva)のCDで聴きました。  それまでメトネルを知らなかったので新鮮な気持ちで聴けました。(音質もいいです。YouTubeで聴けます)  メジュ

  • R.Strauss String Sextet From Capriccio

    The Quatuor Ebène plays R. Strauss' Sextet fromCapriccio  R.シュトラウスの弦楽六重奏曲(歌劇「カプリッチョ」より)  メンバーはEbene弦楽四重奏団+Viola,Celloです。  この四重奏団はピアニストのエリック・ルサージュやミシェル・ダルベルトと共演しています。フォーレのピアノ五重奏曲を録音しています。  同曲のルサージュとのステ

  • Faure Dolly Thyssens-Valentin et Puig-Roget

    Germaine Thyssens Valentin plays Fauré "Dolly" Suite Op. 56  4手のためのピアノ曲「ドリー」です。  ここで共演しているジェルメーヌ・ティッサン=ヴァランタンとアンリエット・ピュイグ=ロジェは素晴らしいの一言に尽きます。  アンドレ・シャルランのワンマイクによる録音はシャープとは言えないものの、音楽の立体感を再現してくれています。  上野

  • Ravel String Quartet Budapest Quartet

    Maurice Ravel-String Quartet in F Major (Complete)  以前ハーゲン四重奏団で挙げたかもしれませんが、ブダペスト四重奏団で挙げてみました。  最初聴いたのはフランスのパレナン四重奏団(LP)でした。喫茶「ライオン」ではアルバン・ベルク四重奏団で聴きました。  ブダペスト四重奏団は数年前にタワレコで試聴してCDを買いました。この演奏もまた一興です。  

  • Akira Miyoshi Violin Sonata 三善晃 ヴァイオリン・ソナタ

    三善 晃/ヴァイオリンソナタ/加藤知子(ヴァイオリン)小山実稚恵(ピアノ)  この曲は三善晃の初期作品のヴァイオリン・ソナタです。その前に試作品をベトナム生まれのフランス人ヴァイオリニスト、レーモン・ガロワ・モンブラン氏に持っていきましたが、  「これで本当に満足かい」と言われ、一念発起してこのヴァイオリン・ソナタを作り、持っていったところ「よし」と言ってくれたそうです。  三善氏のパリ国立音楽院

  • Arensky and Foote Piano Quintet

    Arensky: Piano Quintet In D, Op. 51 - I. Allegro Moderato [part 1/4]  以前挙げたと思ってましたが、検索しても出てこないので念のため挙げます。  ロシアの作曲家。ピアノ曲はフランス風でしたが全体としてチャイコフスキー風。室内楽はブラームスを感じさせる作品が多いようです。マーラーと同世代。 ARTHUR FOOTE_Piano Qu

  • 11月22日のレッスン♪

    前回のレッスンから1週間以上経過してしまいました😅 ○ツェルニー40番28番(3回目) 最初はゆっくりめに、2回目はテンポを上げて弾きました。 2ヶ所のアルペジオで音を外しやすいので、部分練習をすること。 ○シンフォニア3番(7回目) 全体的に良くなった。 後半のスムーズに弾けないところを部分練習すること。 ○ベートーベン・ソナタ第1番1楽章(3回目) ラストまで弾く。 主題部・展開部はだいぶ良

  • Bartok Violin Concerto no 1

    Bartok-Violin Concerto no 1 (Complete)  バルトークのヴァイオリン協奏曲第1番。  このLPは小石川図書館でベルクのヴァイオリンコンチェルトと同時期に借りて聴き、印象に残っています。  バルトークのヴァイオリンコンチェルトもベルク同様アイザック・スターンがヴァイオリンですが、「1番」の指揮はユージン・オーマンディー、フィラデルフィアOrchです。「2番」はバー

  • Alban Berg Violin Concerto

    Berg Violin Concerto pt 1 - Frederieke Saeijs  アルバン・ベルクのヴァイオリン協奏曲です。  この曲を初めて聴いたのは小石川図書館で借りたアイザック・スターンとバーンスタインのLPでした。これは今でもベストです。  あとクリスティアン・テツラフも熱演していました。渡辺玲子も演奏していたかもしれません。  ヴァイオリンと弦楽、それと管楽器の当たり前ですが

  • La Renaissance フランス・ルネサンス

    Claude Gervaise - Danceries - Suite I  クロード・ジェルヴェーズっていう作曲家です。  小石川図書館でアンドレ・イゾワール(オルガン)のフランスルネサンスのLPを借りて聴いたのが最初で、とても新鮮に思いました。  何か、それまでのオルガン曲と全然ちがっていたからです。  上の曲もアンドレ・イゾワールで検索したり、ブランルとかルネサンスで検索して出てきたのです。

  • Korngold String Sextet  コルンゴルト 弦楽六重奏曲

    Eric Wolfgang Korngold - String Sestet in D major op. 10  コルンゴルトは知名度は今イチですが、活動時はモーツァルトの再来とも言われた人です。  後年は映画音楽などに尽力しました。  * * * * * * * *  昼間からウィスキーに酔っぱらっていて人生真っ暗闇じゃござんせんか、です。  眠いので昼寝します。布団かぶらず、ダウンジャケット

  • Mahler Symphony NO.9 mov4 (1/3) Bernard Haitink

    Mahler 9th Symphony Haitink/Concertgebouw Orkest 1987: 8 of 10  マーラー交響曲第9番第4楽章の冒頭3分の1です。  演奏はベルナルト・ハイティンク指揮、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。  バーンスタインやアバドで感じなかった部分がありますので、ハイティンク盤も貴重だと思います。  世の中の悲劇を一手に背負ってしまったような曲ですが

  • Alicia de Larrocha performs Mompou

     アリシア・デ・ラローチャによるフェデリコ・モンポウです。 Alicia de Larrocha performs Mompou - LIVE  スタジオ盤は持っていますが、これはライブのようです。  バブルのころ、池袋の西武にある書店内の小物売り場のスペースで流れていました。気になってCDを手に取って見たのがきっかけでハマりました。  モンポウはスペインのサティと呼ばれていたこともあります。スペ

  • ベニスに死す   編曲版

     映画「ベニスに死す」でマーラーのアダージェットは一般に知られるようになりました。映画ではノイマン指揮チェコフィルだったと記憶しています。  図書館などで「蛍の光」の代わりにこの「アダージェット」を流すところもあります。 Mahler Adagietto - Song of the Angels Flute Orchestra  以前教会のオルガン独奏でここに挙げたかもしれないと思い、まあ再度挙げ

  • Jean Cras Quintette Florent Schmitt Soirs フランスの叙情

    Jean Cras - Quintette-Allegro  ジャン・クラは1879年生まれでドビュッシー、フランクの影響を受けました。 Florent Schmitt ‒ Soirs, Op.5  Soirsは夜とか晩という意味です。

  • A・Schoenberg Notturno P・Hindemith 5 Pieces ヨーロッパの憂愁

    A. Schoenberg - Nocturno for strings and harp Dijana Ilkoska and the String Chamber Orchestra  Notturnoは夜想曲になりますが、元は「沈痛で叙情的な(特にピアノにおける)」という意味です。  アルノルト・シェーンベルクの中ではおだやかな曲です。 Paul Hindemith: 5 Pezzi per

  • 映画とクラシック(現代音楽)

    Toru Takemitsu - Kaseki / The Fossil 1975  「化石」という映画のサウンドトラックです。  映画は見ていないですが、武満作品の中でも可憐な小品と呼べる曲だと思います。  1975年は映画産業が斜陽と言われて年数が経っていました。観客動員数も少なかったでしょう。 Au gré du courant : le cinéma de Naruse 成瀬 巳喜男  成

  • Walton ウォルトン 弦楽四重奏曲  都会の憂愁

     ウィリアム・ウォルトンは1902年、20世紀の生まれです。ヴァイオリン協奏曲は同年代のハイフェッツに献呈され初演も録音もされました。それより10年前にヴィオラ協奏曲はヒンデミットに献呈されこちらも名曲です。 William Walton: Quartetto per archi n.2 (1945)  弦楽四重奏曲バージョン~第1楽章は洗練さに加えてサスペンス的なワクワク感があります。1945~

1 2 3 4 5