• William Hurlstone

     イギリスのウィリアム・ハールストーン(1876-1906)は30才の若さで気管支炎のため亡くなった。  昔LPを一枚持っていた。そのころ夭逝した作曲家に興味を持ち、試聴もせず購入した思い出がある。  年代はラヴェルと同世代。日本でいうと泉鏡花と永井荷風の間の年代。 William Hurlstone (1876-1906) : The Magic Mirror, Suite from the i

  • Benjamin Dale for Viola

     ベンジャミン・デイル(1885-1943)はイギリスのロンドンに生まれ、年代としてはアーノルド・バックスやストラヴィンスキーなどと同世代である。 Benjamin Dale Romance For Viola & Piano (From Suite in D Minor op.2)  第一次世界大戦中はドイツベルリンに抑留されていた。  代表作はピアノソナタ。ここではヴィオラを中心に選曲した。

  • Anne Gastinel Bach Franck

     6年ぐらい前か渋谷のタワレコでサイン握手会があった。アンヌ・ガスティネルというチェリストだ。ミニコンサートもあって前から2列めの至近距離でチェロの演奏を聴くことができた。フランス人だが、外見はハンガリー人かチェコ人のようにやや骨太で小柄な人だ。ピアニストのクレア・デザートはいかにもフランス人という感じ。  アンヌのチェロは柔らかな音色だが、ブレがない。  曲目は細かいところは忘れたが、ドビュッシ

  • Arvo Part

    Arvo Pärt - Da Pacem [Estonian Philharmonic Chamber Choir/Paul Hillier] (2006) Arvo Part - Salve Regina (Full)

  • Mozart Requiem Karl Bohm

    アルヴォ・ぺルトのIn Principioを検索しても、(以前挙げたものばかり)目当てのが出てこないので定盤のお聞かせします。 Mozart - Requiem - Karl Bohm sergiobrumano Requiem de Mozart - Lacrimosa - Karl Böhm - Sinfónica de Viena  ラクリモサってインディーズのバンドがあったこと誰も知らない

  • J.S.Bach Mattew-Passion バッハ マタイ受難曲

    St Matthew Passion, Opening chorus , J.S. Bach  スウェーデンのDan Olof Stenlundという人の指揮でマタイ受難曲。  重厚さがクセになりそう。昨今の古楽器マタイと対極な感じでちょっと重厚すぎるかなと感じる部分もありますが、嫌いじゃないです。 St Matthew Passion, Final Chorus, J.S. Bach  同上。

  • Faure Piano Quartet No.1

     久しぶりにフォーレのピアノ四重奏曲でいい演奏が見つかった。 Gabriel Fauré - Piano Quartet No. 1 in C minor, Op. 15  この曲はフォーレの中でも演奏される機会が多いと思う。颯爽とした雰囲気の中にエスプリが十分に味わえる名曲だと思う。  90年代、荻窪の「ミニヨン」の室内楽演奏会に出かけて聴いた。演奏会後駅に向かう途中、見知らぬ人に声を掛けられて

  • Ludwig Thuille

     ルートヴィヒ・トゥイレはR.シュトラウスやマーラーなどと同世代です。オーストリア出身でドイツの音楽家ですが、先祖はフランスのユグノー派(カルヴァン派)だそうです。 Ludwig Thuille - Piano Concerto in D (1886)  ピアノ協奏曲の他に室内楽もあります    45歳で亡くなったため知名度は低いですが楽理の本などで知っている方もいると思います。

  • Steve Lacy & 面白動画

     注意!音大きめです。 Steve Lacy - Enrico Rava, The Forest And The Zoo 1966  ソプラノサックスはスティーヴ・レイシー、トランペットはエンリコ・ラヴァ。1966年の録音。 幻想即興曲(Fantasie Impromptu Op.66) ピアノ演奏中にネコ乱入!  曲は猫ふんじゃったじゃなくて幻想即興曲。

  • Mikhail Glinka (1804-1857)

    Mikhail Glinka - The Lark - Evgeny Kissin   Mikhail Glinka - Viola Sonata in D Minor

  • Thomas Oboe Lee Concerto

    Thomas Oboe Lee (b. 1945) : Violin Concerto (2009)  名前がややこしいですが、ヴァイオリン協奏曲。マックス・レーガーのヴァイオリン協奏曲を連想させます。ベンジャミン・ブリテンも少し感じます。  以前検索している時に見つけました。 Thomas Oboe Lee (b. 1945) : Piano Concerto « Mozartiana » (2

  • The Dover Quartet Plays Brahms and Dvorak

    BISQC 2013 - Dover Quartet - Johannes Brahms Quartet in A minor  ドーバー四重奏団はアメリカの楽団です。メンバー同志目配りしながらフレンドリーな演奏です。  結成10年ぐらいですからまだまだ若手の四重奏団ですが、今後注目株です。  最近のカルテットは女性が一人二人、またアジア系の人が参加している場合がけっこう多い気がします。  メンバ

  • Albert Roussel   蜘蛛の饗宴(バレエ音楽)&付随音楽

     アルベール・ルーセル(1869-1937)  音大きめ Albert Roussel: Le Festin de l'araignée, frammenti sinfonici op.17 (1913)  以前挙げていたと思ったのですが、検索しても出て来なかったので念のため挙げておきます。  「蜘蛛の饗宴」(バレエ音楽)トスカニーニ指揮ニューヨークハーモニー1946年 Albert Rousse

  • 「三丁目の夕日」と「メタモルフォーゼン」

    夕焼けPV ~三丁目の夕日メインテーマ~  作曲者の佐藤直紀氏は1970年か71年ぐらいの生まれだったと思うが、まるで昭和30年代を生きたみたいに曲を作ってくれた。こういう天才もいるんだなと思う。  このテーマが流れるたびにタイムスリップしたみたいに目頭が熱くなる。泣きさえする。これはどういったものなのか。  佐藤氏はVHH型である。R.StraussもVHH型である。(Metrum鑑定法による)

  • 14 Beautiful Female Classical Pianists

    14 Beautiful Female Classical Pianists  この中で、エレーヌ・グリモー、ヴァレンティナ・リシッツア、ユジャ・ワンは知っていました。  でも他にも気になるピアニストがいました。  今は録音の技術が発達してるんですね。古い録音も良いものは良いんですけど。

  • Sviatoslav Richter Plays Medtner Piano Sonata

    Sviatoslav Richter plays Medtner Piano Sonata Reminiscenza, op 38, No.1  ニコライ・メトネル(Nikolai Medtner)作品は最初イリーナ・メジューエワ(Irina Mejoueva)のCDで聴きました。  それまでメトネルを知らなかったので新鮮な気持ちで聴けました。(音質もいいです。YouTubeで聴けます)  メジュ

  • R.Strauss String Sextet From Capriccio

    The Quatuor Ebène plays R. Strauss' Sextet fromCapriccio  R.シュトラウスの弦楽六重奏曲(歌劇「カプリッチョ」より)  メンバーはEbene弦楽四重奏団+Viola,Celloです。  この四重奏団はピアニストのエリック・ルサージュやミシェル・ダルベルトと共演しています。フォーレのピアノ五重奏曲を録音しています。  同曲のルサージュとのステ

  • Faure Dolly Thyssens-Valentin et Puig-Roget

    Germaine Thyssens Valentin plays Fauré "Dolly" Suite Op. 56  4手のためのピアノ曲「ドリー」です。  ここで共演しているジェルメーヌ・ティッサン=ヴァランタンとアンリエット・ピュイグ=ロジェは素晴らしいの一言に尽きます。  アンドレ・シャルランのワンマイクによる録音はシャープとは言えないものの、音楽の立体感を再現してくれています。  上野

  • Ravel String Quartet Budapest Quartet

    Maurice Ravel-String Quartet in F Major (Complete)  以前ハーゲン四重奏団で挙げたかもしれませんが、ブダペスト四重奏団で挙げてみました。  最初聴いたのはフランスのパレナン四重奏団(LP)でした。喫茶「ライオン」ではアルバン・ベルク四重奏団で聴きました。  ブダペスト四重奏団は数年前にタワレコで試聴してCDを買いました。この演奏もまた一興です。  

  • Akira Miyoshi Violin Sonata 三善晃 ヴァイオリン・ソナタ

    三善 晃/ヴァイオリンソナタ/加藤知子(ヴァイオリン)小山実稚恵(ピアノ)  この曲は三善晃の初期作品のヴァイオリン・ソナタです。その前に試作品をベトナム生まれのフランス人ヴァイオリニスト、レーモン・ガロワ・モンブラン氏に持っていきましたが、  「これで本当に満足かい」と言われ、一念発起してこのヴァイオリン・ソナタを作り、持っていったところ「よし」と言ってくれたそうです。  三善氏のパリ国立音楽院

1 2 3 4 5 ... 6