• サバイバルレーサーの軌跡【後編】

    起きたら夕暮れ、夢の世界から参りました。こんにちわ。 サバイバルレーサーの軌跡【前編】の続きのお話です。 前回、岬町まで自分を追い込む旅に出た僕。しかし帰りは自分に甘え、わざわざ負荷をかけた10キロのダンベルを置いてきてしまったのです。 後悔に押しつぶされそうだった僕は、一週間反省をし続けました。仕事でミスをしても何も感じません。 頭にあるのはただ一つ。 生まれてきてごめんなさい。 人間こうなって

  • 最後の旅 山陰路 鳥取砂丘

    大山から砂丘に向かった。 わたしは生涯の中で行ってみたい場所がいくつかある、その中の一つが砂丘だった。 そこにタカシと行けることに無上の喜びを感じていた。 山陰道の海岸線を走ると風力発電の風車が長く並んでいる。 青空に真っ白にそびえる風車が綺麗に映えている。 優雅に回っていて、 信号がない道が続き異国情緒を感じた。 途中に名探偵コナンの作者青山剛昌さんのふるさと館があり立ち寄ってみると阿笠博士の黄