• 次の魔法まで

    コーヒーの湯気が窓から差し込む朝日を受け、光を帯びてまるで魔法のあとの名残のようだ。 シウミンは静かな時間が好きだ。朝も。もちろん言うまでもなくコーヒーも。 自分のようなタイプの人間が、大人になっても大人数でこのような暮らしをしているなんて不思議だ、とテーブルの上に頬杖をつき、シウミンは何度繰り返したか分からないこの現状への率直な感想をまた自分だけに語り掛けた。 不満があるなどというそんな簡単で安