• ハムレット <高貴な自由精神の悲劇>

    ハムレットは復讐劇である。忠臣蔵がそうであるように悲劇に終わるより他はない劇である。ただ、ハムレットは非常に多弁で、内蔵助は非常に寡黙であるということは、また、別の話になるのだが。 ハムレットの自由精神は、比喩を使えば、いわば、復讐心という暗い感情を垂直軸にして、その回りを振り幅が非常に大きい螺旋状に下降する感情として運動していき、最後の大団円で、それが交わるように、描かれているように見える。そう

  • ドストエフスキーの時間感覚 <大胆な革新性>

    ドストエフスキーの小説、特に「罪と罰」以降の作品には、独特の時間が流れていることは誰も指摘することだが、それについての詳細な論は読んだことがない。 ここで少し、それについてかんがえてみたい。まず、ドストエフスキーの時間の扱い方だが、ドストエフスキーは、じつにうまく現実の時間を利用していることである。小説には小説自体の時間の進み方がある。例えば、トルストイやバルザックは、その小説の時間進行を妨げるよ

  • 「マクベス」シェイクスピア 新潮文庫

    シェイクスピアの四大悲劇の中で、もっとも色調の暗い悲劇です。これは、マクベスが本物の悪人に他ならないことから来ています。王の高貴な血筋を断ったマクベスは、自ら、王位簒奪者になります。魔女の予言にいいように振り回され、権力をわがものとするために、殺し屋に暗殺を依頼します。マクベス劇中もっとも暗い場面です。マクベスは、魔女の予言を信じ悪に手を染めるのですが、自ら悪人となる道に賭けるように行動し、本物の

  • Bill / 映画

    BBC製作のイギリス映画。 「Bill」ではピンと来ないかもしれないが、Bill(ビル)はWilliam(ウィリアム)のニックネーム。 イギリスで有名なウィリアムといえば...そう、偉大なる劇作家ウィリアム・シェイクスピア。彼がこの映画の主役だが、、、従来イメージするような格好良く、シリアスな彼のイメージは早々に忘れ去ることが必須! というのも、この映画、歴史ものなのにとびっきりコメディーなのだ!

  • シェイクスピアの四大悲劇や名台詞(セリフ)を断捨離

    英和対訳 シェイクスピアの名せりふ 100 (安西徹雄 著) 今年・平成28年の僕の決意でも述べたのですが、今年は例年にも増して「人間について」を勉強しながら、断捨離や使い切る暮らしを実践しています! と言いたいところなのですが、何かと色々あって計画通りに進んでいないんです。本日、なんとかこのウィリアム・シェイクスピアの本を最後に読んでから断捨離しました。今までにも何度か通しで読んで、時々パラパラ

  • 車の中で聴く英語CD 2 「THE ESSENTIAL SHAKESPEARE LIVE」

    「THE ESSENTIAL SHAKESPEARE LIVE」 5月末から車の中で聴く英語CDとして 「Shakespeare's original pronunciation(BRITISH LIBRARY)」を選び 聞き続けてきましたが、 そろそろさすがに飽きてきましたので 次の CDに入れ換えました。 これから車の中で聴くのは、 「THE ESSENTIAL SHAKESPEARE LIV

  • 「ハムレット」 シェイクスピア - 福田恆存訳 この夏の僕の新潮文庫の1冊

    HAMLET  William Shakespeare ハムレット ウィリアム・シェイクスピア - 福田 恆存(ふくだ つねあり)訳 新潮文庫 原題: The Tragedy of Hamlet, Prince of Denmark(デンマーク王子ハムレットの悲劇) 城に現われた父王の亡霊から、その死因が叔父の計略によるものであるという 事実を告げられたデンマークの王子ハムレットは、固い復讐を誓う

  • 「ハムレット」 24時間 - 仕事 - 睡眠 - 食事=シェイクスピアの英語の勉強

    ここ数週間、メチャメチャ仕事が忙しいです。 仕事が充実すると楽しいんですが、 問題は英語の勉強時間が減ることです。 24時間 - 仕事 - 睡眠 - 食事=英語の勉強 ざっくりこんな感じの毎日なので、 どうやって英語の勉強時間を確保するか? 限られた時間の中で何を勉強するか? が大切です。 はい、 シェイクスピアの四大悲劇のうちの一つ 「ハムレット」をリスニングしたいと思います。 CDと本は先日ア

  • Good!! 英和対訳 シェイクスピアの名せりふ 100 (安西徹雄 著)

    英和対訳 シェイクスピアの名せりふ100   安西徹雄 著(丸善ライブラリー) 第Ⅰ章 All the World's a Stage 世界は舞台 第Ⅱ章 Love and Passion 愛と情熱 第Ⅲ章 Men and Women 人さまざま 第Ⅳ章 The Way to Dusty Death 死んで土に還る道 第Ⅴ章 Philosophy and Imagination 哲学と想像力と 多

  • 車の中で聴く英語CD 「Shakespeare's original pronunciation(BRITISH LIBRARY)」

    僕が聴き始めた英語CD Shakespeare's Original Pronunciation: Speeches and Scenes Performed As Shakespeare would have heard them Hear new meanings uncovered, new jokes revealed, poetic effect enhanced How did Sha

  • 生と死、恋と魂。 「恋に落ちたシェイクスピア」の感想

    生と死、恋と魂。 ウィリアム・シェイクスピアは 一体我々に何を訴えたかったのでしょうか? イギリスを舞台にした映画「恋におちたシェイクスピア」を見ました。 戯曲「ロミオとジュリエット」と1593年のロンドンの 現実の世界が折り重なる重厚なストーリー。 当時の荘厳な衣装や活気ある街の様子。 ヴァイオラ役のグウィネス・パルトロウの白い肌や瞳の美しさは 筆舌に尽くしがたいほどでした。 そして、何よりも全