• 秋、シルクロード【河西回廊】の旅

    1日目、西安着、空港お迎え、ホテルにお送りします。 2日目、西安→張騫像→シルクロード出発点記念像→乾陵(シルクロードを見下ろす)→彬州塔(西遊記ドラマのロケ地、御麺が美味しい)→彬県大仏寺(大仏の高さが24M)→シルクロードの轍の跡→南石窟寺→王母宮石窟→平涼市に泊 3日目、平涼→六盤山紅軍長征スポット→会寧紅軍会師(長征合流)楼→黄河母親の像→黄河鉄橋→白塔山<黄河の流れと蘭州市内を一望できま

  • マイナス40度や砂ぼこりも大丈夫!悪天候対応の高速鉄道が西安でお目見え―中国

    西安鉄路局西安北動車所に6日、CRH5G型高速鉄道車両が到着した。中国新聞網が伝えた。 この高速鉄道車両は甘粛省蘭州市と新疆を結ぶ蘭新線の特殊な自然環境に対応するため開発された。零下40度以上の高原・寒冷地での正常な運行を可能としているだけでなく、風、砂、雨、雪、霧、紫外線といった悪天候にも対応することができる。 同車両は主に7月に開通する宝鶏と蘭州を結ぶ宝蘭高速鉄道において、西安鉄路局が増発する

  • 【中国に行ってみよう!】 第三回 西安篇——城壁

    西安には城壁があります。 現存するものは、明代に唐の皇城跡に造られたもので、唐の時代の城壁の1/9しかないそうです。 それでも周囲は約14km、高さも約12mもある、大変立派なものです。 西安の咸陽空港から市内のホテルに向かう途中、城壁が見えてきます。 ああ、長安に来たなあと思います。 今、見ている城壁が唐代のものではないと分かっていても、場所が異なることがわかっていても、長安にたどり着いた遣唐使

  • 世界遺産・絹の道、東へ続け 日韓「ルート延伸を」

    世界遺産・絹の道、東へ続け 日韓「ルート延伸を」 中国・唐とローマ帝国をつないだ古代の交易路「シルクロード」。その一部が2014年、「長安・天山回廊の交易路網」として世界遺産に登録された。これに続こうと、韓国、日本へのルートの延伸や、中国による「海のシルクロード」の登録を目指す動きが具体化している。  古代国家・新羅の都があった韓国・慶州で昨年12月、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の国際会議が開

  • ケヤキ(欅)の新緑が目に眩しい!

    緑、緑、緑~っ!新緑、新緑、新緑~~☆ 新緑の欅(けやき)の木~っ!! 緑、緑、緑~っ 新緑、新緑、新緑~~☆ すばらしいです! ▼English(英文) Green, green, greeeeen! Fresh greeeeeeeeeeen! That's great! (参考) 圧倒的新緑、八王子・あったかホール(2010年5月撮影) 八王子の名水・六本杉公園湧水池(2010年5月撮影) 八