• スイカの皮ガリガリ

    シャリシャリした果肉* 繊維が立った皮の部分 持ち帰りネズミたちに 争うように夢中でガリ 所属する書道クラブで稽古の終わりにスイカで打ち上げ。シャリシャリした果肉の部分はとても甘かった。白い部分もそれなりに噛み切るときに繊維が立っていた。 他の部員は皮の部分は捨てていたが貧乏性のnanoは持ち帰り。水分豊富だし、赤い果肉の部分はあまり残ってないけどネズミが好きそうなもの。試しに幅5mm,長さ2cm

  • 汚し屋

    一番の汚し屋のケージを 床材総とっかえで仮暮らし 意外に落ち着いたもので 方方を嗅ぎ回り興味津々 我が家一番の汚し屋で自身も全身に糞尿がついているbb.フォイラー。そんな汚し屋の床材を総とっかえすることに。彼が我が家に来た頃彼を触ると手がざらついていた。それは彼がシェルターを転がしまわるので、床だったところが壁になったり天井になったりするので彼のfurに糞尿が付く。で、彼を触ると手に糞尿がつき手が

  • 暖房解除

    いつもならまだバリバリ暖房中なのに 今年の異常な暑さのために暖房をオフ 時折ケージ覗いても寒がっちゃいない 夜だって今しっかり熱帯夜なんだから 例年だと8月ころの半月だけ暖房をオフにするのだが今年は5月から異常な暑さが続く年。ねじぃの命にかかわることなので例年の対応にはこだわらず気温に対応することが何より。 また、暑いので喉も渇くだろうと日中在宅している時にはできるだけ頻繁に水やり。しかも水やりに

  • ついに

    ついに恐れていたことが現実のものに 我が家の女王陛下くノ一のxevy=anne その体重が100g overになっちまったぜ 男の子はもちろんゴルハムの体重さえも 皆さんこんにちは、とうとうにほんブログ村のスナネズミ集落の「留守居役」になってしまったnanoです。 短期間に壊れて使えなくなったデジタルスケールをタニタのものに買い替えてねじぃたちの体重測定の恐るべき結果は、 おんな組 xevy=an

  • シナモン

    ブラックやノーマルがいい でもシナモンもかなりいい 表シナモン根本ライラック 毛並み乱れて黒っぽい斑点 この度の九州の豪雨被害に合われた皆様にお見舞い申し上げます。別府の高校出身で馴染みの深い地域の被害に心が痛みます。一日も早い平安な日々の回復をお祈りします。 あまり気が付かなかったがシナモンはかなり魅力的。シナモンは多くが目は赤く、手足や腹は白っぽい。見た目とっても優雅。毛繕いした時毛が逆だって

  • またまた脱走

    一度脱走されると室内の音に過敏に 今朝もカサッという音に異常に反応 ケージの蓋はしっかり閉めた筈だが しかし蓋はわずかに開いて中はカラ 急ぎ竹筒にヒマタネ二粒を入れて窓際にセット。ちょっと用事で目を離した後戻ってみると既にヒマタネは無し。何というすばしっこさ。中のヒマタネがなくなっていることにちょっと時間がかかった。まさかという気がしたので。 あっ、xevy=anneの話。昨日に続き連続脱走。彼女

  • 脱走!

    椅子にかけ寛ぎコーヒータイム 寛ぎ破るどでかい足音にドキッ 気のせいかと強く思いたい瞬間 淡く虚しい期待見事に裏切られ 急ぎペットの部屋に目をやるとxevy=anneのケージの蓋が5cmほど開いたまま。もっとも厄介なやつの脱走。俊敏にして活動的で慎重、滅多なことじゃトラップにかからない。 急ぎ孟宗竹の一節を窓際に寝かせて彼女の登場をじっと待つ。なかなか現れない。現れても竹筒の入口あたりの匂いを嗅ぎ

  • どでかぁ~!

    スイッチ入れてもogしか示さない デジタルキッチンスケール分解し 組み立てなおして測ってみると ほんのひと時動作した結果は・・ まず測定結果は次の通り xevy=anne    97g ♀ フッキー   115g のっこ=mai   57g ♀ bb.フォイラー 96g まず注目すべきはxevy=anneの驚くべき体重。同じ女の子、のっこ=maiはおよそ半分。伸び盛りの男の子のbb.フォイラーより

  • やっと

    長~いこと延び延びだった ツンツンbsの床材完全交換 友人のシュレッダーダスト ちょっと硬いけど気分一新 ほかのケージはとっくに床材交換を終えたのに、ツンツンbsの分は2度に亘ってパス。お陰で床には糞尿と床材の硬いマウンドが発生。ミニちりとりじゃぁとても剥がせない。そこでスクレパーで剥ぎ取り。ゴロッと剥がれた。 ワイショーとクロベールは相変わらず「掃除の邪魔の達人」ぶりを遺憾なく発揮。ちりとりに載

  • おっと!

    今日はかなり暑くなるという予報 朝から相当暑いので床暖房をオフ 夕方帰宅してもスイッチ入れ忘れ 夜ふとケージを覗くと皆寒そう~ 我が家ではほぼ通年でねじぃには床暖房。飼い主のnanoが冬でも暖房しないのにねじぃだけはしっかりヌクヌク。ただし暑い日には昼間は暖房を切ることも。しかし、たまに夜になっても暖房のスイッチを入れ忘れることも。ごめんよ、ねじぃ。 そんなことが今日起こってしまった。帰宅してドア

  • 食欲減退

    このところ皆食欲減退 食いしん坊だってそう ヒトサマだってだるい 5月病ってそのせいも 気温が急に上がる次節や逆に急に下がる次節には体に変調も。それにともなって食欲も減退。ムリムリ食べてもいつものような満足感からは程遠い。むしろ苦痛も。 動物なら無理に食べることは普通はしない。ちょっと熱が出ただけでも食べないのが普通。学生時代馬術部にいたときに見た馬の生態がそうだった。 で、体重の方はどうなのって

  • 異常行動

    当初から異常なビビリヤン いつどんな時かも全く不明 表情は虚ろで何かに怯える 毛が逆立ちやたら走り回る 急に何かに怯えて狭いケージ内を走り回る。その走り方たるやラガーマンもびっくりの華麗なステップ。”z”走行や”j”走行。たとえ天敵でさえ予測不能な行き先で到底捕らえられない走り。 何かから逃げるのなら安全なシェルターに潜り込めば良さそうなのに何故かそうはしない。完全にパニック状態。そのパニックが発

  • 床材交換

    床材がかなり湿気てきた 粉もかなり床に溜まった 床材を交換してやらねば 交換作業の間何度も脱走 今回の床材交換はbb.フォイラーとフッキーの分。前回はおんな組で黒ねじぃのxevy=anneとのっこ=maiの分だった。またまたツンツンbsの分は先送り。 好奇心の強いねじぃたちは相変わらず掃除の邪魔の達人ぶりを発揮。ちりとりには載ってくる、箒には噛み付いてくる、スクレーパには絡みついてくるで。でも、幸

  • 赤黒茶

    黒って究極の茶色だ 薄い茶色その先は赤 xevy=anne見てると そう思う 最近我が家の女王陛下であるxevy=anneの尻尾の先がやけに赤くなった。彼女の脚は実は黒じゃなくて茶色。それは昔から。一見全身真っ黒に見えるけど実はそれだけいろいろな色を背負ってる。もちろん手の甲には白い部分もあり顎から胸までは真一文字の白も。腹の部分はかなり濃いけどグレーも。 話し変わるが、黒のベースボールキャップを

  • 半紙の床材

    半紙の床材思った以上にいい 貧乏性で真っ黒になるまでと 書いたつもりが意外に余白も 黒ねじぃどこにいるかわかる 黒ねじぃのおんな組に半紙の床材。3、4cm四方くらいにちぎって入れた。黒ねじぃにまっくろけの半紙じゃねじぃが見えないかもと心配したが結構白い余白があったのでねじぃの居場所はすぐわかる。大量に書き損じは出るのでこれなら頻繁に床材の交換や補充ができる。おんな組ケージはずうっと清潔が保てる。

  • のっこ=mai満1歳

    ちょっと左斜頸気味で ベビーフェイスで黒く 全身かなり白髪混じり 注意散漫な気まぐれ屋 去年の5月生まれという、のっこ=maiは今日が誕生日。5月生まれなのに我が家に来たのは今年の3月。ということは生まれてから10ヶ月はブリーダーとペットショップでの暮らしということに。 彼女の我が家での人生は長生きできても2年とちょっとだろう。そんなことを感じているわけはないが、まるで末っ子のように甘えん坊ぶりを

  • ワイショーの目

    赤い目なのにまぶたまで 赤くしなくてもいいのに 以前と同じで左の目に傷 手当により今朝は元通り さすがは野生動物、傷の回復も早い。前回も一晩で回復。精製水で希釈した抗菌目薬を綿棒で洗ってやったら一発で効果。 前回はxevy=anneに感染症の疑いがあるまぶたの炎症があったのでワイショーもそれかと疑ったがそうじゃなかった。感染症なら同じケージのクロベールにも感染するはずなのに彼には全く症状はなかった

  • 近況

    我が家の悪ガキどもますます元気 忘れ物のボトルも食いちぎり 体重だってぐんぐん増加の一途 春のせいか水や食物以外にも関心 つい取り出し忘れたウォーターボトルを立て続けに2つも食いちぎられてしまった。一見何の被害もなさそうなのに小さなピンホール。吊り下げていたアルミ線も食いちぎられていた。 我が家に最後に入ってきた2匹、シナモンの男の子bb.フォイラーとブラックの女の子のっこ=maiが特に暴れん坊。

  • ペレット減らず

    このところ食いしん坊だって食欲減退 朝一に見るとペレットがたんまり残り 別におやつを与えすぎたわけじゃない 誰もがドカ食い自慢なのに大異変発生 一番少ない子にさえ5粒、多い子には8粒。8粒組のxevy=anneとbb.フォイラーはずば抜けたドカ食い屋だが朝一で覗いてみると2,3粒の食い残し。これまでにまったくなかったこと。 特に食欲減退が激しいのがツンツンbsのワイショーとクロベール組。以前は朝夕

  • 調教

    膝には載ってくるのに 掌には載ってこない子 のっこ=maiを調教中 なかなか素直に載らず ねじぃは皆超個性的だがこののっこ=maiも同様。おしっこはシェルターにするのだが何故かそのシェルターの中に床材を3分の1ほど詰め込む。しかも、しっかりぎっしり押し込んでいるのでシェルターを逆さにしたくらいでは床材を取り出せない。 ケージのフタを開けるといきなりケージの蓋にジャンプしてくるのもこの子だけ。そして

1 2 3 4 5 ... 12