• スペイン旅行 エンディング

    急遽思い立ったスペイン旅行でしたが、日常を忘れることができ、楽しく旅行できました。なお、今回かかった費用の概算は以下の通りです(通貨単位は日本円)。 ・フライト代(約5.8万円) ・ホテル代(約2.4万円) ・サッカー観戦チケット(約0.8万円) ・現地交通費(約0.8万円) ・食事代(約0.8万円) ・観光地の入場料(約0.8万円) ・その他(約0.5万円) トータルで12万円弱でした。またいつ

  • スペイン旅行 4日目(最終日)

    早くも最終日となりました。この日はアランフェスに行くことにしました。と言ってもまずは朝ごはんです。一昨日訪問したChocolateria San Ginesにもう一度行ってみることにしました(オーダーしたものは前回と同じ)。今回は勝手が分かっているため、気分的にも余裕があり、ゆっくりと味わうことができました。前回撮り忘れた店内の風景です。 朝食を済ませた後、Sol駅からセルカニアスに乗ってアランフ

  • スペイン旅行 3日目

    旅行3日目です。この日はセゴビアに行きました。起床したあと、帰りのカタール航空のフライトのオンラインチェックインを行いました。その後、前日の夜にMuseo del Jamonでテイクアウトしたボカディーリョ(ハムが挟まったサンドイッチ)を軽くつまんだ後、ホテルを出発しました。なお、ボカディーリョは翌朝になるとだいぶ固くなっていたので、あくまで買ってすぐに食べるのが基本だと思いました。外に出た時はま

  • スペイン旅行 2日目

    旅行2日目です。普段、朝食はホテルで食べることが多いですが、今回はあるものを食べたかったので朝食はパスしました。とりあえず外に出ました。朝8時ぐらいなのにまだ少し薄暗いです。 向かったのはChocolateria San Ginesというところです。オーダーしたのはこれです。 ホットチョコは濃厚で、チュロスもさくさくしていて美味しかったです。このセットで4ユーロです。 店の外観です。24時間営業で

  • スペイン旅行 1日目

    2月3日の0時15分発のカタール航空のフライトでマドリードまで行きました。フライト時間は羽田⇒ドーハが約12時間、ドーハ⇒マドリードは約7.5時間といったところでした。2月2日は普段通り会社に出勤し、20時頃にいったん帰宅したあとで羽田に向かったため、フライト中はほぼ爆睡でした。なお、カタール航空は出発の48時間前からオンラインチェックインができ、座席指定もできました。事前にオンラインチェックイン

  • スペイン旅行 イントロ

    2月3日(水)~2月7日(日)まで、短期間でスペイン(マドリード周辺)を旅行しました。旅行に至った経緯は以下の通りです。 1月に仕事が忙しくて3日間ほど休日出勤をした。 ↓ 会社から早めに振替休暇を取るように言われた。 ↓ 2月上旬に3日連続で振替休暇を取得することを決めた。 ↓ 仕事で疲れていたので、どこか海外に行こうか考え始めた。 ↓ 香港や台湾あたりを検討するも航空券が意外と高く、一方、欧州

  • アスエル遺跡

    みなさん、こんにちは~!! さて、いきなりですが。 私はマドリッドにある日本人会の会員です。 そこから毎月、スペインでの邦人被害の情報がメールで送られてきます。 スペインの日本大使館が発表してます。 先月は10件ほどありました。 スリと置き引きがほとんどです。 「気がつくと無くなっていた~~~」っていうやつ。 スリも引ったくりも置き引きもないラ・マンチャの田舎村に住んでいると、 なんか、よその国の

  • ミニオンズ 可愛さあまって 肉さぁ百倍だべ

    みなさん、こんにちは~!! 突然ですが。 アブローディングっていう会社をご存知ですか? https://abroading.net/ 個人で、あるいは家族や友人と海外旅行をされる時、ちょっとしたサポートが欲しいなぁ~って思っている方にもってこいの企画ですね。 登録無料で会員になれます。 私も会員になりました。 スペイン ラ・マンチャ旅行のご案内をサポートしますよ~! よろしくね。 さて、 今、スペ

  • タパスで満腹

    「八月、顔にすず風」という諺がスペインにあります。 八月に入って、日中の猛暑は和らぎ、朝夕は嘘みたいに涼しいです。 ほんま、昔の人は何でもよう知ったはるわ。。。 さて、 昨日はマラゴン村へ行くという記事を書きました。 昼食の前に、みんなでバールのテラスへ行きました。 マラゴン村のお馴染みのバールのテラス。 暑くもなく、ときおり吹いてくる風も気持ち良い! これは、豚の耳。パプリカでピリッと辛く炒めた

  • 鶏肉がドロンだって?

    昨日はちょろっとだけ雨が降り、少し暑さが和らぎました。 今日もマラゴン村で食事します。 当人が本日の料理番。 昨夜、鶏肉のチリンドロン煮をつくりました。 中世から伝わる、スペインの料理だよ。 鶏肉は好きな大きさに切って、塩コショウ。 オリーブオイルで表面をきつね色に焼きます。 ピーマンと玉ねぎは細かく切って、鶏を焼いた後、残ったオイルで炒めます。 トマトは大根おろしで、おろします。 ピーマンと玉ね

  • スペイン人の早業

    スペインで良いバールを選ぶには、その店の床を見ればよい。 床がゴミだらけになっているほど、人気があって良いバールの印だ。 ということが、以前のガイドブックに書かれてあった。 タパスに出て来る オリーブの種をポイポイ床に捨てたり、 タパスに付いてくる爪楊枝をポイポイ床に捨てたり、 エビをむいた皮を、 ムール貝の殻を、 手羽先のから揚げの骨を、 なんでもかんでも、床にポイポイ捨てていた。 それがこの国

  • 片田舎 結婚式も いいんじゃない?

    かつて、スパイス・ガールズというイギリスのアイドル・グループが一世を風靡した。 日本でも流行ったかな? そのグループ解散後、サッカー選手と結婚されたビクトリアさん。 彼女が、 スペインはニンニクの臭いがする国だ。 と、のたまった。 その言葉にスペイン人は、 なにを言う。スペイン人を田舎もん扱いしおって!! と多いに憤慨した。 実は、わたしもビクトリアさんと同感です。 日本からスペインに帰ってきて、

  • 河内音頭とフラメンコ

    地中海沿岸の村で夏休みを楽しんでる娘から写真が届いた。 今日のビーチ、割と空いてますね。 母親は「いいな、いいな」を繰り返してます。 さて、 夕べ、我が村ではこんなイベントがありました。 セビジャーナス・ショー。 セビジャーナスとは、セビージャ県(スペインの南部)で生まれた踊り。 フラメンコに似たもの。衣装はほとんどフラメンコと同じです。 フラメンコは皆さんご存知、ジプシーの民族舞踊。 えっ、「ロ

  • アブラカダブラ

    夫のお客様から、「これ、奥様にどうぞ」とこんな物を頂きました。 ヤギの足。(冷凍庫で爆睡中) 「有難いなぁ」と思いながら、「えっ、なんでヤギの足?」とも思いました。 時々こういったお客様からの差し入れはありますが、 ワインだったり、 チーズだったり、 チョコレートの詰め合わせだったり、 スイカ・メロン・桃といった果物だったり、 と奥様が好きそうなものなんですが、ヤギの足は初めてです。 もしかしたら

  • 木曜日みたいな人

    昨日はスペインのあちこちで大雨が降り、洪水してる町の様子をニュースで見ました。 ラ・マンチャの村には、一滴もなしです。 さて、 今日は木曜日ですね。 明日は金曜日で、(そんなこと分かってるよね) そろそろ週末気分。 スペインで「あんた、木曜日みたいな人やなぁ」というフレーズがあります。 ん???どーゆーこと? 日本のカレンダーとちょこっとだけ違うでしょ。 (材木屋さんの宣伝でもらったんで、写真は無

  • ミニオンくんと楽しいココア

    スペインの子供たちの朝食に欠かせないのは、ココアです。 スペインで最も有名なメーカーのココア(3㎏入り)を買うと。。。 ミニオンくんのマグカップがもれなくプレゼントです。 カップの中にあるプロペラでココアとミルクを混ぜてくれます。 分解すると。。。 ミニオンくんのお腹に電池を入れて、 ズボンのポケットにある青いボタンを押すと、 マグカップのプロペラが回るというしかけ。 こんな可愛いミニオンくんと一

  • モォー わがまま言うたら あかんがな

    サン・フェルミンは5日目。 毎朝8時きっかりに牛小屋の門が開けられ、闘牛6頭とガイド役の牛6頭が一斉にパンプローナの通りに飛び出して行きます。闘牛場まで、850mの道のりを人間と駆け抜けます。 が、、、、 ハプニング発生!! 最後に出た牛が50mほど走ったところでクルッと向きを変えてまた牛小屋へ帰って行きました。 「出るのいやや~ん。モォー。」と言ったかどうかは知らんけど。。。 闘牛用に育てられた