• しつけのしかた

    夕食を終え、それぞれがそれぞれの場所で束の間のゆったりとした時間を過ごす中、セフンとスホが一室でともにいた。 「お前、あの演出で俺を担ぎ出しすぎだぞ」 壁に寄りかかり、不細工な人形を膝に抱えながら少年漫画を読んでにやつくセフンに、ベッドに横になり、雑誌へ目をやりながらスホが投げつけるように言った。少し拗ねたような口調で。 「へ?あの演出?」 セフンは気の抜けた顔のまま、スホの寝転がったベッドに視線