• セレブリティ1(ホミン小説)

    にほんブログ村メイクが終わって鏡を覗きこむと未だに僕は不思議な感覚に襲われる…ほんの時々だけどそこに映っているのは僕であって僕じゃない少なくともほんの何時間か前に寝ぼけまなこで自室の鏡に映っていたチョン.ユンホとは違う…もう一人の自分幼い頃の傷跡さえ綺麗に隠された象牙色の肌真っ白な歯が覗く唇は到底30近い男のものとは思えない鏡に向かって今では自動的に浮かぶ笑み「…何か気になるとこでもありましたか?