• 二人で一本~

    試合用にペアでお揃いの帽子を買いました。 強そうに見えますね~(笑)

  • キャプテン

    真ん中は新6年生のキャプテンです。 ソフトテニスが大好き、 そしていつも真剣なキャプテンなのです。 我が娘にとって良き先輩がいることは、 最高の宝だと思います。 私の尊敬する指導者がキャプテンの顔を初めて見た時。 いい目をしてるね~と一言。 ここでお見せ出来ないのは残念なのですが、 本当にいい目をしているのです。 目は口ほどに物を言う~ 目を見れば直ぐに分かりますね。

  • 背中で語る~

    姉二人の応援に来ていた三女が、 今は選手として馴染みの会場で試合をしています。 親として感慨深いものがあります。 背中で語るではないですが、 後姿が凛々しく見えます。 私は、ごく平凡な人間ですが、 日々、心からの幸せを感じ、 最高に充実した毎日を送っています。 この瞬間に強烈なスポットライトを当てて生きて行きたいと思います。

  • 清々しい朝です

    飲んだ次の日はソフトテニスをして、汗と一緒にアルコールを出しましょう!

  • 子供が急成長してしまう~

    我がジュニアの指導者の元で、 子供たちが急成長しています。 とにかく礼儀に厳しい~ 人間としての成長を最も重視している。 子供たちをやる気にさせる天才である。 基本を大切にする。 何故なら、いつか行き詰ったとき戻る場所があるからだ。 基本は重視するが、 その基本をマスターしたら、その先はオリジナルを大切にする。 細かいことは言わない。 大切なことは伝える。 子供としてではなく、対等な人間として向き

  • 指導者

    あるソフトテニス指導者の言葉です。 正反対の人も知っています。 ある特定の選手を囲い支配する。 それ以外は排除までする。 過去の栄光にしがみつく。 あいつらは良かった。 お前たちはダメだ、とか。 選手は自分の評価を高めるための道具。 使えないやつは捨てる。 その指導者の結末は、 皆から捨てられる。 未来ある、無限の可能性を秘めた子供たちを指導するとは 重大な責任があるはずです。

  • コート整備

    朝からローラー、砂巻き、ブラシ掛け。 しばらく様子見。 みんなテニスが好きですねー。

  • 初めての賞状~

    低学年女子 予選リーグ2位抜けトーナメントで準優勝でした。 本人にとって三回目の大会でしたので大変に喜んでいました。 決勝で敗れた時には泣いていました。 この涙も初めての涙ですね。 ソフトテニスを通して心身共に成長させて頂いてます。 親である私をワクワクさせてくれ、夢中にさせてくれています。 子供の自立を妨げない、良きサポーターでありたいと思います。

  • 幸せになる勇気より

    先生のおかげで合格出来ました。と言わせる教育者は、 ほんとうの意味での教育には失敗しています。 胸に響きます。 ある高校の部活の子供たちは顧問の顔色を伺う子供ばかりです。 怒鳴る、罵声を浴びせる! 子供たちは自分の意志で行動する。 その結果が たとえ成功しても失敗しても 顧問は自分の思い通りでないと怒鳴る! だから子供たちは顧問の顔色ばかり伺うようになる。 行動の基準が顧問に怒られないようにするだ

  • おやすみなさい

    テニスの方々と飲んでいたらいつの間にかこの時間。ソフトテニスに対する気持ちは皆同じ。好きなんですね。 かみさんに怒られないように寝ます。

  • きっと効果はあるはず!!

    見た目は変わらないけど、きっと効果は! お酒さえ飲まなければなー

  • ジュニア近隣大会

    今日はジュニアの近隣大会です。 予選リーグ2位で抜けて、 決勝トーナメント進出です。 素晴らしい指導者に恵まれ、 素直な子供たちは急成長しています。 勝つだけではなく、 人としての成長が大事です。

  • 連休中が勝負!

    晴天の中のソフトテニスは気持ちがよかったです。汗を出してもアルコールを足してしまうので、全く絞れないです。

  • テニス日より

    汗を流して脂を燃やさないと

  • 嫌われる勇気

    指導の行き過ぎか? それとも体罰か? 嫌われる勇気、 名著ですね。 新たな境地を開かせてもらいました。

  • ソフトテニスと向き合う中にすべてがある。

    私が久しぶりにジュニア練習に参加出来ました。 やる気のあるジュニアの子供たちはドンドン進歩しています。 勝手に熱中し、夢中になる。 何かに導かれるように生きる。 大いなる力は間違いなく存在する。 人間を幸せにする、大いなる力が存在する。 だからこそ、人を苛める人間は絶対に幸せになれない。

  • ソフトテニスしてます!

    久し振りの週末の天気。風は強いですが、ソフトテニスを楽しんでいます。

  • ミズノ ジストZZ

    様々なラケットを試打してきたのですが、 やはりこのラケット ミズノ ジストZZが一番打ちやすいようなのです。 このラケット以外を使いこなせないのか? 拘りがありすぎるのか? 柔軟性がないのか? ネガな部分を散々考えましたが、 結局、思うところは本人はきちんと自分に必要なラケットを分かっているということです。 逆にどんなラケットでも器用に使いこなす子供もいます。 その子はそれでいいのです。 親や指導

  • 桜吹雪

    日曜日 桜吹雪舞う中でのジュニア練習でした。 あのゴツゴツとした岩肌のような幹から、 こんなにも見事な花を咲かせる桜~ 自然の神秘、驚異、偉大さを感じます。 同じように私たち人間も、偉大な力を持って生まれてきたのです。 私には私の あなたにはあなたにしか出来ない使命を持って生まれてきたのです。 ナンバーワンではなく、 オンリーワンなのです。

  • 届け、この想い!

    ソフトテニスマガジンより引用 ダンロップ教訓タオルというものがあるそうです。 子供たちに大好きなソフトテニスを思い切りやらせてあげたい! 自分を信じきれる人間に成長させたい! ただそれだけです。 どうか気付いて下さい。

1 2 3 4 5