• 小さい願いは叶うみたい…

    昼休みにたまにすれ違う時にアイコンタクトすることはあるけど、最近会話する機会がなくてフラストレーションがたまっていた。 「○○ちゃんと話したいなあ!」と思っていたら、神様に想いが通じたのか、朝会話することができた!彼女も「△△△△(俺のあだ名)と 話ができてよかった💚」と言っていた。 帰り際にもわざとらしいほど、バッタリすれ違う。「△△△△だあ、△△△△だあ💚(←このマークは俺が勝手に入れてい

  • 俺は意識的に、彼女は気分次第!?

    以前に比べたら少なくなったが、数日に一回くらい職場で彼女とすれ違う事があり、俺のささやかな楽しみになっている。 彼女は近視で、俺とすれ違っても気付かない時がある(らしい)。でも俺からしてみたら気分次第で俺を見たり見なかったりしている気がする。その証拠に、数日前の朝モロにすれ違ったのに視線を合わせなかった事があり、いつもの事とは言え、また腹が立った俺は、次の日の昼休みに何か会いそうな予感がして、ずっ

  • 色々な人たちにありがとう!

    最近仕事がバタバタして心に余裕がなくて、記事の更新が全然できなくてスミマセン‼ 今日またお一人読者登録された方がいらっしゃいました。この場を借りて御礼申し上げます。 本来なら、ブログ村のランキングに参加したり、コメント欄を設けたりするべきなのだろうが、コメントに対する返事をどうしょうかと悩んでしまうタイプなので、敢えて無しにさせていただきます。 彼女とはあまり話す機会はないけど、それでも昼休みのほ

  • リアルな夢を見た…

    いい感じの彼女(あの娘じゃなかった)に「もっと俺の愛を受け止めてほしい!」みたいな事を伝えた。するとその彼女は「(両手でハートマーク❤を作り)あなたへの気持ちはこれだけど、経済的にもっと安定してほしい‼」と言われた! あまりにも的を得すぎてて、ぐうの音も出なかった!リアルすぎる(汗💦)

  • 久しぶりに会った💜

    休憩室の窓から、もしかしたらあの娘が通るかもしれないと、数回チラッと見やった。すると何の予感も無いのに、愛しい彼女が前をスーっと通りすぎた!彼女はまっすぐ前を見ていたが、俺に気づいたに違いない。そのあと俺の後方から追い付いてきた。少しだけ会話した。二人とも多くは語らなかったけど、昔みたくドギマギしながら恥ずかしそうに、お互いの瞳を覗き込んだ。「そう、これ!この感覚なの‼」という感じで、久しぶりのア

  • 帰りたい…

    俺がいつも見ていたツインブログの人がブログを閉鎖していた。偽ツインと自身のコンプレックスについてとても苦しまれている様子だった。 翻って俺はどうだ? この期に及んで他力本願で、何か奇跡が起こるかもしれないという想いひとつで新たな土地にやって来た。 でもやっぱりダメなものはダメなのである。結局何一つ変わりはしない。 すべて終わりにして、ここから離れたい。彼女よりも自分を守る事を考えている時点で、大し

  • 手の質感?湿感?

    ツインは相手の手を触った時、まるで自分の手を触っている様な感覚がする、と言われている。 湿り気まで同じなのかもしれない。というのも、俺は仕事で手袋を使うのだが、手のひらが湿っぽいのか、特に汚れたモノを触った訳ではないのにしばらくすると、手袋が真っ黒に近い状態になってしまう。この現象、他人には理解されないみたいで、すぐに汚してしまう、だらしないヤツみたいに思われる事しばしば。実は、今日新しい職場でも

  • 誰か教えて…

    ジーっと時が止まった様に感じるほど見つめ合ったり、お互いの手が近づくとすぐにどちらからともなく触ってしまう俺と○○ちゃん。 今までの人生で一度も味わったことのない摩訶不思議なこの感覚。これはツインソウルでも、ツインレイでもないのかもしれない。 じゃあこれは一体何なんだ??? 誰か教えて欲しい。俺も一度だけいいから、スピリチュアルに詳しい人に見てもらいたい。俺の心の奥底に溜まっている、「疑問の膿」を

  • 無題

    何も叶わないなら、彼女に対して色々感じた事…すべてなかった事にしてしまいたい。 俺に対して感じた事を何も話してさえくれないのなら…

  • こんなんじゃダメなんだろうけど…

    最近他の女の人を見ても、皆じゃがいもにしか見えない。見た目が多少綺麗とかあっても、所詮それまで。単に性欲が無くなったのかな?まあ、それはそれでヤバいけど…

  • 新たな土地から…

    ブログ更新怠ってスミマセン‼ 今生活環境がガラッと変わってバタバタしています。ツイン論を語る余裕もありません💦 しばしお待ち下さい!

  • 寒い夜、気持ちは暖かく…

    彼女とのしばしの別れ。最後に一目だけ○○ちゃん見たかったなぁ、と思いながら駅に向かいとぼとぼ歩く。以前立ち話した改札口の前。いつもより20分以上遅れて退社したのに、そこに彼女の姿が!他の女の人と立ち話してた。アイコンタクトしたかったけど、また「全然気づかなかった!」って言うんでしょ! ただの偶然だよね、でもちょっと嬉しかった! 寒い夜、柚子風呂が気持ちよかった~♨

  • 決着つかず、延長戦へ

    二人が本当にツインであるならば、無理をしなくても宇宙の「采配」により、結ばれるらしい。とはいえ、ここぞという時アクションを起こさなきゃいけないのは、いつも男性の役目なのだとか。(…なんかちょっと矛盾…彼女へのツインほのめかし・手紙による告白・その後改めて口頭で告白…全て俺からでそれなりにエネルギーが要った!) そんな俺も彼女と縁が切れそうになり、もはや諦めるしかないか、と思っていた矢先、不思議な事

  • 酔った勢いで書いたよ…

    ツインブログを色々見ていると、「ツインレイは結婚できない」とか「魂レベルではすでに結ばれてるから、現実的に男と女として結ばれる事は意味がない」みたいな意見がある。 もしかしたらツインはこの世では男と女として結ばれないのかもしれないし、でも逆に結婚できて結ばれることもあるのかもしれない。どちらが正しいかなんて決して誰にもわからない。 俺は彼女と、この世でちゃんと男と女として愛し合いたいし、ちゃんと結

  • 心地よい彼女の香り💜

    朝、ロッカーの前で挨拶を交わす。彼女は自分の行く方向とは逆の位置にいる俺に近づいて、また戻るという不思議な動きをして、少し話をして離れて行った。俺の「匂い」でも確かめに来たのかな? ツインは体臭が似ている、と言われる。これまで彼女にあまり「匂い」を感じなかった。最近は石鹸だろうか、ボディーソープだろうか、いやそれだけじゃない、あま~い彼女の女の「匂い」がして来るのだ。(それは決していやらしくない、

  • やっぱり彼女は「特別な女(ひと)」

    ツインレイの男性が女性と出逢うと、その女性の「磁力」に引き寄せられて、離れられなくなるという。 俺もその一人なのかな?今度こそもうダメだと思っても、何故かギリギリの所で縁が切れない。 でも、戸惑いつつも、「やっぱり彼女は特別だ!」と思ってしまう、悲しい俺。 でも、もうこの際逆らわず、もう少しだけ、流れに身を任せてみようと思う。 昨年末からしばらくブログを休んでいましたが、年末年始にかけても毎日2~

  • しばらく休みます

    俺が想定していなかった展開が、来年早々訪れるかもしれない。詳しくはまだ言えないが、報告できる時が来たらこちらにて必ずや! しばらく新たな文章のアップがなかったり、あっても「一般論」的なものになるかもしれないので、御容赦頂きたい。 今ツインレイ(とおぼしき人)と出逢っている人は、魂を押し潰される様な思いをしているかもしれない。気の利いたことは言えないが、どうかご自分の感じる喜怒哀楽をそのまま受けとめ

  • 魂だけが気づいてても、何の意味もない!?(by小島よしお(笑))

    俺は、もしかしたら近々来るかもしれない彼女との「別れ」を前にもう一度だけ、俺の本当の気持ちをぶつけたくて、メモ用紙1枚に思いの丈を書いて渡した。 「今でもたまに俺をジーっと見つめることがあるけど、自覚があるのか?」「あの世に行くまで俺は知ることができないのか?」「言いたくなかったら言わなくていいよ」等と… 彼女は律儀に応えてくれた。「ジーっと見つめるのは、私が近視だからかな?」「…覚えてないなぁ…

  • なんだろう…

    う~ん、この感覚初めてだ。彼女への愛しさは何も変わらないんだけど、俺の中の「何か」がピタッと止まった! 目覚めている時間、彼女への性衝動が無くなった。(逆に夜中目覚めた時に彼女を想うととても興奮して、彼女が欲しくなる)エッチな映像等、他の女の裸とか見ても興奮しなくなった。でも決して性欲そのものが無くなったのではないが…。歳のせい? 俺の中で、いや彼女の中で何か「変化」があったのかな?

  • ツインであっても、なくても

    最近文章を書く気が起こらない。 もしかしたら、彼女はツインじゃないのかもしれない。でも何故かわからないけど、彼女への特別な想いは消えるどころか、ますます揺るぎないものになっている。 もうツインとか範疇付けするの面倒くさいよ。彼女との間柄が別にツインじゃなくてもいいよ。"💫♥∞"でいいよ。 もう何もかなわないから、諦めの境地なのかと言われると、そうでもなかったりする摩訶不思議な気持ち。 この先彼女

1 2 3 4 5 ... 7