• 回顧録③

    今から3年以上前、彼女と初めてジーっと10秒くらいだっただろうか、見つめ合ってから、俺はあの不思議な感覚が忘れられず、彼女に視線を送ってはそれに応えて欲しいと思っていた。 見つめあうと、周りが気にならなくなる。すぐに職場の話題になった。オジサンやオバサンは俺を見かけると、聞こえよがしに「…(ヒソヒソ)…アイコンタクト…アイコンタクト!」と言っていた。「あぁ俺もしたいな、アイコンタクト(笑)」何回か

  • 回顧録②

    今年の1月のある朝。会社のロッカーの前で彼女とばったり会った。俺は「おはよう!」と声をかけた。すると、彼女は挨拶を返してこないで、上目遣いで俺をジーっと見つめてきた。彼女が見つめて来るのは、いつも不意打ちだ。俺が欲しいと思った時は来ず、俺が仕事モードの真面目な気分(!?)の時に来る。 その時の彼女は少女が甘えるような瞳をしてくる。あれをされると、分かっていてもいつも何故かカタマってしまう。そして気

  • 回顧録①

    お久し振りです。 最近よく見るツインブログの方の文章の中にあった、相手の人に手を触られた話。食い入る様に読んだ。 仕事中、わざとらしいくらいに男性に手を触られた時、金縛りにあったみたいにカタマったとか…。 俺たちもそうだった。意外にも初めて手を触って来たのは、彼女だった。その後俺からはっきりわかる様に彼女の手を触った時、やはりブログの女性と同じように、彼女はカタマっていた。 でも逆のケースもあった

  • ちょっと書きたくなって…

    「あぁ、何かいいことないかなぁ!」 ここ数年の俺の口癖だった。 彼女と出逢い、今は離ればなれ。もう二度と逢えないかもしれない。つい愚痴りたくなる。でも、最上級の「いいこと」を知ってしまったから、「何かいいことないかなぁ」とは言えなくなった。 メール送っても返事もなく、女々しい自分に腹が立ち彼女の電話番号を削除しちゃったのに、いいこともへったくれも無いよな! それでも、人生は続く…。

  • 無題

    これまでツインについて色々書いてきましたが、一旦お休みしたいと思います。また何か思うこと&進展があったら書きますね。 この世に少しでも多くのツインカップルが結ばれます様に!

  • んなわけねぇよな…

    彼女が俺に"何か"を気づかせる為だけに俺の前に現れたのだとしたら、もう一生涯逢えないんだろうか?逢えてあんなに嬉しかったのに、喧嘩別れが最後なんて悲しすぎるよ! やっとの思いでゲットした彼女の電話番号。結局一回きり…拒否られてるかもしれないと思うと怖くて、こちらからアクセスなんてできない。 ――あっ、スマホに見慣れない色のランプが点滅してる‼もしや彼女からのSMSか?はやる気持ちを抑えて、画面にタ

  • 気持ち上がったり下がったり下がったり😅

    ツインブログをされてる方から、勇気づけられるコメントを頂いて、ツインに出逢った女性の気持ちが少し分かった気がした。俺も前に進まなきゃ!と思った。 とは言うものの、翌朝には昨日の事は忘れてどんよりした気分に逆戻り…! 通勤中や仕事の合間、ボーッとしているといつも思うのは、あの娘のこと。忘れたいのに忘れられない(忘れたい訳がない!)、出逢わなきゃ良かった(ウソ!)この苦しみ、いつ終わるのか?ツインと出

  • パラレルワールドみたいな…

    俺は昔から人間関係などで嫌な事があると、「南の島で暮らせたらいいだろうな!」と現実逃避したくなる癖があった。 南の島は俺にとって"パラレルワールド"に見えた。で実際に6年前に離島に行った事もある。美しい島ではあったが、"パラレルワールド"であるはずがなく、地元に舞い戻る(笑) しかし、戻ってからも俺にとってその島は"パラレルワールド"に思えた。今の何一つ思い通りにならない、嫌な自分を忘れさせてくれ

  • 夢って何かのサイン?

    彼女が恋しくて、寝る前に「夢で逢いたいな」と呟いたら、ちょっとだけ夢に出てきた。 デパートみたいな所で、エスカレーターで上の階に上がる途中で見かけた。俺は必死で彼女を追いかけ、下へ降りた。久しぶりに俺を見た彼女はとても気にしてる様だったが、終始うつむき加減だった。俺は声をかけられなかった。急に場面が変わり、喫茶店みたいな所で俺は何故か彼女の母親!?らしき人と二人で、話していた。その人曰く、彼女もい

  • 魂の"じゃれ愛"?

    ある日の残業前の休憩時間、ジュースを買おうと、俺は自販機の前に立つ。すると、彼女がツツツーっと小走りに俺の横へ。俺の左腕に"押しくらまんじゅう"するみたいに自分の右腕をぶつけてきた。瞬時に俺もそれに応えた。ポーン・ポーン・ポーン!とリズム良く3回当てた。二人とも「あぁ、楽しいなぁ!」と心が弾んでいた。エネルギー交換していたのかな?

  • 何か欠けてる⤵

    俺は他人から見て、何かが足りなく見える様だ。例えば仕事で1つの作業をしていても、遅いらしい。なんとか人並みのスピードに合わせても、「ぎこちない」だの、「力が入りすぎ」だの言われる。 これが俺にとって足りない"モノ"なのかな。こういう自分を最近は受け止められる様になったけど、生きて行くには周りに合わせないといけない時もあり、正直言って「めんどくせぇ」と思ったり… 全ては"さだめ"なのかな😓

  • 両極端な気持ち

    最近心身共に調子が悪い。仕事もやる気が起こらない。あの娘に会えなくなってから、抜け殻の様だ。 もしあの娘がツインなら、俺と同じようにこんなやるせない気持ちになっているんだろうか? 何か感じてほしいけど、こんなツラい状態でいて欲しくない。俺のこと想っててほしいけど、だとしたら、なぜこのまま?(動けるわけないか!)何とも思ってなかったらなかったで悲しい。

  • 以前と変わったこと…

    彼女と会えなくなって、はや2ヶ月。 俺は心も身体も彼女に出逢う3年前に戻ってしまった。体重は昨日測ったらベストに比べて4,5kg増!😓張り合いも無く、気力も無く、ただただ毎日過ごすだけ。仕事もやる気が起こらない。 変わったことは、俺にとってとてつもなく特別な女性がこの世に存在することを知り、その人と出逢ってしまったと言う事実。 たまに鏡で自分を見ると、瞳の奥底にあの娘を感じる。それは見えるのでは

  • これも幸せ。

    今は彼女に連絡することも叶わず、俺はただただあのひとのことを想い続けるだけ… でも不思議だ!彼女のことを想っているだけでホワ~ンと幸せになる時がある。そう思うしかないからなのかな…💦

  • ツイン男性に見つめられたら、カタマるの!?

    また他の方のツインブログの受け売りみたいになってしまうけど、俺の腑にストーンと落ちたから、書かせてもらう。 ツインの相手の男性に見つめられた女性の話。 ・目をそらせなくなる。 ・身動きできなくなる。 ・全てを見透かされそうになる。 ・見つめ合いが終わったら、無言で引き離される。 ・記憶が飛び、曖昧になる。 俺と見つめ合った時の彼女の反応が、まさに「これ」だった! 「全然覚えてない!」―― あの娘は

  • 二人の愛が最高潮になったら、分離!?

    彼女と逢えない日々が続き、仕事も体のデトックスやストレッチもやる気が起こらない。 このブログの更新もペースダウンしてきた。 相手がツインであるか、ツインでないか? それは出逢った人それぞれが感じた事がすべてだと思う。とは言え、ツインに最初に出逢ってから確信に至るまでの間悩み苦しんだ時、インターネットで検索しまくった様に、その後も相手との葛藤があった時に、ツインブログ諸氏の腑に落ちる文章を見つけては

  • 今生、あの娘との絡みはあれで終わりなのか?

    ツインに出逢う(はず)の人は「この人!」と決めて、この世に生を受けた。 だから、ツインと出逢う人は異性との経験がなかったり、少しだったりするんだとか…。 俺はあの娘と出逢った時、「この人と出逢う為に俺は今まで縁が無かったんだ!」と思った。 でも今現在、俺と彼女は離ればなれ…。 あの娘が俺のお姫様じゃないのか? じゃあ俺のお姫様は一体何処にいるのか?

  • なんか爽快な朝☀

    彼女への執着が離れず、一瞬泣きたい気持ちになったりする事もある。 でも今朝目覚めたら、少し睡眠不足にも関わらずスッキリ爽快だった。 彼女を思い出した時の、あのモヤ~っとした嫌な気持ちは今はない。ぐっすり眠れたからかな? あの娘の事、少しずつ忘れようとしているのか、或いは本当はあまり好きじゃなかったのか?…

  • 何かに気づいているはずなのに…

    彼女とはしばらく逢えない。今度いつ逢えるのか? だもんで、俺と彼女の直接のやり取りをこのブログの"ネタ"にすることが出来なくなった。 これからはしばらく、今までの彼女との出来事の振り返りや、俺の内面的な所が話の中心になると思う。また、他の方のツインブログの話題に呼応する感じの話題がこれまで以上に多くなりそうだ。 ――ある方のブログに「ツインの二人には二つのタイプがある。」とあった。 「一つは配偶者

  • 潮目が変わったのか…!?

    色々なツイン関連のブログを見ていると、春分の日辺りからツインの"暦?"が変わったとあり、更にこの5月からエネルギーが変わったとある。 渦中にいる俺もなんとなく、潮目が変わるのを感じている。彼女と出逢う少し前から、何故か健康面に気をつけ始め、ストレッチやデトックスに興味を持ち、スマートになった俺の身体はここ最近太り始め、気がつけば元通り(悲)。

1 2 3 4 5 ... 6