• 彼女はツインって最初から知ってた!?💫

    ツインレイと出逢うと相手を通じて「自分自身」と、とことん向き合わなければならなくなるようだ。しかも大抵自分の嫌な部分とだ。 ここ最近俺は彼女に対して、穏やかな気持ちを抱いていた。でも宇宙は何故か、俺にそんな気持ちで居続ける事を許さない。俺の嫌いな例の男、そう彼女に惚れてる癖に玉砕する覚悟もなく、ダラダラデレデレつきまとう、いけ好かないアイツだ! あの野郎、本来なら仕事で直接関わることはないハズなの

  • "性衝動"抜きにしても愛してる!

    いつもこのブログを読んで下さる方ならお分かりかと思うが、彼女に対する想いが日によってプラスに支配されたり、マイナスに支配されたりする、まるで振り子の様に。でも基本的に彼女の事が愛しくてたまらないのは全く揺るぎない。 一時まえは彼女への"性衝動"が凄すぎて堪らなかった(笑)でもここ数日は、彼女への想いが単にオスメスの感情じゃなくて、何かうまく説明できないけど「そういう感情」抜きにしても愛しくてたまら

  • 心がフラットになってきた

    平日、文章をアップする時は大体寝る前になる。しかし、すごく疲れた時は文字を入力しながらうつらうつらしてしまい、全然先に進まない。結局睡魔に負けて、途中で書くのをやめたり、文章そのものを全部消去してしまったり…。だから今日は少し早い時間にしてみた。 この2年半、一日たりとも彼女の事を思わない日はなかった。その時々は辛かったけど、今にして思えば、この歳(40代半ば)になってひとりの女の人をこんなに想い

  • 面倒くさいお互いの気分の浮き沈み

    朝一発目、その日によって彼女は「素っ気ないな」と感じる時がある。自分から話しかけずに、俺が話しかけてくるのを待ってる感じ。「奥ゆかしいな、照れてるのかな!?」と思った時期もあったが、今はそれをされるとムカッとしてしまう。出逢ってもう2年半以上経つのに、その日の気分次第で挨拶したりしなかったり… なんでそんなに気分屋なんだろう!?俺に「何か」を感じているから!?かと思いきや、朝イチいきなりボディータ

  • 痛いの痛いの、飛んでけ~!?

    仕事の関係で1週間会えない日が続いた。会えない日々も特に寂しいとかはなかった。でも久々に彼女の顔を見ると愛しさがグーッとこみ上げてきた。 朝、第一声挨拶は普通に交わした。その後仕事開始直後、向かい合わせの状態で少し立ち話。彼女はさりげなく俺の左腕にタッチしてきた。愛情のこもった優しいタッチだった。彼女がさわった辺り、実は数日前に無理をして筋肉痛になった所。何も知らないハズなのに、俺の痛い箇所を感じ

  • 彼女への思いが減った!?

    最近他の人のツインブログの気になった文章を、俺の"ツインノート"に書き写したりしていた事もあり、こちらにまでエネルギーが向かなかった。 ここ最近、仕事が休みの日とか、ツインの彼女と会えない日があっても前ほど「早く会いたい!」とかって思わなくなった。この心情は何処から来るのか? あきらめの境地? 彼女の気持ち(深いところ)を知って、信頼している? どちらかは分からない。不思議と体の力が抜けて楽な感じ

  • 「瞳」とは字の如く

    この前仕事中、少し手が空いたのでゴミを集めて捨てに行こうとした。彼女の所にもゴミ集めに行った。彼女は俺と一緒にゴミ捨てに行く気マンマンだったのに、俺は「一人で行けるから大丈夫だよ!」と、本心とは裏腹につい嘘をついてしまった。 そしたら、彼女の瞳が一瞬にして曇り、急に泣きそうな顔になった。その瞳はまるで幼い女の子が拗ねた様だった。俺は急に兄の様な、あるいは父親の様な心境になり、あわてて「わ、わ、分か

  • そろそろ来る別離

    彼女と出逢ってもうすぐ2年半。喜怒哀楽じゃなくて楽・哀・怒・(喜←これはまだ。彼女と結ばれた時に!)をこれでもかッ!って程味わわされ、幸せも感じつつ心がボロボロになる事も多々あった。 彼女も「何か」を感じているみたいで、それは「念」として俺に伝わって来る。曰く「今まで味わった事がないくらいの辛い人間関係」で追い詰められているって俺に告白してくれた。それが俺との事なんて、彼女は決して口にしないけど、

  • 前置きから…あの話

    ツインと出逢うと、不思議な感覚や相手へのとてつもない愛しさ、二人でジーっと見つめ合った時の、言葉に例え様のないフワ~ンとしたような、あるいは宇宙とまでは言わないものの、一瞬真空になる「とき」。そしてむしろこっちの方が多い、相手に対する激しい執着・強い嫉妬心・時折抱く愛憎…等々。 何か感じると、誰かに聞いて欲しいけど、周りにそんなこと分かってくれる人なんてそうそう居るはずもない。自分ひとりの中で∞状

  • 俺の"ツインノート"

    俺は彼女に出逢ってからの出来事や自分の想いとかをきちんと残す為にノートに記している。最初の1冊目は他の事を書いて途中からだが、現在7冊目だ。彼女との間にめざましい展開が期待できない!?と思い、本当は6冊目で終わりにするつもりだった。しかし、ブログを始めることになり、あと1冊だけ"Extra"と称して続けている。 昨日彼女の人間関係の悩みとかを話し合って、あらためて心が通い合う気持ち良さを感じた。彼

  • イライラ…憎しみ…

    最近彼女に気を遣ってもらっても、軽くシカトされても、どっちをされてもイライラする。 俺、彼女の事特別な人って本当に思っているのかな?ただ×××したいだけなんじゃないか?彼女のまーるい女っぽい尻を見ながらつくづく思う。 彼女の気遣いはただギスギスした関係になりたくないだけなのか?何でそこまでする必要が?俺の不機嫌な顔がよっぽど見たくないんだろうね!(苦笑) こんなに好きなのに、たまに凄く憎たらしいと

  • 瞳の中の深淵に溺れたい

    金曜日の朝彼女と目が合うと、珍しく1発目から固まって(俺の『おはよう!』の問いかけにも応えず)俺を見つめてきた。そのままジーっと見つめ合いたかったけど、俺の背後に邪魔者が見えたみたいで、フェードアウトする様に離れて行った。 朝からいきなり濃いアイコンタクトはパンチがある!👊ここ数日彼女の事をより強く想っているのが伝わっているみたいだ。 あぁ、久しぶりに彼女の瞳に吸い込まれるくらいに見つめ合いたい

  • 一瞬のきらめき

    以前は仕事中すれ違う瞬間に目を見開いて「(言葉にならない)うん!?」てな感じでアイコンタクトしていた。大概俺が油断している時に彼女は見つめて来る。 アイコンタクトしているとテレパシーでまるでセックスしている様な幸せを感じる。"セックス"は若干オーバーな表現かもしれないが、この幸せな感覚はこの世にある言葉ではうまく説明できない! でも最近はあまりしてくれなくなった。寂しいけど、逆にいうと彼女もこのア

  • ツインと性について

    ツインと性の関係は切っても切れないと思う。性的な話題だと顔を背けたくなる方もおられるかもしれない。でもツインの相手への性衝動は決していやらしいものではなくて、純粋な「愛」そのものであると俺は思うのだ。 女性はツインの相手のエッチなテレパシーを子宮で感じると聞いたことがある。"テレパシーセックス"というヤツだ。男性の場合はどうなるのか? 今年の初め頃、彼女のことを想いながら自慰をしていると、ここ最近

  • 強い嫉妬心、そして愚痴…

    例の男となるべく喋らない、と言ってくれた彼女。でも今日また隣り合わせになって作業していた。「仕事の上での事だから仕方ない、仕方ない」と自分に言い聞かせる。俺が腹立つのは仕事が終わる間際。ほ~ら、またあの野郎彼女に近づいて喋ってる。なるべく喋らないと言ってくれたものの、真横に来られちゃシカトも出来ぬ。人にすぐ流される彼女、"俺との約束!?"もどこ吹く風…またいつもの様に相手してる。そこまではいいとし

  • 敏感な心と身体

    前にも書いたが、俺は敏感(サイキックorセンシティブ)だ。それは精神的だけでなく、肉体的にも、である。若い頃(20歳~)からカップラーメンとかプライドポテトが大好きなんだが、食べた後決まって下痢をしていた。何となく、それらが原因じゃないかとは思いつつも、若い頃は特に気にもしていなかった。しかし、40歳を過ぎた頃からすぐ疲れたり、気力が湧いて来なくなったりして、どうしてこうなるんだろう、と悩む様にな

  • 俺が好きな手のふれあいの話

    彼女は俺に気を遣って、俺の前で俺が嫌いな男となるべく喋らない様にしてくれている。嬉しい反面、無理させている様で申し訳ない。もしかすると、俺が怒りや悲しみの気持ちをモロに顔に出してしまうので、それが嫌だから、そうしてくれているのか? 本当は面倒くさくて、重たい俺が大嫌いだったりして…!でも、仕事中の何気ない瞬間に俺の手を触って来たりするのは何故?少しシットリしている俺の掌を気にもせずに触れてきた、以

  • 手と手で感じる幸せ💜

    疲れた夜に文章を書くのって、なかなかエネルギーがいるんだと分かった。今週はバタンキューの日が続いた。 そんな日々の中でも、ささやかな幸せを感じた。仕事中、彼女にモノを手渡した後、俺の空いた手を見ると、彼女の手が!それはもう、さりげなくとかじゃなくてほぼ確信犯的に、人差し指と親指を"パクパクさせる様な状態"で、同じく俺の人差し指と親指の間を挟み込む様に、俺の手に彼女は触れてきた。今の二人にできる、精

  • 無題

    新たに文章を書いていないのに火曜日も100人超のアクセスがあった。ありがとうございます。 一人で物思いにふけっている時、「今日はこんな文章を書こう」とか思うんだけど、いざ書こうとすると、)「うーん、どう書こうか」と迷ったりする。 彼女と俺、最近だいぶ心が通じ合ってきたと思う。腐らずに頑張って来て良かった、と思う反面、彼女に相手がいる以上現実的には何も変わらないのだ。 辛くて、もうこのレースから脱落

  • 夢の中のツインは…

    以前見たツインブログに「夢に頻繁に出てくる相手はツインではない…!?」といったような事が書かれていた。 俺の場合はその逆というか、この2年半夢の中に彼女がほとんど出て来ないのだ。仕事している夢を見ていても、他の人はちゃんと名前が出てくるのに、あれほど愛しい人なのに彼女が出てくるべきシチュエーションでも何故かボヤーっと細身の女の人の姿が現れる。俺は夢の中で必死に名前を思い出そうとするのだが、出て来ず

1 2 3 4 5 ... 6