• リルケ著『マルテの手記』ブクログレビュー

    マルテの手記 (岩波文庫) 著者 : リルケ 岩波書店 発売日 : 1973-01 ブクログでレビューを見る»  一週間くらいかけてようやく読了。  大詩人の小説なのにどうも没頭できず、ページをくる手がにぶかった。  本書中物語が占めるのは250ページくらいだろうが、その内すらすらと内容の入ってくるのは20ページもなかったかと思う。  恐らくそれは、この小説の内容がわたしにとって近しいものじゃなく

  • 高橋健二『若いゲーテ評伝』ブクログレビュー

    若いゲーテ―評伝 (1973年) 著者 : 高橋健二 河出書房新社 発売日 : 1973 ブクログでレビューを見る»  この本には、ゲーテの若い頃、その生誕からだいたい『ウェルテル』を擱筆するまでが、豊富な資料に基づいて記されている。  大詩人ゲーテのひととなりに興味関心があるので読んでみたのだが、やはり若いゲーテの個人的な情報に終始するため、幾らか冗漫な部分があることは否めない。  だが、彼の妹

  • ヘーベル『ドイツ炉辺ばなし集』ブクログレビュー

    <div class="booklog_html"><table><tr><td class="booklog_html_image"><a href="http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E7%82%89%E8%BE%BA%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%81%97%E9%9B%86%E2%80%95%E3%82%AB