• タメルで乳製品を買うならここ!!「DDC(Dairy Development Corporation)」がおすすめ!

    タメル地区の近くに、DDC(Dairy Development Corporation)と呼ばれる乳製品店があります。タメルから近い距離にあるわりには、外国人旅行者はほとんど利用しておらず、利用客のほとんどが地元のネパール人です。 ここにはヨーグルトやチーズ、バター、アイスなど沢山の乳製品を販売しています。味はおいしく、価格もリーズナブルなので、地元のネパール人にとても人気のお店です。 お店の前に

  • ネパールのコンロ事情 ガスコンロ・電気コンロ・IHクッキングヒーターについて

    ネパールで長期滞在中、生活費を抑えたいという人には自炊がおすすめです。 毎日の外食は食費はかさみますし、ダサインやバンダの時には多くの飲食店が閉まってしまうので、案外不便なんです。ものすごい雨が降っている日にわざわざ外に出てご飯を食べに行くのも面倒ですよね。。 ですので、ネパールに長期滞在されるのであれば、是非自炊に挑戦してみましょう! ということで、今回は料理を作るのには欠かせないコンロについて

  • 飲料水タンク20L専用の手動ポンプが便利!

    ネパールの家庭や店先など多くの場面でこのようなブルーのボトルを見ることがあると思います。このボトルには飲料水が20リットル充填されています。 ボトル自体は約300NPR、中身の飲料水は50NPRで買うことができ、二回目以降はボトルは使いまわしします。 最近この20Lボトル専用の手動ポンプをお店で見つけました。買って実際に使ってみたら案外便利だったので、ここで紹介したいと思います。 その商品がこちら

  • ネパールのフリマサイト 「Hamro Bazar」がとにかく便利!!

    みなさんはネパールで、家具が欲しい!というとき、どうしますか? 普通なら、自宅近くの家具屋さんに行って買い物をしますよね。 でも、人によってはちょっと高くて、中古でもいいから安いものが欲しい!という人もいると思います。誰か中古を安く売ってる人はいないかなぁ。そんな風に思っている人は少なくないでしょう。 日本では、「メルカリ」や「ラクマ」といったフリマサイトが当たり前のようにありますが、ネパールでは

  • 【物件紹介】一か月10,000NPRのワンルーム

    カトマンズ・タメルマーグのNEWAMOMOというローカルレストランで、ごはんを食べていたとき、掲示板にこのような張り紙がありました。 おおー、こんなところでも部屋を紹介しているのか~。 どんな感じなんだろう?、と思い、見せてもらいました。 部屋は二部屋、空きがあるそう。(どちらの部屋も10000NPR) 一部屋目はこんな感じ マットレスがソファーの上にありますね、まだ清掃中のようです。 二部屋目は

  • ダルバートは手で食べよう!ネパール手食文化について

    日本では子どもがごはんを手で食べようとすると、親に怒られますよね。 でもネパールでは、ごはん(ダルバート)を手で食べるのはあたりまえなんです。 ネパールの一般的な家庭では、ほぼ毎日朝と夜にダルバードを食べます。その食事中、手を使うか、スプーンを使うかは人によって異なりますが、やっぱり手を使って食べる人の方が多いように思います。特に高齢者の方はほぼすべての人が手で食べています。 この手を使った食事に

  • ネパールで長期滞在のための部屋を探す方法

    ネパールでは旅行者向けのホテルやゲストハウスは多いものの、これらを長期の間借りるとなると一か月の家賃は非常に高いものです。長期間滞在したいという旨をオーナーに伝えれば、いくらかは安くしてくれると思いますが、それでも現地の物件を借りた方が断然安く済みます。 そこで、ネパールでの家賃への出費を抑えたい人は現地の人が借りるような物件を探す必要があります。 僕もネパールに来てから、長期滞在のための部屋を探

  • ネパールの水事情 生活用水について

    ネパールでは、日本のように家にある蛇口をひねればいつでも綺麗な水がでてくる。 そんなことはまずありませんよ!! ネパールの蛇口からでてくる水はたいていがきれいではありません。 中には目に見えて濁っていることもあります。 なので、飲料水としては適しておらず、洗濯や食器洗い、トイレ、シャワーなどに主に使われます。 これは一般の家庭だけではなく、旅行者の泊まるホテルでも同様です。 水道水を飲んでも問題な

  • MADE IN NEPAL 35円カップヌードル

    昨夜、夜食にネパールのカップ麺を食べました。 それがこちら。 このワイワイヌードル、実は35NPRでした。。 中身はこんな感じ 麺が大雑把に入れられており、線までお湯を入れても麺が沈みません。 これがネパールクオリティー(笑) 粉末とフォーク。フォークはすでに壊れていました。 これがネパールクオリティー(怒) お湯を入れて食べてみました。 麺はぐにょぐにょ、スープはほとんど味がなく、ただ辛いだけ!

  • ネパールでの銀行口座開設について

    今日ネパールのナビル銀行(タメル支店)で口座開設を行いましたが、かなり苦労しました。(涙) 外国人の口座開設について、前と今とではシステムが違うようです。 銀行員の方にいろいろお話を聞きましたが、 「今から約1か月前に、外国人によるネパールでの口座開設のシステムは変わったよ」 と言われました。 最近そんなことがあったとは。。。 以下に、外国人がネパールのナビルバンクで口座をつくる際の注意点をまとめ

  • ネパールのレッドブルは安い!

    ネパールでは日本で売っているようなブルーとシルバーのデザインのレッドブルもありますが、これよりも値段の安い金色のレッドブルの方が有名です。 それがこれ! このレッドブルはたくさんのお店で取り扱っているため、ネパールを訪れた事のある人なら一度は見たことがあるかもしれません。 これはあるサンドイッチ屋に入ったときに壁に貼ってあったメニュー表です。 Reb Bull(Thailand) 120NPR (

  • ネパールの電力事情 計画停電について

    ネパールでは日本のように毎日いつでも電気を使えるとは限りません。 水力発電をメインな発電方法としているネパールでは、10月~5月の乾期の時期には1日の大半が停電の状態が続いたりするので、かなり不便な生活を強いられます。 一方、雨期は1日中電気が来ている日もあります。 電気を使えることはうれしいですが、雨が降ると外出が減ったり、気持ちも落ち込みやすくなるので、なんだか複雑な気持ちです。。 僕の住むタ

  • 僕の住むネパールのアパートを公開

    ネパールに長期滞在するにあたって、僕が一番心配していたのが住居のこと。 どのくらいの家賃なのか?光熱費は?そもそもそれなりにきれいなのか? せっかく大学に通うなら大学まで歩いて行ける距離にあるアパートがいいし、家賃も安いに越したことはない。 結局、僕は不安を抱えたまま日本を出国。 ネパールに到着し、以前友達になったネパール人の家にタダで泊めてもらうことに。 そして、ここから2週間もの長い、アパート