• 【ネパール旅行・留学前必見】ネパール人の英語力とネパール英語の特徴について

    ネパールへの旅行や留学するにあたって、気になるのがネパール人の英語力。 ネパール人は一体どのくらい英語を使えるのか、みなさんはご存知でしょうか?? 実はネパールでは観光地を中心に多くのネパール人は英語を話せます。 最近の学校では英語だけで授業をしているところも多くなってきています。 また、ガーバメントスクールでも国を挙げて英語教育に力を入れているようです。(ネパール語がお粗末になっているようですが

  • 「旅行者向けレストラン」・「現地人向けレストラン」・「家庭」のダルバートについて

    ネパールを代表する料理の一つ「ダルバート」、みなさんは知っていますか? ネパールに旅行される際には、必ず食べる機会があると思いますので、旅行前に少しだけダルバートについて知っておきましょう!! どんな料理かというと、、ごはんに豆の汁をかけたもの。おかずとして野菜のいためもの(タルカリ)が一緒についています。(ダルバートのダルはネパール語でマメ、バートはごはんを意味します) 今回は旅行者向けレストラ

  • 【旅行前必見!】ネパールのトイレ事情 ネパール式トイレの使い方について

    みなさんはネパールのトイレどういった印象をお持ちですか? え?きたない??...そ、そう!!きたないです! ネパールのトイレは日本のトイレとは異なる点も多いので、旅行前には是非ネパールのトイレについて知っておきましょう。 日本のトイレは世界一綺麗と言ってもいいので、日本との清潔面の差に驚く人は多いと思いますし、ネパールのトイレについて沢山疑問をもっている人は多いでしょう。 ネパールのトイレって一体

  • タメルで乳製品を買うならここ!!「DDC(Dairy Development Corporation)」がおすすめ!

    タメル地区の近くに、DDC(Dairy Development Corporation)と呼ばれる乳製品店があります。タメルから近い距離にあるわりには、外国人旅行者はほとんど利用しておらず、利用客のほとんどが地元のネパール人です。 ここにはヨーグルトやチーズ、バター、アイスなど沢山の乳製品を販売しています。味はおいしく、価格もリーズナブルなので、地元のネパール人にとても人気のお店です。 お店の前に

  • タメルの日本食レストラン「一番」が値上がりしていて、コスパが悪くなっていた件について

    久しぶりにタメル地区にある日本食レストラン「一番」に行ってきましたが、開店した当初よりもメニューの値段が高くなっていました。 開店してすぐの時期は、値段も安くてコスパが良いという風に思っていましたが、正直今は以前よりもコスパは良くありません。(以前記事で開店時の様子を紹介していましたね) 僕以外の他のブログでも、以前の値段で紹介しているところが多いと思いますので注意してください。ここで一応値段の訂

  • ネパールへの海外旅行保険について クレジットカード付帯保険の利用と海外旅行保険の加入

    ネパール旅行や留学前に考えておかなければいけないのが、海外保険について。 ネパールでは突然、病気や事故、トラブルに遭遇することはよくあります。 特に病気。食事や水が体に合わない人が多く、皮膚の病気や下痢・高熱といった症状を発症する人が圧倒的に多いようです。トレッキングで来られる方は高山病の恐れもあるので注意が必要です。 また、事故やトラブルによっては自分が加害者となり、多額の賠償金を支払わなければ

  • ネパール旅行中、こんなネパール人には注意!!③ ”日本語を話す詐欺師”

    最近、ネパール人が日本人をだましてお金を盗むといった事案が増えているようです。 ネパールで一緒にビジネスをしないか?儲かるぞ!と言葉巧みに相手を信用させ、最終的に土地を買わされそうになったり、お金を持ち逃げされたという話をよく耳にします。 今回、僕の友達がこの手の詐欺にひっかかりそうになりました。 僕も実際にその詐欺師に会って、様子をうかがってきましたので、今回はこの詐欺師の手口を詳しく説明してい

  • 【裏事情】ネパール・タメル地区にあるマッサージ店の実態

    ネパールのタメル地区を歩いていると頭上に「MASSAGE」や「SPA」と書かれた看板をたくさん見かけます。 これらは一見するとただのマッサージ店に見えるかもしれませんが、ネット上や周りの話を聞くと、どうやらほぼ全てが置屋という話だそうです。ネパールでは風俗業が違法な国なため、警察を欺く為にマッサージの看板を掲げているそうです。 そして、現在も本当に昔のように性的なサービスは存在するのか?真実を確認

  • ネパールでお土産を買うならここ!!パタンにある「NEPAL GANESHA」

    ネパールに来たら、気になるのがお土産! 海外旅行の大きな楽しみの一つですよね。 カトマンズ、特にタメル地区には数えきれないほど沢山のお土産屋さんがあります。 仏像やパシュミナ、宝石、キーホールダー、お茶、コーヒー、帽子や小物のポーチなど、お土産選びにはたくさんの時間がかかると思います。ずーっと歩きっぱなしになるとつかれますよね。。 しかも、これらの商品には値段の表示がなく、いちいち店主に聞かなけれ

  • 夜のタメル地区、ダンスバーの様子

    ネパールのタメル地区には、たくさんのダンスバーがあります。 みなさんはこのネパールのダンスバーについてどのような印象をお待ちですか? たぶん、「お客さんに過激(セクシー)なショーを見せるお店」だと一部の人は考えているかもしれません。 しかし実は、最近は国の規制が厳しくなり、このようなお店はほとんどがなくなったそうです。(まだまだあるそうですが。。) じゃあ、今はどんな感じなの?? 結論から言うと、

  • 【観光】ネパール軍事博物館 写真19枚

    先日、ネパール国立博物館に行ったついでに軍事博物館にも寄ってきました。 【観光】ネパール国立博物館 写真33枚 - ネパールのことならなんでも この軍事博物館は国立博物館の正面にあります。 正面ゲートを抜けすぐ左には、チケット売り場があります。チケット購入後、ここに荷物を預けます。 入場料はこのようになっています。 一人100NPR、カメラを持ち込みたい場合はさらに50NPR、ムービーカメラの場合

  • 【観光】ネパール国立博物館 写真33枚

    ネパール国立博物館に行ってきました。 ここはダルバール広場から南西にヴィシュヌマティ川を渡り、長いアスファルト道路をたどると着くことができます。 (場所詳細はこちら→Google Maps) これが博物館正面です。 正面ゲートを抜けすぐ左にはチケット売り場があります。 入場料はこちら。 一人150NPR、カメラを持ち込みたい場合はさらに100NPR、ムービーカメラの場合は200NPR追加で払います

  • ナラヤンヒティ王宮博物館近くの100円ピザ屋さん

    ナラヤンヒティ王宮博物館の正面玄関から西に20分程度歩くとあるピザ屋さんがあります。 その名も「The Pizza Cutter」 以前ここで昼食をとりましたが、おいしかったので紹介したいと思います。 ※僕の舌はバカです、だいたいなんでもおいしく感じます(笑) 僕が頼んだのはチキンピザとラッシー! ピザは100NPR、ラッシーは50NPRでした。 そして中身はこちら! このボリューム!! とにかく

  • 【観光】ナラヤンヒティ王宮博物館 写真5枚

    初めてナラヤンヒティ王宮博物館に行ってきました。 これが宮殿正面の写真。 正面には銃を構えた軍人の方が見えると思いますが、王宮内のいたるところにこのような軍人が常に厳重体制で警備を行っています。 そしてこのナラヤンヒティ王宮博物館には毎日、たくさんのネパール市民や旅行者が過去の王族らの豪華な暮らしや流血の歴史をひと目見ようとを訪れています。僕が行ったときにはインドからの旅行者やネパールの田舎から来

  • 【観光】スワヤンブナート 写真15枚

    今日、タメル地区から歩いてスワヤンブナートに行ってきました。 2か月振りに行きましたが、やっぱり素敵な場所で何度言っても飽きません。。 タメル地区からは徒歩でだいたい30分くらいでつきます。 これがスワヤンブナート正面のながーーーい階段! そして、とにかくサルがいっぱい!!サルが住み着くお寺として有名で、モンキーテンプルとも呼ばれています。 この緑に囲まれた丘の頂上には大きな白いストゥーパがあり、

  • ネパールの電圧とプラグについて

    ネパールでは電圧が220Vと日本よりも高く、プラグの形状も日本とは異なるBタイプとCタイプが一般的に使われています。 そのため、ネパールで日本国内用の電化製品を使用する場合には変圧器とプラグの形状を変えるプラグアダプターが必要になります。 しかし、iPhoneなど携帯端末やパソコン、カメラの充電器などは、多くの国の電圧に対応していることが多く、変圧器が必要ないこともありますので、事前に確認しておく

  • 「ロータスレストラン」にある情報交換ノート

    タメル地区にある日本風カレーで有名なレストラン「ロータスレストラン」。 ここにはお客さん(旅行者)同士での情報交換を目的とした情報ノートなるものが全部で3冊、置いてあります。 一番左のノートには世界を旅している人が他国に関する様々な情報を書き記してあります。 中身はこんな感じ。 一つ目から強烈な情報ですね。。。 やっぱり旅行は危険と隣り合わせなんだと改めて感じます。旅行中は決して油断してはいけませ

  • ネパールの水事情 生活用水について

    ネパールでは、日本のように家にある蛇口をひねればいつでも綺麗な水がでてくる。 そんなことはまずありませんよ!! ネパールの蛇口からでてくる水はたいていがきれいではありません。 中には目に見えて濁っていることもあります。 なので、飲料水としては適しておらず、洗濯や食器洗い、トイレ、シャワーなどに主に使われます。 これは一般の家庭だけではなく、旅行者の泊まるホテルでも同様です。 水道水を飲んでも問題な

  • タメルに新しくできた日本食レストランに行ってきました

    最近、タメル地区のJyataに新しい日本食レストランができました。 その名は「一番」!! この通りは中国食レストランや中国人向けのホテルがたくさんあり、多くの中国人がこの通りを歩いています。 そのため、僕も含めてですが日本人がこの通りを歩いていると高確率で「ニーハオ」とネパール人に声をかけられます。 中国人が嫌いなわけではありませんが、いい気分にはならないですよね。。そんな時、僕は「アニョハセヨ」

  • ネパールでの観光ビザの延長について

    ネパールの観光ビザの延長についてですが、主に以下の点を確認していただければ大丈夫だと思います。 ①観光ビザによる滞在可能期間は、一年(西暦 1/1~12/31)に合計150日間まで。年が変わればリセットされます。 ②入国時の申請では最大で90日まで発行が可能。入国後はすぐに延長することができます。 ③延長申請はカトマンズかポカラのイミグレーションオフィスで行えます。 ④申請時にはパスポート・オンラ

1 2