• 奈良マラソンへ15日間の人体実験・・・3日前!

    ▶︎今日は走りません 予定通りの疲労回復日! ▶︎木曜日はジムがお休み よって、帰宅後、車で鴻池へ行く事がよくありました。 でも今日あたりはそろそろ鴻池も走れないかもです。 仮設トイレがずらっと並び、立ち入り禁止になっている可能性があるんです。 いよいよカウントダウンだ! ▶︎練習記録カレンダー作りました もう3日前やん。 15日前 11月26日 1時間 57分 16km 14日前 11月27日

  • 洋楽遍歴のスタートの一枚 ~"Help! / The Beatles"

    (収録曲:オリジナル英国盤、1965年) Help! The Night Before You've Got To Hide Your Love Away I Need You Another Girl You're Going to Lose That Girl Ticket To Ride Act Naturally It's Only Love You Like Me Too Much Te

  • 映画「EIGHT DAYS A WEEK」感想

    映画を観てから数日が過ぎてようやく22日に映画を観ている間、終始涙が出続けた理由がわかり始めました。 あのジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターが自由そうに見えるビートルズが1962年デビューから1966年8月まで時間を完全に束縛され、レコーデング、フォトセッション、テレビ出演、ラジオ出演、取材、そしてコンサートと自分の自由な時間を失われたまま、それでも陽気に元

  • ビートルズの「アクト・ナチュラリー」

    ビートルズの映画を観たら、早速リンゴのコンサートが待ち遠しくなってきた。 なぜかリンゴのボーカルである「アクト・ナチュラリー」が記憶の底で鼻の奥がつんとなる懐かしさで迫って来るのだった。 ビートルズに興味のない中学生の姉が「イエスタディ」が聞きたくて買ってきたレコード。1970年だったと思う。私は小5でまだビートルズを知らない時だった。 「イエスタディ」は気に入って何度も聴いたし、A面の「アクト・

  • ビートルズの映画「Eight Days A Week」観ました!

    数日前からウキウキし、何着て行こうかと考え、今朝は5時前から起きてしまい・・・気づけば映画が始まる1時間前に到着していました。 なぜか、始まってから終わるまで、目頭をハンカチで押さえ続けなければなりませんでした。 涙の理由を文章で説明できる能力が残念ながら皆無です。 大画面のビートルズ、初期のカラーのビートルズは素敵過ぎました! ビートルズのことは何でも知ってる、写真もたくさん見たし、映像も観てる

  • And I Love The Beatles!

    2016年になってもビートルズはニューアルバムが発売され、新しい映画も上映される。 1971年、ビートルズを好きになり、早くレコード買いそろえないとレコードが廃盤になる。と思った幼い私が懐かしい。 新聞のテレビ欄を隅々まで見て、絶対にないだろう文字「ビートルズ」を探した。 動くビートルズを見たいと思い続ける毎日だったあの頃が懐かしい。 ipod、youtubeなんて夢の夢。 なんて未来の夢のパラダ

  • 「ビートルズのデザイン地図」発売!

    東海大学札幌キャンパス 今日は日頃お世話になっている先生の本をご紹介します。  私の娘が東海大学札幌キャンパスを今年3月卒業しましたが、そこで竹中先生など諸先生方にお世話になっておりました。  そしてたまたま、私の高校時代の美術部の顧問の石塚耕一先生が、ここでデザインの教鞭をとっていて、娘とも顔見知りという本当にすごい偶然がありました!  とてもびっくりした記憶があります。それがもう、3年ちょっと

  • 今朝のNHKリンゴ・スターのインタビュー

    湯川れい子さんがこの番組の中で リンゴとポールはビートルズの全ての思いを継承していかなければならないという思いがすごく強いんじゃないか。 こんな今だからこそ、音楽の力をもう一回信じて伝えたいという思いが強いんじゃないか。 と言われていたけど、全くそのとおりだと思った。 1964年2月、ビートルズがアメリカに初上陸してテレビ番組「エド・サリバンショー」に出演した時、その放送中は青少年犯罪がほぼ0件だ

  • ビートルズ来日50周年

    50年前の今日1966年6月29日早朝にビートルズが日本にやってきた。 1966年6月、当時のビートルズファンは落ち着かない日々を過ごしたことだろう。 そして、50年経った2016年のビートルズファンの6月も実は落ち着かない日々を過ごしている。 ビートルズ関連の本の出版、ビートルズ関連のテレビ番組、ビートルズ関連イベント、見落としがないか、落ち着かない・・・ そして、今日はリンゴ・スターのチケット

  • ビートルズ誕生への軌跡 マイケル・マッカートニー写真集

    ポール・マッカートニーの弟が撮った写真が載せられている興味深い一冊。 一番印象的な写真はこれ。 ポールのアルバム「ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード」のジャケットにもなっている。 ポール14歳。初めて買ったギターと。お母さんの死後まもない頃らしい。 レースカーテン越しのポールは物悲しげで心に迫ってくるものがある。 ポールの子供の頃の写真。ジョンと違って暖かい家庭の中で育ってい

  • ビートルズ写真集 テレンス・スペンサー Backstage

    1963年から1964年のビートルズ。 まだ世界制覇前の未知の可能性いっぱいのビートルズは、ハンブルグ時代の魅力とはまた違った魅力にあふれる。 写真家の方は当時のビートルズについてこう書いている。 「ビートルズは自分たちの身に降りかかっていることを、まだよくわかっていなかった。」 「楽屋では普通の若者だったし、熱狂的に歓迎されていても平然としていた。 私がずっとそばにいることに最初は閉口していたよ

  • ハリー・ベンソン写真集(ビートルズ)

    ハリー・ベンソン写真集 / イン・ザ・ビギニング ビートルズの写真集で1964年パリ公演から1965年アメリカ公演頃まで。 コンサート合間にホテルの部屋で曲作り そして枕投げ そしてファンレターを読む これらの写真はパリ公演の時なので1964年1月。 ジョン23歳、リンゴ23歳、ポール21歳、ジョージ20歳・・・若い!!

  • LINDA McCARTNEY SIXTIES 写真集

    リンダさんの写真集。 この中に大好きな写真がある。 これは「アビイロード」のB面の「ミーン・ミスター・マスタード」と「シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー」の曲をつなぎあわせるためにポールがノートに書き込んだものをジョンに見せているところらしい。 1969年のあの時期でもやっぱり仲よさそうで嬉しくなる。 この写真集には.1993年ポールの日本公演の時の「C'mon People」

  • 4日目(2016.5.21.)皇居

    いよいよ軽井沢とお別れの日がやってきました。 軽井沢駅に隣接している「軽井沢・プリンス・ショッピングプラザ」でおみやげを買って、東京駅に向かいました。 今日の予定は皇居で1966年ビートルズが来日した際にポールがホテルを抜け出して行った皇居でポールが見た風景を見て同じ写真を撮ること。 そしてビートルズがコンサートを行った武道館を見ること。 東京駅に着いて皇居まで歩いたのですが、暑くて暑くて、 娘は

  • 【Dear BEATLES】リアルTIMEの現代デート編

    ブログを開始して8ヶ月・・・彼女と出会ってからの13年間を綴ってきて、やっと昨年の春までたどり着きました。 でも今日は現在執筆中の・・“未来旅行編”・・を一時中断しまして一気にリアルな現代を語ります。 本日は2016年3月4日金曜日の深夜であります。 もちろんブログなのですがら、日常の出来事を綴るのが当たり前なのですが・・・。 私はこれまで勝手に二人の過去を延々と語ってきました。 でも今夜の久しぶ

  • 朝からビートルズ いいんじゃありません?

    ▶︎「電車内、新聞広げる、少数派」 朝の近鉄と京阪の車内、僕は新聞広げてます。 少数派になりつつあります。 タブレットやスマホを覗き込む人が大半です。 ▶︎その新聞を読んでたら おお!ビートルズ。 ある世代のおじさんは即反応してしまいます。 そういう世代をターゲットにした戦略なのか? でも僕は今のところ、広告には反応しますが、商品、サービスには無反応。 ▶︎この広告の写真 HELPですね。 4人は

  • John Lennon ジョンレノン

    ▶︎昨日は12月8日。 35回目の命日でした。生きていれば75歳。 中学時代、ビートルズ好きで、ギター好きな友人に、大いに影響を受けました。 ビートルズ シネクラブも中学時代です。 彼は高校時代にペンシルバニアに1年留学していて、その時にこの事件がありました。 彼の写真を拝借。 ▶︎今日はジムで疲労の抜きRun Start-30分. 11.1km/h 30〜60分. 11.6km/h 60〜63.

  • ジョン・レノン55回忌に 思うこと!

       もうすぐ2015年12月8日です。1940年生まれのジョン・レノンが もし生きていたら 今年で75歳。あの いたたましい事件により この世を去って 35年が 過ぎようとしています。今回は 私の拙い文章で申し訳ないですが ジョンのことを 書こうと思います。  もちろん ジョンとは 一度も会ったことは ありませんし 見たこともありません。こちらが 音楽を通して 勝手に 好きになっただけです。でも

  • 「白いギター」プレゼント とビートルズ

    ▶︎小学生の頃 日曜日の昼間、「TVジョッキー」という番組があった。 司会は土居まさる。 もちろん料理の土井勝とは別人。 番組の中身は覚えていない。 記憶にあるのは、、、 プレゼントの「白いギター」 と ジーンズのEDWINのCM。 そのCMでShe Loves You が。 でもビートルズではなく、 コピーバンドの演奏だったそうです。 カッコいいCMでした。 ▶︎鴻ノ池でぐるぐる 今日は頑張って

  • 音楽の教科書 ビートルズ!

       自分とビートルズが 最初に結びついたのは 中学2年の時。勉強を教えてもらっていた 大学生の兄さんが 休憩時間に 歌詞を 見せながら 聴かせてもらった<Yesterday>でした。歌詞もさることながら 切なくて寂しい、でもかっこいいなあ!を 思ったのを 思い出します。  それまで 歌謡曲が好きで お気に入りの ドーナッツ盤を 買ったりして 聴いていましたが その頃から 日本語よりも英語の曲に 

1 2