• 携帯短編小説「6:34pmの着信メール」

    ▶︎男は、今日、昼頃から携帯のメールが気になっていた。 仕事の合間にちらちら、、 日が暮れ出し、外の雨音も大きくなりだした。 ふと携帯をチェック。 時計は7時前を指していた。 ▶︎来ていた。 ▶︎男は8時ぐらいまで仕事をするつもりだった。 が、すぅーっと、パワーが抜け机に突っ伏した。 ▶︎しばらくして、男は周りに挨拶もせず職場をすぅーと出た。 雨が降り、風も結構吹く中、 何処で買ったか、借りたか、