• ネタばらし的に書こうとするとこういう話なんだ

    自分が2年前の一月。ワザワザ大きい手荷物を担いでコンビニに 商品を買いに訪れた理由。 例の彼女に対しての引っ越しアピールに加えて勘違いさせる為なんだ。 例の彼女の気持ちを知りつつも、他の女性の元へ走ったと見せかける物。 そして、只のファンだと告げる為。 自分は、例の彼女に幸せになって貰いたいからね? 大きいバックを担いでワザワザコンビニを訪れる理由なんて 自分には、ないんだ。 引っ越し先に郵送で送

  • 名前を間違って正解かもしれない

    気づかせる為。適当に名前を呼んで正解かもしれない? 自分は、その時は、決心がついていたんだ。 その土地を少しの距離離れる事や 只のファンだと告げる事を例の彼女に伝えようと思ったんだ。 でも、一度でも話しかけてしまったら その後の事まで解らない。 その後。 彼女になってください。結婚してくださいと 自分は、例の彼女に懇願したかもしれない。 自分は、とてもその時。理性的では無かった。 自分のような年取

  • 最後には、言えたんだ

    ビックリする程。綺麗で可愛い女性店員さんの只のファンだとね。 クリスマスというイベントも一緒に楽しむ事も出来なかった。 だから、決心は、ついていたんだ。 自分は、おじさんで 若い子とは、時を同じく生きているようで生きていない。 若い人は、今を楽しく生きなくてはいけないよね? だから、自分には、例の彼女を幸せにするには役不足だと思った。 自分は、例の彼女に普通の若い女性の幸せを望んでいたのだからね?

  • 最後に、例の彼女と思わしき女性に会った時

    自分は、その女性を例の彼女だと思い。 その土地から、少し離れる事を伝え 今迄通り? その時分は、例の彼女を女性として意識してしまって商品を 上手く買う事ができなかったのだけれど ビックリする程。綺麗で可愛い店員さんのファンだと伝えようと思って、その謎の女性の元へ向かったんだ。 すると、その時。 謎の女性が叫んだ名は、「ケンジ」。

  • 一月2週に渡って手荷物を取りにいったんだ

    以前は、頻繁に自分に対して、商品を売ろうとしていた。 例の彼女は、自分に対して商品を売ろうとする様子が伺えなかったんだ。 ずっと、後ろを向いているんだよ? 自分は、最後に一杯。一杯の商品を買い。 只のファンだと告げようと思ったのに その時。自分の考えは、纏まっていたんだ。 一緒にクリスマスを祝えないようなダメな人は、 「例の彼女に只のファンだと告げようとね?」