• 南九州ツーリングレポート 第2章 1項 別府到着編

    みなさんこんばんは。 という事で、朝5:30に船内放送で起こされます・・・・ 「なんでこんな朝早くから起こすんじゃ!」ってぼやいても仕方が無いので、ベットでうとうとしてました。 6時からレストランで朝食バフェがあるのですが、今回は下船後にマクドで経路の検討を行いたかったので、朝食はあきらめました。 そして、再度うとうと・・・・ なんと、下船30分前になっていました。 プロテクションウエアーに着替え

  • 南九州ツーリングレポート 第1章 出発編

    みんなさんこんばんわ。 9月12日にフェリーに乗船して、別府から鹿児島に行って、13日は鹿児島に宿泊、その後に鹿児島県内を巡って14日に志布志からフェリーで帰阪という基本行程で南九州のソロツーリングを実施しました。 9月12日の夕刻より、会社が終わってから一旦マンションに帰って、着替えて大急ぎで南港のフェリーターミナルに向かいました。 19:05発の別府行きの「さんふらわあ」ですが、乗船手続きの基

  • 空いてる時に更新していくスタイル

    19時 津軽海峡フェリーターミナル 超疲れた、寝不足になりながらもブログ更新 フェリーターミナル近くのスーパーカブ、、、?カブセンター!で、フェリーで飲むお酒購入 その向かいにある半田屋さんで お腹空いてないからご飯、豚汁、納豆、340円だけにした、半田屋さんみたいな好きなものを取っていくスタイルでこれだけだとちょっと恥ずかしい…と思ってたら後ろのおじさん豚汁だけしか頼んでなかったから安心(`ω´

  • フェリーで行く房総半島ライド!

    フェリーで行く房総ライド✨行ってきました🚴 今日の出発地点は久里浜のフェリー乗り場! (ゴルファーが多くてびっくりしました) まずは反対側の金谷港までワープです🛳🛳 大島までフェリーで行ったことはあるのですが日中明るいうちに乗るフェリー、しかもロードバイク🚴🏻‍♀️そのままで乗れる!というのが初めてで、みんなに笑われるくらい浮かれて船内あちこち探索してしまいました! 40分ほどであっとい

  • 大阪淡路神戸旅行 その3

    ワクワクした気持ちで乗船し、観光シーズンなのかと思っていたが、ほとんどの乗船者は生活者で観光客はほとんど感じられなかった。 やはりこのシーズンは高速バスや観光ツアーで島に渡る人達が多くて、わざわざ明石海峡大橋を船で渡るプランは時間のロスなのかなと感じた。 でもダイナミックな明石海峡大橋を海から眺め、橋の下をくぐる醍醐味を味わえるのは楽しみである。 私たちはフェリーから見上げる絶景にワクワクしていた

  • 大阪淡路神戸旅行 その2

    ゆったり大阪の夜を楽しんで午前零時近くにようやくホテルへと戻った。 シャワーを浴びてネオンの夜景見ながらほんのひとときお喋りしていたが直ぐに二人共に深い眠りに落ちてしまったが、そのせいもあり翌日の朝は早くからのスタートである。 ホテルのレストランで朝食をと思ったが混み合っていたのでそのままチェックアウトした。 電車を乗り換えJRで南へと向かったがそれなりに混んでいる車内。 M「とにかく時間に追われ

  • たまにはフェリーで、@@@

    気が向いたので・・・・ 本日、フェリーに乗ってみました。 北海道はでっけーどー! なんてね。 東京湾フェリーです。ちっちぇーどー!! なんとなく4時に目が覚めました。 本当は、東北に行きたかったのですが、日曜日に所用ありなもので。 夏休みの海水浴渋滞あるかなあ? なんて、ちょっと気にしつつ、出発です。 いつもの儀式。 いい感じにタイヤが剥けました。 久里浜港を目指して、南下です! 途中、戦艦三笠を

  • マカオ⇒香港

    こんにちは。 もうすぐ5月が終わりますがいかがお過ごしでしょうか。 この日は、寝坊してマカオフェリー乗り場までダッシュ。 9:15発のフェリーに乗るため、 フェリーターミナルの写真があまり撮れませんでした・・・ マカオから香港へはフェリーにて行きます。 乗り場はフェリーターミナル2F チケットチェックを行い、パスポートコントロールへ 出国手続きを行い、搭乗ゲートへ 船内はガラガラで快適! ただ、船

  • #のこのしま #能古島へ #フェリー

    #のこのしま #能古島へ #フェリー 能古島へはフェリーで行くのよ[emoji:B68] 福岡の西区にある姪浜(めいのはま)と言う船着場からいきました[emoji:B68] 続きを見る> Akarinselectへ   上↑のあかりのロゴアイコンを推してね♪

  • アートな旅 島に渡る

    船に乗って海を渡った! 2月の下旬とっても寒い日であったが、美緒子さんと船に乗ってある島へと出かけた。 今では超有名ではあるが、アートな島ということで、いたるところに数々のオブジェがある島である。 私は一度部下と営業車で出掛けたことがあったが、もちろん商談であり何も観光はしていない。 土曜日の朝、早めに家を出て 港にクルマを停めて船に乗りこんだ。 この島にはフェリーと小型船で渡れるのだが小型船にし