• フリーランスとして生きるのに必要な顧客は300人

    マーケティングとは顧客の維持と拡大やねんな。究極では。 で、フリーランスいうとカッコイイからみんな憧れるし、俺もそういう口やった。あのレベルで稼げるんなら俺も、と思って会社を辞めた。 いや、甘かったね。顧客どころか見込み顧客すら、ほぼいなかったんだから。 まあ、どんなビジネスにせよ、年間1万円以上の顧客が300人は欲しい。顧客=友達。大切にケアしないといけない。そして、プチ・カリスマにならないとい

  • 願書受付ハジマリマス

    毎年GWが明けると、司法書士試験の願書受付が始まります。過去十数回願書を出し続けたボクにとっては、年中行事の一つだったわけですが、もはやその必要はありません。今は年中無休の個人経営者としてGWも仕事です。まぁ、大したことはやってませんが。 受験会場は自分で選べるため、田舎に住んでいる方でも東京や大阪などの大規模会場を受験地とすることが可能です。願書を提出する際に、受けたい会場の管轄法務局に持参する

  • ベテラン受験生⑧

    受験生活も長くなり、ベテラン受験生(ヴェテ?)と呼ばれる部類に入りましたが、ボクは最後には合格しました。今、受験を控えている人の中には、仕事しながら勉強してる人もいるでしょう。大変だと思います。ボクもそうだったからわかります。結婚していて、家族があって、それでも受験している人もいるでしょう。大変だと思います。ボクもそうだったからわかります。周りから、「もう諦めて違う道に進みなよ」って言われている人

  • 五十嵐は「いがらし」なのか「いからし」なのか

    事務所を立ち上げる際に、名前をどうしようかと考えたわけですが、結局「いからしやすなり司法書士事務所」という名前に落ち着きました。ひらがなフルネームとやたら長いのが特徴ですが、もう一つ見落とせない大事な特徴があります。 いからし? いがらし?  ボクの名前には濁点はありません。「いからし」が正解です。ボクの出身地である新潟県では、五十嵐を「いからし」と読む人が圧倒的に多いと思います。地名にもあるし、

  • はじめまして

    今年独立開業1年目の新人司法書士 いからしやすなり です。 みなさまどうぞよろしくお願いいたします。 個人事務所を立ち上げ、現在登記業務中心に執務をしています。 このブログでは、ボクが業務を通じて感じたことや、司法書士業界のことなどを書いていきたいと思います。 法律専門家が身近な存在となれるように頑張りマス。

  • 27歳女盛り

    初めましてー。 わたし27歳女 至って普通な27歳 真面目に看護師してました(笑) 4年程急性期で看護師をし、 留学を機に退職。 学生の頃夜のお仕事を少しやっており、 まあ、なんとなく、なんとなくではないですが、留学費を稼ぐために働いてみました。 目標金額までたまり留学し、帰国し看護師戻りましたが、なんだかストレスの嵐嵐嵐‼︎‼︎ 自由に気ままに生きたいと思い退職。 現在夜とふらふらしながらやりた