• 【ブラック企業7】初心忘れるべからず

    【ブラック企業7】 『初心忘れるべからず』 ブラック企業に勤めることになったきっかけだけど、そもそもは子どもたちのために母親として家にいられる(在宅ワーク)という条件と、長年の夢だった職に未経験で挑めるということ、それから、しっかりとその職を全うするためのサポートがあるということだった。 ところが、入社してすぐに在宅ではなくなったと報告を受け、業務はサポートどころが何も教えてもらえなかった。 それ

  • 【看護助手日誌2】再出発2日目

    【看護助手日誌2】 「再出発2日目」 初日は実はお風呂の日だった。 101床の内、初日は女性の棟50床だったが、そちらは満床。 自立、独歩の人を除いて.車椅子とストレッチャーの患者さんは10名ほどだろうか。 昼の食事に間に合うように凄まじい勢いでスタッフが動く。 看護師さん、看護助手さんに境目はなかった。 そこにも好感が持てた。 ただ、この日はいわゆる何もない日! 前日よりも比較的大変ではなくて、

  • 【看護助手日誌1】再出発の日

    このブログはおばはんが彷徨うさまをお伝えしています。 【ブラック企業】ブラック企業に勤めていた過去 【40代からの転職】転職活動中 【看護助手日誌】新天地での七転八倒 おばはんの現記憶力を考慮して、章は行ったり来たりしますのでご了承ください。 看護助手日誌は働き始めてからの日々を備忘録的にまとめます。 ⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘ 【看護助手日誌1】 「再出発の日」 いよいよ出勤初日

  • 【ブラック企業6】勘違いを利用する騙しの手口

    【ブラック企業6】 『勘違いを利用する騙しの手口』 ある日、部署異動を言い渡された。 自宅勤務の技術職で入社したはずなのに、 首脳に入れというような内容だった。 正社員にしてくれるということだったし、 念のため数字の全てを見せてくれるように言って了承したが、これは上手く作られた虚偽の数字だった。 つまり、まったくこの時点で経営が成り立っていなかったのだが、上手くいっているようなデータだったのだ。

  • 【ブラック企業5】求人広告と与信

    【ブラック企業5】 『求人広告と与信』 ずっと気になっていたのは、その会社は悪口が多い会社だったことだ。 同僚の悪口、顧客の悪口、そう言った感じがあるということにはずっと違和感があった。 それに対して経営陣は絶対に人の悪口を言わなかった。 誰かが誰かの不満を言っても経営者は双方のフォローをする形、むしろ悪く言われてしまう人を弁護する形で収めるところがあったので、それには好感が持てた。 今振り返ると

  • 【ブラック企業4】達成感という麻薬

    【ブラック企業4】 「達成感という麻薬」 そもそも私はフルタイムパートでしかなかった。 ただ、社員登用ありという謳い文句目当てだったから、とにかく踏ん張って認めてもらおうと決めていたし、こんな素人のおばはんを雇って貰えた恩義も感じていたし、人間としてもとにかく最後までやり遂げようと思っていた。 今から思えば、雇われる身なんだから、契約違反であれば辞めれば良かったのだし、責任もなかったのに。 ただ、

  • 【ブラック企業3】仕事終わんない。人として終わってる。

    【ブラック企業3】 『仕事終わんない。人として終わってる。』 1ヶ月目。 はじめは楽しかった。 先輩たちが続々と、胡散臭いと辞めていく中、仕事が楽しくて仕方がない。 同期とウキャウキャ戯れる。 天職かも! ↑同期ちゃん 私も! ↑私 帰ってからも遅くまで残業。 その時は楽しくて、自分を見失っていた。 クリエイター気取りで夜中を過ごす。 慣れたらもっと早くなるからね!残業代ちゃんとつけてね?! ↑ア

  • 【ブラック企業2】仕事の裏側

    【ブラック企業2】 『仕事の裏側』 憧れだった仕事に就くことが出来て、ルンルン気分のおばはん。 やっぱり私はただ者じゃなかった。 人生こっからやり残したこと全部やって終わろう。 な〜んて思ってた矢先に、先輩から言われるわけです。 「この仕事の裏側、ちゃんと聞いてる?」 聞いてませんよ。 聞いてませんし、でもそんなのは会社が考えてくれればいいもんであって、私は時給をもらって決められた時間、決められた

  • ココが地獄の1丁目

    プロローグ 『ココが地獄の1丁目〜42才おばはん〜』 おばはんです。 世間知らずのおばはんです。 世の中の40代は大抵は大人です。 それなのに、おばはんは良く言やぁ少年のような純朴な、客観的に言やぁ無謀でどアホってことを まさかの40代で知る事になるのです。 子どもに何かあってもすぐに休める気楽なパートについて5年。 子ども2人がなんとな〜くしっかりしてきたあたりで、愛しいダーリン様から「昇格ぢゃ

  • 再び無職に、、、

    再就職から数か月、、、 うつを再発し再び会社を辞めました。 しばらくふさぎ込んでいましたがまた就職活動を再開します。 前の会社は短期のアルバイトと割り切ることにします。 稼ぎもよかったです。 ただあのノリにはついていけなかった、、、 まあ外の世界を見たところで自分の実力がわかりました。 まだまだイケる。 自信が持てました。 そう簡単に再就職できるとは思いませんができる限りやってみようと思います。

  • これやったんか…

    TwitterでX JAPANのメンバーが 意味深発言しとったけど 前後を見ても意味がわからんかった… Gt.SUGIZOは 「心も身体もボロボロです…しばらく大人しく(?的な感じ)します…」 的なコメント… リーダーのYOSHIKIは 「俺も倒れそうだよ…」 名前が上がってたのはGt.のPATA… 「PATAに何があったんや?」 と思ってもわからない… …今 ニュースチラ見しとったら 昨日「情報

  • 会社辞めました

    今日正式に退職の申請をしてきました。 退職日や退職形態未定ですが気に入らないような内容だったら会社名曝して以下にブラック企業だったか報告します。