• なーさん2

    人脈も人望もある。 なーさん。 お偉い人のなーさん。 ホントにタフななーさん。 短い間だっとはいえ。 なぜ私を相手にしてくれたのか。 聞くまでもなく。 『あの頃から君は  他の子とは違っていたよ。  なんとも個性的だった。笑』 そう言った。 それって誉めてるの? またまた笑えた。 そしてやっと気づいた。 なーさんと一緒にいた理由。 なーさんはね。 どんな時でも。 人の悪口を言わなかった。 ホントに

  • 私の....

    君の前で 強がりを言ったって ほんとの気持ちはわかってる 弱い自分を知っている 泣き崩れてもいいの 君の前でなければ 君の前でこっぴどく転んでもいい 泣きべそかかずに笑って起きるから それが私の プライド