• 4300双祝福は、最後の審判になるか?

    10月16日の亨進様説教から引用します。 非常に多くの人々を準備しておられます 神様は霊において、超自然的な方法で非常に多くの人々を準備しておられます。準備されているコミュニティはみなとても熱心なキリスト教徒です。中央集権的な教会が嫌いなキリスト教徒です。中央集権的な宗教に従うことを望まないキリスト教徒です。 神様に対する聖書的な理解をしたいと望む人々がいます。彼らは神様との関係性を求めているので

  • 続・過去のブログ記事を補強する および「熊本地震を思い出す」 10月16日の亨進様説教から

    翻訳に感謝申し上げます。 1.隠れユダヤ教徒の危険性 ですからこれは隠れユダヤ教徒と呼ばれています。これは、ある種の宗教または宗教思想のことです。つまり、あなたは自分の国の主流の宗教に入って、イスラム教が大多数なら公にはイスラム教に入りますが、個人としてはサバタイ派の儀式を行って神秘主義を継続するということです。 例えばトルコのドンメはサバタイ信者の末裔です。ドンメは基本的にはイスラム教徒のように

  • 久しぶりのプロテスタント教会、聖句、家庭連合の悪口

    8月24日の当ブログから引用します。 ちなみに、私は毎日、聖書の一つの「章」を訓読するようにしています。 プロテスタント教会の牧師の勧めに従うものです。 牧師も「原理講論を読んでみる」と言いましたので、条件としています。 サンクチュアリの活動があって、あまり顔を出せず、「長子権復帰」には時間がかかりそうです。 7月31日以来久しぶりに、10月2日、プロテスタント教会の礼拝に出席しました。 そして、

  • 亨進様の立場を語るイエス様 ヨハネによる福音書の続き

    ちなみに、私は毎日、聖書の一つの「章」を訓読するようにしています。 プロテスタント教会の牧師の勧めに従うものです。 牧師も「原理講論を読んでみる」と言いましたので、条件としています。 サンクチュアリの活動があって、あまり顔を出せず、「長子権復帰」には時間がかかりそうです。 ヨハネによる福音書10章から引用して参ります。 1.御父様にそっくりな亨進様に従う私達 ヨハネによる福音書/ 10章 03節~

  • 7月3日の亨進様説教について

    翻訳をして下さったBamboosさんに感謝致します。 ブログ「聖殿の侍」でも活躍されています。 今回の説教は、過去の説教の「復習」のようでした。 久しぶりに「Rタイプ」「Kタイプ」も出てきました。 最近、当ブログでも振り返った「韓国ドラマ」も出てきました。 「富の分配」が「エリートによる独占」だという話も出てきました。 しかし、それらについては省略します。 もっと本質的だと感じた部分を抜粋させて頂

  • 「絶対性」「サンクチュアリ共同体」「プロテスタント教会」

    6月11日の当ブログ「亨進様の人生リスト 目的・喜び・長所」で紹介させて頂きました、亨進様の人生目的は次の通りです。 ・真の父母様に栄光を捧げること ・より強い教会を立てること ・幸福な家庭を築くこと ・自分の人生をより幸福にし、他の人々もより幸福な人生を送られるように助けること これは、そのまま私達の人生目的にもなり得るものです。 しかし、同ブログで、次のアドバイスも紹介させて頂きました。 皆さ

  • 6月5日の亨進様説教から 「おじいさんの知恵」

    いつものことですが、サンクチュアリNEWSのご苦労に感謝しながら、引用させて頂きます。 自由と責任の王国では子や孫が成長したあかつきにはおじいさんから知恵ある言葉を聞きたがるのです。ただ遠い過去に生きる人ではなく、知恵の宝庫だというのです。何かのビジネスをするときにでもかけがえのない教師になってくれるのです。 「どんなことをする時に、最も幸福で楽しいか」を考えた場合、ビジネスは、私の得意分野ではな

  • プロテスタント教会との交流 牧師に「原理講論」を貸し出す

    下記の記事に「プロテスタント教会との交流」というタグを追加しました。 2月18日 埼玉サンクチュアリ教会 今後の活動方針 3月12日 プロテスタント教会との交流  3月14日 サンクチュアリ共同体づくり  3月16日 「上空のサタンを撃つ」 空中戦と地上戦 3月27日 「宗教と科学の統一」の意味 「信徒」を「国民」に変える  4月 2日 「福音派を神側に引っ張ってくる」ために  4月 7日 また「

  • 「日本の青年に対するメッセージ」を読んで

    日本サンクチュアリ協会アーカイブの最新記事「日本の青年に対する亨進様と国進様のメッセージ 」を読みました。 その要点は、最後に分かりやすく、まとめられています。 聖書を学び、研究し、 神様を賛美する音楽、 そして先ほど言われたようなスキルをお互いもって、共同体を築き上げる、 そうすると神様の王国を実践していくのです。 関連する自分の近況を考えました。 1.聖書研究 先週の日曜日には、近所のプロテス

  • また「霊的なエリート」 別の意味で

    4月2日付当ブログ「『福音派を神側に引っ張ってくる』ために」について、Picardさんから頂いたコメントを引用させて頂きます。 いきなり牧師さんに、「マリヤ様がザカリヤと関係を持ったとしても、意味があったと思います。」などと言ったら即、あなたは異端だ、神とイエス・キリストを冒涜するのか、と言われ、二度と話を聞いてくれないのではないでしょうか。 牧師に話す内容は順を追っていくほうがいいと思いますが。

  • 「福音派を神側に引っ張ってくる」ために

    「日本サンクチュアリ協会アーカイブ」と、「サンクチュアリNEWS」が、共に「重要なメッセージ」を発信しましたので、応答したいと思います。 私は既に、3月27日当ブログ『「宗教と科学の統一」の意味 「信徒」を「国民」に変える』で、福音派に対する課題に触れました。 それ以降、牧師にどう話すか悩んできましたが、一昨日に考えをまとめましたので、ご紹介させて頂きます。 1. 聖書を信じますが、象徴・比喩が含

  • 「宗教と科学の統一」の意味 「信徒」を「国民」に変える

    原理講論は、確かに「科学的表現」が使われていますが、内容はほとんど「宗教」だと思っていました。 そう思う理由は、プロテスタント教会の「真理」と向き合って来なかったからでした。 1.イエス様の処女降誕 2.イエス様の肉体復活と昇天 3.イエス様の空中再臨 4.信徒の肉体復活と空中携挙 これらを信じることができること自体が、私には「奇跡」に思えます。 「宗教」とはそういうものだとすれば、原理講論は「科

  • 「上空のサタンを撃つ」 空中戦と地上戦

    2016年3月6日の亨進様説教から引用します。 まず自分が立つことです。 それまで私はここから上空のサタンを撃ちながら下を守ります。 その間にやるべきことを進めてください。 選挙においても「空中戦」と「地上戦」と呼ばれるものがあります。 「空中戦」とは、駅前や街角に立って、また、選挙カーに乗って、演説をすることです。 「地上戦」とは、こつこつ支持者回りをしたり、集会に顔を出すことです。 私の場合、

  • サンクチュアリ共同体づくり

    2016年3月6日の亨進様説教から引用します。 週一回ビデオを見るだけではなく、世界のそれぞれのサンクチュアリで自立した実際の共同体を作っていくのです。 自給自足の共同体づくりです。 若者が身につけるべきスキルで重要なものは大工仕事、配管、電気工事だと国進兄さんは言っています。 家を建てる手伝いをするときこれらが必要です。 将来多くの人が来るようになる時、家の断熱材、配線工事などの基礎工事を手伝え

  • プロテスタント教会との交流

    エルダー世界宣教本部長のブログで、「プロテスタント教会の聖餐式」について質問させて頂きました。 問)交流のために、プロテスタント教会の礼拝に参加して、聖餐式が行われた場合、それに参加してもよろしいのでしょうか?偽基元節の聖酒のような、悪い効果がありますでしょうか? これは、実践を始めて直面した問題でした。 回答を頂きましたことに感謝申し上げます。 イエス様とお父様が一つであられることを考えると、聖

  • 埼玉サンクチュアリ教会 今後の活動方針

    1.内的方針 全てのメンバーは、神様と御父様と亨進様の「最側近」になった自覚を持ちます。 (2月14日の昼食時、江利川総会長のお招きで、亨進様・国進様の食卓に加わらせて頂きました。 お二人は、同席した黒人牧師夫妻を「伝道」していらっしゃいました。 その中で、国進様は次のように語っていました。 「聖和された御父様は夜の神様に戻られた」 「御母様は失敗したが、亨進様によって、夜の神様と昼の神様は一つに