• 鍼灸治療院の話

    僕は、腰と首のヘルニアなので、 鍼灸の先生と知り合いになりたいです。 ここに来るまでは10年ほど盲目の女性の施術しが個人宅で治療してくださっていて、肩凝りや細かい配慮をした治療を施してくれてました。 オススメの治療院等をご存知の方も教えて頂けたら嬉しいです。 宜しくお願いいたします。パフ( ノД`)…orz

  • 病院を変えよう

    症状が変わらないので一週間で病院を変えた。 湿布もくれなかったし、MRIも撮らなかったので、不信感を持ったから。 幸いそう遠くない場所にヘルニアに力を入れている病院があるので、そちらにチェンジ。 やはり座ってられず、待合室のソファーで寝て待つ。こんな人私だけだよ…と不安になる。 MRIは空きがなかったので二日後に予約。 今飲んでいる薬を伝えたら、薬を変えてくれた。 (ほぼ同じもの) 毎食後 ロキソ

  • 始まりは腰痛?

    2月末に腰を痛めて2日会社を休んだ。 いつもだったら段々良くなっていくのに、 休むまではないものの、痛みがぶり返したりと なんだかすっきりしない。 それでも2週間目で腰はほぼ完治。 ただ左足に違和感が残る…。 こんな事は初めて。 トイレに立つ時に、違和感がある左のお尻を叩くようになる。 •4/24 座ると左のお尻に痛みが出るようになった。 でも、大したことはないのでやり過ごす。 •4/29 何だか

  • マカロ、赤ちゃん用靴下を履く!

    ゴールデンウィークですね(*^^*) まるにゃん飼い主さんとこのにゃんちゃん、プチ脱走をしたとのこと、うちのでんも最近お隣のベランダに浸入し、お隣の猫ちゃんに挨拶をしに行ってました(;^_^A 今日も何かを企んでいるお顔をしています。 さて、今日は(今日も)マカロのお話。 ここのところ足の調子が悪く、散歩中、特にアスファルトの道路で足を痛がり、引きずることが多くなりました。 ヘルニアになってから、

  • ヘルニア

    先週の土曜日に ダンスレッスン前に 踊ってたら 腰がビキーン❗ときて。 やっちゃったぁ!! と。 レッスンとりあえず終わらせて、薬局駆け込み湿布を。 後、3レッスンあるし、明日も2レッスンあるし。 そこから、6日たったけど、とりあえず月曜日意外は仕事。 月曜日病院行ったら、ギックリ腰じゃなくてヘルニアだった。 ( ̄▽ ̄;) 来月二個発表会。。 踊れる自信がない。 先生に タバコはヘルニアを増員させ

  • ヘルニア、排泄と車椅子について

    おはようございます(^_^) 仲良し?の二人に癒されてます。 今日は、ヘルニア後の排泄と車椅子についてです! ヘルニア発症後、下半身を動かすことが出来ず、下半身がどんどん痩せほそってしまいます。背中は当初10㎝切ると言われてましたが、15~20㎝位の縫合のあと。しばらくテニスコートみたいでした(笑)。 ヘルニア後、自分の意思とは関係なくチョロチョロ出ていたチーも、少しずつコントロールがきいてきます

  • ヘルニア、リハビリについて

    『椎間板ヘルニア術後のリハビリプログラム』という資料を、病院から渡されます。ペーパーで写真つき解説付きなのですが、退院日に軽くレクチャー受けます。 椎間板ヘルニア術後は、椎間板刺激が無いので、早期から積極的なリハビリが開始できます。つまり、手術当日からプログラムを組むことができるので、すぐにでもリハビリが開始出来るんです。 ただ。最初からみっちりというわけでなく、術後の経過に沿ってリハビリ内容を徐

  • 退院後、オムツについて

    退院直後のマカロ。 しばらくはゲージレスト。 体休ませ安静にさせます。 ↓ 当然下半身動かず。排泄も自分では出来ません。チーについては、勝手にチョロチョロ出てしまうためオムツ、色々試したんですね。経過です(笑)。 ↓ ↓ ↓ ↓ マナーベルトの存在、人間の赤ちゃん用オムツの方が経済的など、色々勉強になりました。 次回はリハビリの工程をお伝えします(*^^*)

  • ヘルニア発症~手術、入院

    発症直後のマカロ。 ある朝、突然なりました。下半身が全く動かず。 今考えると、予兆として発症1ヶ月位前に、軽い痙攣を起こしていました。また発症前日がトリミングで、いつもより足腰を使ったりしたことも引き金になったのかなぁと思います。しっかりとした原因は分かりませんが、おそらくソファやベッドの乗り降りなど、腰を酷使する動きをさせ過ぎていた、あまり散歩に行けず足腰を鍛えていなかったことが反省としてありま

  • マカロの流儀 ~誕生日直前スペシャル~

    こんにちは(^^) 早速ですが、マカロ4歳まであと4日。ヘルニアになってからこれまでを振り返る記事を載せていこうと思います。 昨年6月末に重度のヘルニアになり、マカロの姿やリハビリなどを通して、私たち夫婦と彼の絆はより一層深まりました。(現在発症から9カ月弱) 正直、マカロがヘルニアになるまで、お互い仕事が忙しく、ほぼお留守番犬だったマカロ。散歩も短い距離を短時間で済ませて、と。今思うと本当に情け